9/19  出展者のご紹介

Img_9945

今日もやはり暑い中、アトリエに来て下さった方たち、本当にありがとうございました。

8月の終わり、出来上がった服を受け取る頃には、羽織れるかなぁ。。と

夏が始まる頃に、

カシュクールタイプの長袖のワンピースのオーダーをしてくださった方。


出来上がりましたが、まだまだ暑くて、着られましぇーん。



相談して、スカートのボリュームを削ったら、

すごくいいシルエットに仕上がった。

提案してくださったときは、「あっ、そうか!」と目からウロコ。新発見!

そうやって出来上がったワンピース。

羽織ってくださった姿を、

「あぁ、素敵だなー」と自分がつくったことはさておき、しみじみと見つめてしまった。

すごく似合ってた。もう私の手から離れた瞬間に、そのひとの服となる。


出来上がった服に袖を通していただくときが、最も緊張する瞬間。

だからこそ、嬉しそうに服を撫でてくださる様子を見られたときは、至福の瞬間。




きっとつくるひとは、みんなそうなんじゃないかな。。

ちゃんと使い手へ届く様子を見届けたい。





そんなわけで、今日のご紹介は、




・地域活動支援センターそよかぜ・



ヘンプのナチュラルな質感を生かしたアクセサリーたち。

今回は、特に眼鏡チェーンをカラーバリエーションを増やしたので、

お好みの色合いを見つけていただきたい。とのこと。


いつもお子さまに人気のさくらんぼストラップやヘアゴムも、

今回、もちろんご用意。

ひとつひとつ丁寧につくり上げておられます。



「そよかぜ」に通っているひとは、

精神疾患を患い、生きていく上で生きづらさを感じているひとたち。

漠然と怖いイメージを持つ方が多いのが現状になってしまっているけど、

誰にでもなりえる病気だからこそ、理解が必要だと思い、

作品を通じて、実際に接して感じて欲しいと出展を希望してくださり、

私たちもその気持ちに応えられる場所をつくりたいと、出展をお願いしています。


わからないことや知りたいということがあったら、

一緒に出展しておられる職員の方にお話しを聞いてみるのもいいと思う。

興味本位でも、見て見ないふりをするより、知りたい、と思うことの方が、

大事なんじゃないかな。と思います。

興味を持つ方に丁寧に応えてくださる施設の方なので、大丈夫です。





・tsukinowa・



「tomo wood craft」として、

前回の手づくりの市に出展してくださっていた、ふるいともかずさん。


今秋、ご結婚を機に、工房を新しく構え、ご夫婦でものづくりをしていくにあたり、

屋号を新しく「tsukinowa」に改めてのご出展です。


木工を始める前、野生動物の生態調査の仕事をされていたふるいさんだから、

ツキノワグマから取ったのかなーっと想像中。


ろくろを使わないからこそ出来る、ゆるやかな三角の形になった丸い木のお皿たち。

一枚一枚、カンナと彫刻刀で仕上げています。

うっすらと残る彫り跡、木工にありがちな野暮ったさもなく、

前回買わせていただいたお皿は、毎日大活躍しています。

今回はツバキ材をつかった、新しいカトラリーにも挑戦中。


クラフトフェアまつもとやイベントを経て、

さらに自身の作品に磨きをかけているふるいさんの作品を木の下でぜひ。






・Sous le ciel・



藤井寺商店街の細い小道を入ったところにある、

対面形式の小さな天然酵母パンとデザートのお店。

お客さまと接する中で、

アレルギー体質のひとと接する機会が増えつつあることを感じ、

卵や乳製品をつかわずに、風味豊かなパンを豊富に焼き上げておられます。


厳選した素材をつかった食事パンや

人気の食パンもいろいろとバリエーションを考えて、

お持ちくださるそう。



アレルギーをお持ちの方はもちろん、

天然酵母や粉の風味が存分に味わえるパンをぜひ楽しんでください。





9/19の手づくりの市のこと→























9/19の手づくりの市のこと

Img_9862 Img_9876 Img_84923_2          Img_7770

「木の下の撮影会」 -TEDUKURI-NO-PHOTO-BOOK-


先日、やんわり告知していた旦那初の今回の企画。

38_WORKS./宮井貴弘によるフォトブック撮影会をひらきます。


気がつくと、出展者の作品を中心に写真を残していて、

ここに集まってくださったひとたちの表情を残したい、という思いが、じわじわと強くなってきました。




そこで、私たちが1番好きな木の下のとっておきの場所で、

集まったひとたちの、自然に溢れるいい顔を残せますように。。


と木の下の撮影会を行い、初めての「TEDUKURI -NO-PHOTO-BOOK」を作成します。




会場を回っての撮影も行う予定です。

カメラを構えられると、身体や表情も構えがちになっちゃうけれど、

楽しいと感じてくださっているそのままのお姿をぜひ撮影させてください。

そしてそして、出展者の方の撮影もぜひさせてください!

自身で作品やディスプレイは撮影しても、自分の姿は残してないのでは!?

(私たちがまさにそう!だから今回は「まさきときよこ」さんに撮影してもらう予定!)

つくったひととつかうひとを一緒に写真で残すのも、素敵ですね。

こちらもぜひ撮影させていただきたいです。


お客さまも出展者の方も、

当日、道明寺天満宮に集まった方はどなたでも、気軽にお声掛けてください!

またお声を掛けさせていただくと思いますので、よろしくお願いいたします。

(※撮影されるのを望まない方ももちろんおられると思います。

そのときは、遠慮なくおっしゃってくださいね。)





嫁と大切に育む手づくりの市の風景を、

ぎゅっと閉じ込めるように、写真に残したい。


Img_7760

撮影 38_WORKS./宮井貴弘




詳しい内容は、こちらで → 「9/19の手づくりの市のこと」





9/19 出展者のご紹介

Img_8917

ずーっと気になっていた看板を書き直しました。

描いていた木のモチーフは、好きなんだけど、どうも「手づくり感」丸出しな感じが否めず、

ちょっと、ぴしっとした看板に書き直したいと思いながら、回数が過ぎ、

ようやく書き直したというわけであります。

というか、正確には書き直してもらいました。旦那さまに。夜な夜な。


「こんなんしてくれる旦那、おらへんでー」って、

5回くらい言ってた。

いやいや、ありがたいっす。

手づくりの市、最初は「嫁に巻き込まれ、つき合わされてる」感があったものの、

今となっては、すっかり楽しんでる様子。

何なら、今回の手づくりの市で、初となる彼の企画をやりまーす。

「どーする!どーする!」と言いながら、日々準備中。

もう少ししたら、ご案内出来るかなーです。(早くしないと・・)




そんなわけで、今日のご紹介は、




・murir - Baku・


自家製のレーズン酵母をつかって、

季節のお野菜やフルーツをつかったパンを焼いておられる「murir」さんと、

バクっと気軽に食べてもらえるようなお菓子、

ロゴは悪魔食いのバクで、

とのことで、「souvenir」改め「Baku」に名前を変更し、今回も参加してくださいます。


こだわって選んだ、岡山県産の石臼挽きの無農薬小麦粉の

風味を存分に味わっていただけるように、とつくるシンプルなくまさんのケーキや、

バター、卵はつかわず、素朴な味わいに仕上げたクッキーやスコーン、

おつまみスナックなど、ゆっくりと楽しみたい天然酵母パンやお菓子を

2人で持ち寄ってくださいます。




・mimi・



幼なじみで、お互いの結婚後も、偶然!?同じマンションに住んでいるという

とっても仲良しのお2人。


一年半ほど前から、

mimi senkaとして、生地を花びらの形に切り、染色した後で、

花の形などに組み立てたアクセサリーづくりを担当し、

一方、mimi sweetsとして焼き菓子を焼いて、

2人で「mimi」として、イベントに参加したり、二次会・パーティーの引き出物など

ちょっとしたしあわせをお手伝いできたら、とちいさくちいさく活動しておられるお2人が、

初めて私たちの市に参加してくださいます。







・Schwester -シュベスター-・


パン屋を経て、日々パンを焼いて、将来お店を持つことを目指して活動されてます。

イーストは使わず、自家製酵母を起こし、

粉の味を引き出すための製法を追求し、材料も自然なものをつかって、

焼き上げた次の日でも違ったおいしさを味わえるパンをつくっておられます。



ベーグルやライ麦のパン、全粒粉のパンから、

毎日食べたい食パンまで、ひとつひとつ丁寧に焼き上げたパンをお持ちくださいます。





・うつわ うたたね・



年に1度、奈良で開くグループ展や公募展など、

長年にわたり、作陶活動されている「うつわ うたたね」さん。


口にあててあたたかく、季節の食べものを盛って瑞々しい

そんなうつわを目指して、

土を工夫した粉引のうつわを中心につくっておられます。


作品を見てもらうのに、「手づくり市」という選択があったのか、と

いろんな手づくり市を見て回って、私たちの市への参加を希望してくださりました。