世界

Img_7726 

世界は用意されているのではなく、

誰かに完成してもらうのでもなく、

自分の手で完成させてゆくという喜びに満ちている。  

そういう喜びに満ちた毎日がいい。



少し前の時期とは一転、息子がかわいくて仕方のない毎日。

私の気の持ちようが変わったのかしら。。


見守りながら無視する。

息子がこの世界で自分の世界を築いてゆく力を与えるのではなく、

いっしょに育む。

与えることは奪うことにもなるんだなぁ、って最近よく思う。

Img_7728

息子が自分のおしりを指差して、

「うんこのおうち」って言ってた。

まぁ、かわいいことを言う息子だこと。

確かめる。

Img_8006

「こんなふうに自分のために服をつくってもらえるなんて、しあわせ」

という言葉を聞くたびに、

「あぁ、そんなふうに思ってもらえるんだ」といつも胸がいっぱいになる。


私は、私につくらせてもらってありがとう、といつも思う。

「38_さんがつくったから、大事に着なきゃ」とかそんなたいそうなふうには思わず、

どんな服でも大事に着てもらたらいい。

ただ、顔を思い浮かべてつくれることが、私の特権なので、

そのひとのお守りとなるような服になりますように、という気持ちを込めて、おつくりさせていただく。



つくることは、いつも誰かのため、と決まっているわけではないと思うけど、

(無性に何かをカタチづくりたくなることもある。)

やはり行き先のないものをつくることは、苦しい。


世の中のものが全て受注生産になればいいのに。。と思うことがよくある。




素敵なひとが素敵なことを次々やっておられることに、

あぁ、自分は何が出来るんだろう・・と、どこか苦しくなることがよくあって、

服も新しいものをつくり出さなければならないような気持ちになって、焦ったりするけど、

もう、やりたいことやつくりたいことが身体の内側から、

沸きあがってきた時にやってみるのでいいんじゃなかろうか。。と

改めて思う。


というか、そうしか出来ないな。ということに気づく。

今まで通りでいいかー。



自分で自分を複雑にする必要はないんだよー。




というわけで、暑い日が続きますが、

私は毎日、がっつり9時間睡眠のため、健やかな夏を過ごしております。

みなさまもどうぞお体ご自愛くださいませ。

まだ先のお知らせですが。

Img_7751_2

暑いですなー。汗だくの毎日です。

そんな暑い日に12月のお知らせですが、

手づくりの市9/19(sun)の開催の次は、12/5(sun)の開催を予定しております。

今まで11月でしたが、やはり七五三のお参りの方と重なるとご迷惑が掛かるので、

今後は3・5・9・12月のいずれかの日曜日の開催に変更したいと思っています。

はじめた当初は、第3日曜日と謳っていましたが、

この機会にどうぞ忘れてください。

道明寺天満宮の行事や私たちの事情も踏まえ、日にちを決定していきたいと思います。

開催日時につきましては、HPでお知らせしますので、

ぜひご覧になってください。



Img_7750_2

夕方、道明寺天満宮まで散歩。

引越してぐっと近くなった。ご縁を感じずにはいられません。


毎月25日に開催されている骨董市が、

第2日曜日にも開催されるようになるそう。

(というわけで、手づくりの市が第2日曜日になることはありません)


暑い時期の骨董市は、店番のおじさんたちがとろけるように居眠りされている。

その風景がけっこう好きなんだけど、

欲しいものが見つかった時は、どうしたものか・・と少し困る。

と、隣の店のおばちゃんが代わりにお金をもらってくれるのであります。


今週末の日曜日は25日。

お店のオープンの日と骨董市の日が重なることって珍しい。

どちらも暑さ満開ですが、よかったらこの機会にぜひぜひ。