東日本大震災 義援金箱 ご報告



IMG_1774.JPG


<東日本大震災 義援金箱 ご報告>


現在、主に義援金を届けているのは、
チェルノブイリ事故の被災者支援に
長年携わって来られた広河隆一氏が、
福島の子どもたちのために設立した
保養施設「沖縄・球美(くみ)の里」


2019年1月で、
100回目の保養を迎える「沖縄・球美(くみ)の里」

2018年10月末で、
4184人の母子が保養に訪れました。


東日本大震災からもうすぐ8年。
「まるでなかったことのように」「もう大丈夫」という
空気の中で、不安な気持ちを表に出すことすら、
憚られ、辛い思いをされている方もいるかもしれません。


東日本大震災以降、
大きな地震や大雨、台風など
他の地域でも災害が起こる中で、
「もう東日本大震災義援金箱の設置は意味のないことなのかもしれない」と
思っていましたが、

12月の市では、
この日のために小銭をたくさん集めてくださって、
1枚1枚入れてくださる方もいて、
空っぽも覚悟していた箱には、
結果、4410円のお気持ちが詰まっていました。


集まった義援金に出展料の一部を足し、

・業務用の洗剤
・業務用の手洗い石鹸
・紙おむつ処理ポット


計10.435円の物品を寄付しましたこと、
ご報告いたします。


できることを
できる分だけ。


私たちが受けた恩を、
直接その人に返すのではなく、
また別の方へ。


「恩送り」のささやかな形のひとつとして、
この市とともに、長く長く続けていけますように。




守るべきはすべての子ども
福島の子どもの保養施設 認定NPO法人
「沖縄・球美の里」
http://www.kuminosato.com/




てづくりくん.png



道明寺天満宮手づくりの市
次回は2019.3.17(日)開催となります。






todo.png



あつめます.png




お持ちくださった方、ありがとうございました!
早速、会場に置いていたら、たくさんのちびっこが読んでくれてました。





.この週末も無事、七五三/家族撮影終了。.今年は天気もよく、美しい光の下。撮影させていただいたみなさま、ありがとうございました。.合間に我が家の年賀状用/家族写真も無事撮影。(at 38_field.)お客さまの分を含め、急ピッチで、デザイン作業に取り掛かる。.#道明寺天満宮手づくりの市まで、いよいよあと1週間。.準備も撮影もラストスパートです。.ーーーー.道明寺天満宮手づくりの市2018.12.2 (日)10:00 - 2:00.大阪府藤井寺市道明寺1-16-40近鉄南大阪線「道明寺駅」徒歩5分..当日のマップもblogに掲載しましたよ!どうか晴れますように!.〈38_works.HP〉→ blog 〈a day 〉http://miyai-works.seesaa.net..#38_works #38長男#38次男#家族撮影#羽曳野市



季節と、大切なひとと

.ーーーー.#道明寺天満宮手づくりの市12/2市・景 vol.2.blogにupしました。〈38_works.HP〉→ blog 〈a day 〉http://miyai-works.seesaa.net.載せきれない風景と伝えきれない言葉.忘れたくない風景と伝えてもらえた言葉..#38_works #インフォメーション風景#tedukurinobook

<18.12.2 市>景 vol.3


237A3238.JPG

くるみほいくえんさんによる
「クリスマスツリーをつくろう!」ワークショップ

DSC_2722.jpg

でっかい松ぼっくりはこの日のために
姉妹園から送ってもらったものなんだそう。

237A3346.JPG

今年も大盛況で、たくさんの素敵なツリーが

237A3354.JPG

出来上がりましたよ!

237A3244.JPG

HALUさんによる

DSC_2723.jpg

「毛糸でつくろう!オーナメント」ワークショップ、

237A3240.JPG

「カメラをつくろう!」木工ワークショップにも

237A3242.JPG

ほんとうにたくさんのちびっこたちが、
やって来てくれました。

237A3245.JPG

「こどもたちの感性や個性がすごく頼もしくて、ワクワクしました。
 遠くから来てくださった方も。

 20年後、この市に出展する作家さんになっているお子さんがいたら、
 素敵なことですね。」

DSC_2699.jpg

そしてそして、
今回初!の試みとなった、
TEDUKURI NO ICHI presents「DRINK STAND」も、
あたたかい気候のお陰もあってか、
予想を超えて、たくさんの方に召し上がって頂けました。

237A3062.JPG

どうなるかしら、、?と
ドキドキして迎えたスタンドでは、

237A3033.JPG

カタシモワイナリーさんの葡萄ジュース、
無茶々園さんの柑橘ジュースともに、
3種飲み比べセットが大人気で、


237A3361.JPG

スタッフさん2人ずつ、時間交代で、、と
段取りしていたのが、

237A3359.JPG

全く追いつかず、、
スタッフさん、ほぼ総出でのドリンク提供となりました。

237A3415.JPG

初めて。ということもあって、
バタバタとしてしまいましたが、、

「3種飲み比べてみて、これが美味しかったから買っていくわー」と
瓶で購入して帰ってくださった方も多く、とてもうれしかったです。

237A3058.JPG

今後、毎回実施できるかは、まだわかりませんが、
また、みなさまに楽しんでいただける形で、

「心と身体がよろこぶ」ジュースと出会いを
お届けできたらいいな。と思っています。

237A3345.JPG

お立ち寄りいただいたお客さま、

237A3407.JPG

ありがとうございました!


DSC_2782.jpg

カメラをつくろう!ワークショップに参加しようと思ったら、
目の前で終了となってしまい、、(ごめんなさい!)

おぜんざいでもいただいて帰ろうかと思ったら、
こちらもすでに完売、、(ごめんなさい!)

で、落ち込む子どもたちも、、

DSC_2794.jpg

ジュースを飲んで、
ちょっと機嫌を取り戻してくれたので、
写真バチリ。


遊びに来てくれてありがとう。
また遊びに来てね。


IMG_1773.JPG

小さな市。未熟な私たち。
どうしても訪れてくださる全ての方を
満たすことは出来ず、心苦しく思うところも多々ありますが、、

「ありがとう」「ごめんなさい」の繰り返しの中で、
1つ1つ、改善を重ね、
1人1人のお力や知恵をお借りしながら、
心を込めて、これからも開催を続けていきたいと思います。

恩返しできるこの場所がある限り。

237A3065.JPG

携わってくださった全ての方に、
心より感謝いたします。ありがとうございました。


またあたたかくなった頃、お会いできますように。




「道明寺天満宮手づくりの市」主催 /  宮井貴弘 宮井美咲



sign.png


ーーー


<18.12.2 市>景 vol.1>

<18.12.2 市>景 vol.2>



ーーー

ご来場いただいたみなさまへ。
楽しんでいただけましたでしょうか?

開催の励みに、今後よりよい開催へとつなげていく貴重なご指摘を。
「道明寺天満宮手づくりの市」へのご意見・ご感想をぜひお聞かせください。

domyoji.tedukurinoichi@gmail.com



IMG_1774.JPG

インフォメーションブースにて設置していました
「東日本大震災義援金箱」につきましては後日改めて、
ご報告させていただきます。

お心を寄せてくださった方々へ
この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

<18.12.2 市>景 vol.2



237A3189.JPG

<AM10:00開催スタート>


お天気も良く、また前回雨天中止となったこともあってか、
10:00前よりぞくぞくとお客さまがいらしてくださり、
お目当のお店を目指して、開催前に長蛇の列。列。

市では入り口を何箇所か設けて、
それぞれの場所でスタッフさんによる入場案内をしておりましたが、
分かりづらく、ご迷惑をおかけしたところがあったと思います。

237A3315.JPG

みなさまに快くご協力いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

今後、もう少しわかりやすい案内・誘導ができるよう、
知恵を出し合い、改善していきたいと思います。

237A3196.JPG

DSC_2760.jpg

DSC_2771.jpg

DSC_2759.jpg

237A3199.JPG

237A3201.JPG

237A3211.JPG

237A3206.JPG

237A3271.JPG

237A3272.JPG

237A3279.JPG

237A3332.JPG

その場で焙じたお茶をいただけるという、

237A3366.JPG

237A3335.JPG

この上ない贅沢な時間と香りと、

237A3308.JPG

揚げたて熱々。

237A3309.JPG

237A3310.JPG

237A3293.JPG

237A3298.JPG

DSC_2810.jpg

歌うように楽しい時間の中で、

DSC_2739.jpg

精一杯つくっても、
どうしても届けきれない人たちがいて、
自分の力の無さに思い悩んでしまったり、

237A3320.JPG

短い開催時間の中にも関わらず、
随分とお待たせしてしまっていることに、
申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまったり、

237A3264.JPG

こんな簡単な、誰でもつくれそうなものばかりしか、、と
つくる手が動かなくなってしまう日があっても、

237A3270.JPG

たった1人でも、
届いていく歓びを

237A3086.JPG

再確認し、
また歩き出していける場所でありますように。

237A3401.JPG

237A3395.JPG

DSC_2714.jpg

DSC_2795.jpg

DSC_2740.jpg


237A3325.JPG

DSC_2711.jpg


237A3094.JPG

DSC_2777.jpg

237A3106.JPG

237A3252.JPG

237A3373.JPG

237A3104.JPG

237A3339.JPG

稲がお餅になって、お腹を満たしたり、

237A3284.JPG

しめ飾りの姿で並んだり、

237A3109.JPG

金属がお皿やカトラリーになったり、

237A3117.JPG

アクセサリーになったり、

237A3291.JPG

木がお皿になったり、

237A3141.JPG

パズルになったり。

237A3256.JPG

こうやって、いろんなものが
いろんな人の手から生まれ、
届けられていく風景と。

237A3181.JPG

237A3378.JPG

237A3377.JPG

237A3380.JPG

237A3382.JPG

237A3318.JPG

237A3329.JPG

<18.12.2 市>景 vol.3へつづく。。



<18.12.2 市>景 vol.1>



ーーー

ご来場いただいたみなさまへ。
楽しんでいただけましたでしょうか?

開催の励みに、今後よりよい開催へとつなげていく貴重なご指摘を。
「道明寺天満宮手づくりの市」へのご意見・ご感想をぜひお聞かせください。

domyoji.tedukurinoichi@gmail.com