紙仕事




市の運営。
服の製作。
フライヤーやロゴデザイン。
旦那の撮影活動のサポートや広報。
38_Field.のイベント企画運営。
家業の経理事務
etc...

「何のお仕事してますか?」と聞かれると
「いろいろしています。」と答えるようにしているが、
やりたいことはまだまだあって、そのスキルとマインドを磨くことに
今ひたすら夢中。

あのホリエモンが、
「自分が好きなことをハシゴしまくる”多動力”」
ということについて書いた本がおもしろくて、
「1日24時間をできるだけワクワクすることだけで埋めるよう努めている。」
という言葉に、「やっぱりそれでいいんやー。」と開き直る。

もちろん、ワクワクばかりじゃなくて、
胸が張り裂けそうな程の思いも、
声を上げて泣いてしまうような出来事も次々降りかかってくるけれど、
それは程度は違えども、みんなきっと同じ。


どんな時でも、
光を見い出す練習あるのみ。



デザインは全くの独学で、まだまだだと自分でもわかっているから、
そんな私のことを知ってくださっている方からいただく依頼のみ、全力で取り組んでいる。
(そもそも全く知らない方から依頼されたことがない。)


天神祭ポスター.jpg


毎年、道明寺っ子はもちろん、
みんなが楽しみにしている道明寺天満宮の「天神祭」はもうすぐ。

市の時に「ふれあい広場」が行われている道明寺天神通り商店街にも
夜店が並んで、とっても賑やか。

生温い夜の風。夏の匂い。記憶。





237A7088.JPG


奈良の「焼き菓子 木の皿」さんの、
大和郡山にある「豆パン屋アポロ」さんへの出張販売の
フライヤーも製作させていただきました。

納期が短くて、どうなることか、、と思ったが、
何とか形になってホッと。

ご希望あって、イラストを描いてみる。
豆パンのつもりなのに、
旦那には「お皿とパン?」などと言われて心外。

制約のある中で、最もベストものを
嫌になるくらいしつこく追い求めるのが、
辛くとも、楽しい作業。


「多動力は大量の仕事をこなすための、技術ではない。
 命が果てるまで、1秒残らず人生を楽しみきるための、生き方である。」

「多動力」堀江貴文 / 幻冬舎






IMG_0695.JPG


いつも市に出展してくださっている
「うつわユニット・ボーメ」さんの結成10年うつわ展。

開催場所は別の出展者さんから、
「宮井さんにぜひ訪れてほしい場所」と言われ続け、
今年の秋には瀬戸内に移転されるというモーネ工房さん。

訪れる絶好の機会。
ぶつけてしまった車がまだ帰って来ないので(泣)
行ってきました。軽トラックで。
(さぁ、帰ろうか。のタイミングでタイヤパンク発見。の愉快な旅。)

IMG_0691.JPG


私たちの市を見つけてくださったお2人。
私の両親よりお年は上だけど、
(と、暴露してしまって良かったのだろうか、、)
感性がとてもゆたかで柔軟で、こんなふうにいつまでもキラキラしながら、
私もものづくりしていけたらなぁ。といつも思わせてもらっている。

「10年経ってやっと見えてきたかな。って感じ」

市も来年で10年目を迎えるが、
(えーっ!と結構ビックリされるが、そうなんです。)
「新しい始まり」になるんじゃないかなぁ。と思っている。
何か目に見えることを変えるということではなく(今の時点では)
もっと奥の方の話で。


ここからがほんとうのおたのしみ。になれたら、
この市も「ほんとう」なんじゃないかな。


9/18開催の出展者さまもようやく決まりました。
「選考にしがらみが強くなったりしてませんか?」と尋ねられることもあって、
逆に気を遣わせてしまっていることもひしひしと感じる。

ないとは言い切れないのかもしれないけれど、
そこはちゃんと分けて考えているつもり。

はじめましてのひとの割合。
飲食と物販の割合。
ジャンルの住み分け。
そして、何よりも市を楽しみにしてくださっている方へ、
ゆたかな化学反応を届けたい。

それは私たちだけでは決してなし得ないこと。
だから、困難があり、よろこびがあって。


私たちにできるのは誠実に向き合うこと。だけなのかもしれない。
感謝と敬意と共に。



ーーーー

出展申し込みくださった方々へ


いただいたメール全てに、出展についてのご連絡を差し上げました。
もし、届いておられない方がいましたら、お手数お掛け致しますが、ご一報くださいませ。

ーーーー


237A5270.JPG


道明寺天満宮手づくりの市
2017.9.18(敬老の日)
10:00〜2:00

2017 product by 38_WORKS.collection.



237A7579.JPG

日射しの強い夏の入り口。

237A7582.JPG

小屋で、
秋にひらく服の展示会の打ち合わせ。

237A8085.JPG


今年は10/22(日)〜29日(日)の1週間で、
前半後半と2部構成で行うことにしました。


237A8090.JPG


4人のつくり手の方といっしょに、
空間をつくります。

編 / motif
陶 / shikafuco
植物 / cocoro
お茶とお菓子 / 春色 

「やるからには。」と、
欲張ってしまって、今年はこんなに豪華になってしまった!

こうなったのには、ちょっと理由もあるのですよ。
それはまた後日、、、


237A7534.JPG

それにしても、
今年はお休みしようかな、、と
思っていた心は何処へ!?

やっぱり服が好きで、
纏うことが好きで、
つくることが好きで。

そうと決めたら、膨大な生地サンプルから、
豊かな質感や色を持つ布を選び、
どどーん!と発注しました。

旦那と同じ名前の「たかひろさん」
ややせっかちな「たかひろさん」がいつも届けてくれる布。
うっとりするような質感の良い生地が次々に
どどーん!!と届いたので、
今、せっせと水通し作業中。



色と色のあいだに存在する無数のグラデーション。
質感や色味、糸、織り、
目を凝らさないと気づかないような、
微細な感覚を揺らすような、

そんな布を纏う服を
夢中になってつくりたいと思います。


ーーー

そしてそして、同じく10月に、
いつか形になればいいな。と思い描いていた風景が
もう1つ実現しそうです。

あぁ、夢に見ていた、、音。


打ち合わせ、フライヤー撮影を終えて、これから製作。
出来上がったら、ご案内したいと思います。


今年の10月はぜひ3回!
小屋を訪れていただきたい!
(3回以上でもウェルカム〜)




続きを読む

posted by miyai-works. at 23:00大阪 ☀Comment(0)38_WORKS.