焼き菓子多福 / Bavarder / ふたば工房






unnamed-9.jpg

2人でつくり出す、美味しい風景
焼き菓子多福


大阪市平野区で店舗を構える、
焼き菓子多福さん。

玄米粉をつかって、
ホロホロとした食感に仕上げたクッキーや、
全粒粉をつかって、
ザククザクとした食感のサブレなど、

粉×素材×食感
無限の組み合わせで、
美味しさをつくり出す多福さんですが、

今回は、、


unnamed-8.jpg

自家製チャイシロップを使った【豆乳チャイ】と
チャイに合う【焼き菓子】や自家製酵母を使った【パン】のお店として、

市に登場!


-

チャイ担当は、多福さんのパートナーさん。

というのも、多福さんとパートナーさんは、
チャイが美味しい、某お店でいっしょに働いておられたんだそう。
(私もここのチャイ、大好きです!)


朝から深夜まで、ハードなお店での仕事で、
いっしょにご飯をゆっくり食べることもなかった2人が、

環境が変わったのを機に、
ゆっくりチャイを淹れ、
そのチャイに合わせて、パンや焼き菓子を用意する。という
ゆたかでしあわせな時間を持てるようになったんだとか。


-

その”しあわせを感じた時間”をつくり出し、
いろんな方へ届けたい。と

2人でのこれからの活動も計画していく中で、
今回、ご出展くださることとなりました!


unnamed-10.jpg

多福さんのパン!?と
焼き菓子ファンの方は思われたでしょうが、

今、自家製酵母の面白さに取り憑かれて、
いろんなパンを焼くのが楽しいとか。


毎日、ついつい
 酵母たちがシュワシュワ呼吸をしているのを 
 見てしまいます。」と多福さん。


「納得のいくレパートリーはまだまだ少ない」と言いつつも、
チャイ片手に頬張ってもらうための、
美味しいパンの風景を思い描きながら、
あれこれ試作の真っ最中。



食べるものと身体がつながっていることを
年々実感するからこそ、

何よりも自分自身が美味しく感じるものを。
それが食べるひとにもちゃんと伝わると信じて。



焼き菓子多福



2-25.jpeg

おしゃべりから閃くもの
Bavarder


4代続くご実家の
金型製作会社に勤める靖典(やすのり)さんと、

4、6歳のお子さんを育てながら、
革小物製作を行う智里(ちさと)さん

2人で始めたBavarder(ババルデ)の活動。


2-26.jpeg

靴の販売職、製作に携わった後、
出産を経て、革小物製作で、
ものづくりを再びスタートしたという
智里(ちさと)さんがつくるのは、

オイルレザーを使ったがま口ポーチや
キーチェーンなど、

質感の良い革を生かした、
シンプルで、男女問わず持てるもの。


-


薄くて、質感のある革でつくった角底袋は、
紙より丈夫で、使い捨てじゃなくって。

何より、使い続けるうちに風合いが増していくのが、
うれしいもの。


2-27.jpeg

シンプルなロゴを生かしたカバンや、
家業を生かした金属雑貨など、

「これから少しずつ、
 Bavarderの世界観をつくり出していきたい」とお2人。



私たちの市には初めて出展してくださいますよー。



Bavarder










unnamed-1.jpg

飄々と200キロ
ふたば工房


岐阜県に工房を構える、ふたば工房さん。
デザインから木取り、成形、仕上げに至るまでを
一貫して手掛けています。

制作するための道具も自作することが多いそうで、
いくつも道具を使い分けながら、製作。


使ってみて、初めてわかる良さ。が
木の道具には特にあるような気がします。



unnamed.jpg

ふたば工房さんの衣食住


衣 ) ほぼユニクロ。丈夫です。
   靴だけは好きなものを。
       先日のクラフトフェアの帰り、買ったばかりのスタンスミスを
   片方だけ落としてきたようです、、とほほ、、
   
食 ) なるべく野菜は家で育てたものを、
   冬はイノシシの肉を、、食べることはありませんでした。
   (豚コレラが流行っていたため)

住 )工房の前の道を車が通るより、
   イノシシが通る方が多いほどの田舎。



捉えどころのない人から生まれる、
堅実な木の道具の不思議。



ふたば工房






929.png


つくり手のキャラクターも、
購入する際の大きな要素。

誰から、何を、どこで買いますか?

==

道明寺天満宮手づくりの市

==
2019.9.29(日)
10:00〜2:00
access
大阪府藤井寺市道明寺1-16-40

website



市ロゴ.jpg


次々回開催 決定!

12/8(日)

出展申し込みの受付は、
10/7(月)〜14(月・祝)の期間で行います。



詳細はまた決まり次第、
HPにてご案内いたします!

shikafuco / ハナ菓子店 / nana bagel




<19.9.29出展者のみなさまご紹介>




2-29.jpeg

記憶に作用するようなもの
shikafuco


装身具やオブジェを作陶しているshikafucoさん。

2-28.jpeg

土、苧麻や絹、
墨、和紙。

様々な素材が記憶と合わさり、
形を成していく。


心がこんなにも強く揺さぶられるのは、
私たちの身体の中に、記憶の中に、
確かに存在する風景だからかもしれない。



「受け継がれた根源の記憶なのか
 今生の記憶なのか
 あいまいな混ざりを
 骨に肉に肌にまとい
 限られた今を歌うように生きる」

2-30.jpeg

shikafucoさんの【衣】


京都の大学で陶芸を専攻していたshikafucoさん。
学生時代は、生地屋さんで上質なインポート生地のハギレを手に入れ、
直接チャコペンで線を描いて、縫って、着てみて微調整する。という
自作の服でほぼ過ごしておられたんだとか。

日中は作陶し、
夜は衣を縫い、
髪型やメイクにもかなりのめり込んで
色々やらかしてしまっていた。とか。。


時が戻るなら、その頃のshikafucoさんに
ぜひお会いしてみたいなー。





shikafuco





unnamed-2.jpg

ずっと、これからも
ハナ菓子店


京都中央卸売市場内に工房を構える
ハナ菓子店。


活動を始めたばかりで、
現在は出店販売をメインに、
お菓子を焼いておられます。


unnamed-1.jpg

小学生の時から、パティシエになりたくて、
「そのために生きてきました」とおっしゃるほど。

専門学校を卒業後、パティシエ エスコヤマや
地元広島のケーキ屋やカフェで経験を積み、
今はご縁あって、京都へ。

「回り道もたくさんしましたが、
 ずっとお菓子はつくり続けて来ました」とハナ菓子店さん。

unnamed.jpg
(季節のフルーツを焼き込んだタルトは、焼くことでの甘みを引き出し、ジューシーな味わいに)


お菓子のある場所には、
自然と笑顔がある。

つくり手が疲弊して、
作業としてお菓子をつくるのではなく、
気持ちを込めて、お菓子をつくりたい。
たくさんの方とお話ししたい。と

私たちの市には初めてご出展くださいます!





ハナ菓子店



2-20.jpeg

まあるい笑顔のような
nana bagel



三重・伊賀の山里にある
自家製酵母をつかったベーグルのお店
nana bagel(ナナ ベーグル)」さん。

「道明寺天満宮手づくりの市」が
初めてのイベント出店だったというnanaさん。

最初は別の仕事と並行して
週末イベント・ネット販売からスタートした工房は、

少しずつ環境や建物を整え、
今では「nana bagel」の活動に専念。

週に1日の工房販売と、2Fのイートインスペースもひらいて、
製造 / 活動しています。

2-19.jpeg
(ナナ バゲルではないです。)

北海道産の小麦をつかい、
低温長時間発酵によって、つくっているため、
小麦の香りいっぱい。

ムギュっと食べ応えあるベーグル。


伊賀に移り住んで15年。
最初の年から始めたという、
畑での野菜づくりや果樹の植え付けが、

ベーグル屋さんとなった今、
よりいっそう、ゆたかな恵みをもたらしてくれています。

2-18.jpeg

食べること、つくること、
そのどちらも大好きだというnanaさん。

「よそ行き」の高級なものより、
日常の普段着の食こそ大切にしたいから。


1人で、できることは限られているかもしれないけれど、
無理なく、続けられる範囲で。


そんなnanaさんの笑顔のような、
まぁるいベーグル。



nana bagel




929.png


会いたいひとたちばかり、
こんなに大集合!


==

道明寺天満宮手づくりの市

==
2019.9.29(日)
10:00〜2:00
access
大阪府藤井寺市道明寺1-16-40

ウォールズ アンド ブリッジ


<19.9.29出展者のみなさまご紹介>


良品を誠実に届ける
ウォールズ アンド ブリッジ

DSCF4526.JPG

大阪・南船場にある
大阪農林会館。

DSCF4525.JPG

1930年に建設されたという、

DSCF4521.JPG

風格のある古いビルは、
窓枠や階段の手すりなど、1つ1つのディテールが
今は見られない仕様ばかりで、

圧倒的な存在感。

DSCF4519.JPG

そのビルの2F、メゾンマルジェラの店舗を抜けて、

DSCF4516.JPG

奥へ進んでいった先に、

DSCF4502.JPG

今回出展してくださる、
ウォールズ アンド ブリッジさんの店舗があります。


決して広くはない、
小さな空間の中に、

MITTANやオールドマンズテーラー、
TUKIなどのメンズブランドの衣料品を中心に、
手仕事のものなど、

店主/森さん、スタッフ/塩田さんが、
実際に使って、良品だと思ったものが、
ぎゅぎゅっと詰まっています。




2-9.jpeg

2004年にオープンしたという
ウォールズ アンド ブリッジさん。

その頃、近くのエリアで働いていた私は、
農林会館ビルの佇まいと良品に憧れて、
何度か足を運んだことがありました。

その頃は、手が届かず、眺めているだけ、、
のことが多かったですが、

商品の説明がほんとうに丁寧だったり、
1つ1つの商品に対しての知識や愛情がすごく伝わってきて、

お店を出た後も、うれしい気持ちが深く余韻として味わえる、
多くの方が信頼を寄せて、足を運んでいるのが分かる、

そんなお店でした。



-

決して安価なものではないけれど、
どれも長年使っていくうちに、
「買ってよかった」と思えるものばかりが並ぶお店の中から、

今回なんと!!!
「道明寺天満宮手づくりの市」を訪れるお客さまに
ぜひご紹介したい!という良品の数々をピックアップし、
お持ちくださることとなりました!

2-10.jpeg

2年に1度、店舗で機織の実演受注会を行なっているという、
上田織物のノッティングや、

2-2.jpeg

福岡県にある「Light Years」のラリーキルトの藍泥染めや、
インドの女性の刺し子と奄美大島の染色の手仕事品

2-1.jpeg

野生の蚕の糸を使った
ざっくりとしたラフな質感のラグや

2-6.jpeg

秋田・山葡萄の
乱れ編みの籠バッグ

2-3.jpeg

同じく秋田・角館の
樺細工の茶筒

2-8.jpeg

針原修さんの“流木の鳥”や、

2-7.jpeg

江戸時代創業の刷毛専門店
江戸屋のブラシ。

2.jpeg

服を美しく見せるのはもちろん、
何も掛けていない時の佇まいも感じ良い、

ヨーロッパの古いハンガーをベースに、
職人さんが製作しているという
オリジナルハンガーなどなど、


「きっと楽しいに違いない!」と
ウォールズ アンド ブリッジさんにとっても
お店を飛び出す初めての試みに向け、

どんなものがよいか、
いろいろと考えてくださっているそうですよ。


-


つくり手さん自身ではなく、
実店舗がPOP UP STOREの形式として、
出展いただくのは、市としてはあまりなかったことかも!?
(近いものは、今までにもあったかと思いますが、あればいいな。とずっと思ってた。)


つくり手さんとはまた違った、
俯瞰的な視点での展示、商品構成。

何よりも、以前より存じ上げている
ウォールズ アンド ブリッジさん。
(でも、市の話をしたことはなかった!)

どんなものでも、
きっと市のお客さまには楽しんでもらえるはず!だという
安心感があります。


-


良品に触れ、
いろんなお話をぜひ聞いてみてください!




▪️実店舗▪️
大阪市中央区南船場3-2-6
大阪農林会館ビル 211

<定休日> 毎木+第3水
<営業時間> 12〜20時/日祝のみ〜19時
<online shop> http://walls.handcrafted.jp/


ウォールズ アンド ブリッジ






929.png

出会いには、縁やタイミングが重要ですよね....
私が欲しても先方がそうではなかったり、逆のケースもあるでしょう。

その良縁を見逃すことのないよう、日々自分を磨き、
ひと手間ひと手間を大切に考えて、行動しています。

毎日の小さくてごく普通の行いが、
何かに繋がるような...イメージで


というウォールズ・森さんの言葉。


ほんとうにそうだなぁ。。
頭を抱える出来事がたくさん起こりますが、
出来る限り、せいいっぱい誠実でいたいです。


==

道明寺天満宮手づくりの市

==
2019.9.29(日)
10:00〜2:00
access
大阪府藤井寺市道明寺1-16-40

website





【2019年度 七五三撮影】ご予約・お問い合わせいただき、ありがとうございます!.すでに受付終了させていただいているお日にちもありますが、土曜日など、まだまだご予約可能◎です。.平日も撮影可能なお日にちがございますので、ご検討中の方は、お問い合わせだけでもお気軽にどうぞー✨.イチョウが色づく11月後半の道明寺天満宮も、オススメですよー.●道明寺天満宮への出張費は不要です。(その他の神社へは出張費を頂戴しております。).---.○ご予約はHP内予約フォームより○.撮影プランの詳細や、フォトギャラリーは、HP http://38-works.comをご覧くださいね。.◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇.【38_WORKS.撮影隊で参加いたします!】百舌鳥・古市古墳群 世界文化遺産登録記念事業イベント.◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇.まほら藤井寺story03(@mahora_fujiidera )過去と未来の交信9月16日(月・祝)12:00〜20:00場所:津堂城山古墳(大阪・藤井寺市).●藤井寺や古墳にまつわる3つのプログラム(①アート ②マルシェ ③カルチャー)を実施.●能楽×現代アート 公演●古墳deマルシェ●出張宮古屋〜古墳は学びの場〜.ほかにもいろいろ、盛りだくさんなイベントです。.明日もいいお天気みたいで、よかったーお時間ある方はぜひ!..#38_works#38_worksphoto#道明寺天満宮#大阪出張撮影#大阪七五三撮影#大阪撮影スタジオ#まほら藤井寺#イベント撮影#百舌鳥古市古墳群 #世界文化遺産

季節と、大切なひとと
coccoya 5th anniversary
38_WORKS.POP UP SPACE
2019.9/3(火)〜29(日)
at パンと暮らしのcoccoya

写真展示
服オーダー会

◎9/19(木)宮井美咲
在店日