てまねき羊/Gluck

Img_0502




先日のアトリエで、
手づくりの市の取材を受けたのだが、
そのときのカメラマンさん。



レンズ越しに
「僕にありったけの愛をー」みたいなことを言っていた。
そのひとのキャラクターに合っていたので、とても楽しくって、
私はきっとありったけの愛を込めて、笑っていたはずなのだが、
ふと。



旦那がそんなふうに言いながら、撮影していたら・・
と想像し、ぞっと・・
いや、ちょっと嫉妬したのでした。






そんな今日のご紹介は、







●てまねき羊●



早速、話しが逸れて何ですが、
今、「てまねき羊」さんとキーボードを打ったはずが、
手元がズレたのか、「てまねき府知事」と出て来て、
ひとりで大爆笑。


みなさん、手元のキーボードの配列を見てみて下さい。
間違った理由も分かっていただけるかと思います。





さてさて、不思議なお名前のてまねき羊さん。
紙をつかって小さな雑貨をつくり、個展やイベントなどで活動しておられます。




お店で販売するのとはまた違う
市ならではの雰囲気を楽しんでもらえるように、
一度やってみたかったと、
「小さな紙の買い物袋」を露天商のように、ずらっと並べて、
その中から、お好きなものを選んでもらい、
ラッピングしてくださるとのこと!








紙袋のピアスなど、てまねき羊さんならではのアイテムもご用意。




つかう紙は風合いを出すのに、コーヒーで染めたり、
つくるときもピンセットなど道具は使わず、手で、指で。



ホントにびっくりするほど、小さな小さな作品のひとつひとつに
てまねき羊さんの世界がぎゅっと詰まっています。




てまねき羊 → 





●Gluck グリュック●





ドイツ語で「幸せ」
幸せなことをパンに込めて。



お店を持つことを目指して、
だいすきなベーグルを焼き、活動しておられるGluckさん。



卵や牛乳、バターはつかわず、
イーストをつかって、低温長時間発酵させ焼き上げるベーグルは、
粉のおいしさが伝わる、食べ応えがあります。
先日いただいたけど、とても美味しかった!



一年前に初めて手づくりの市を訪れて下さったGluckさん。
「自分の納得のいくベーグルが焼けるようになったら、絶対応募しよう!」と
決めてくださっていたそうです。(嬉しいー)






もう今から手づくりの市が愉しみすぎます。。と
私たちよりうんと若いのに、目標に向かってずんずん進んでいるGluckさんの
自慢のベーグルをぜひ味わってみて下さい!






Gluck → 

nH.cafe/Whangdoodles

Img_0761_2




いつか自分たちで紡いだ糸で、布を織り、
服をつくってみたい。






と、それにしても息子の前髪を切り過ぎたな・・と
思う今日のご紹介は、







●nH.cafe●




HIKEさんの焼き上げる焼き菓子と、
yokoさんが丁寧に淹れる珈琲と
そこに集まるひとたちと、
共に紡ぎ出す小さな空間。


新緑の桜の木の下に小さなカフェスペースをつくってくださいます。





定番となった焼き菓子の入ったあずま袋に加え、
今回は、ランチボックスをご用意。

お惣菜のマフィンと塩味のミニスコーン、
お野菜中心のお惣菜とスープ


と、贅沢な内容に思わず嬉しくなるような、
宝箱のようなボックスなのですよ。



このあずま袋とランチボックスの売り上げは、
東日本大震災への義援金へ充てられます。




テイクアウトものの販売が落ち着く11時頃、
スタート予定のカフェスペースでは、
同じく出展者の「Atorium38」さんの
スパイシーで独特の風味を持つそば蜂蜜をつかったスコーンと
ケーキ2種からお選びいただくデザートプレートに
谷町6丁目にある「赤い実コーヒー」さんの豆をその場で挽き、
丁寧に淹れてくださいます。



季節の果実でつくるシロップは、
今回は「いちご」
ソーダ割りにしていただけます。



温かい気持ちでつくったものから
しあわせな気持ちになれる時間をつくり、
そこから生まれたお金を送れたら。。


お2人の思いがいっぱい詰まった、
小さな空間をぜひゆっくりとお楽しみください。




nH.cafe → 
HIKEの粉手帖 → 






●Whangdoodles ワンドゥードル●




セミオーダーの靴や革小物を手掛けるワンドゥードルさん。



ご夫婦で、ドイツ靴(整形靴)を学び、
義肢を手掛ける会社に勤めた後に、
大阪府池田市に小さな靴の工房をひらかれました。



お2人が手掛ける靴の一番の特徴は、
フットベッド(中敷)が入っていることで、
足の裏全体に体重を分散し、地面からの衝撃を和らげてくれます。


木型を用いて、天然皮革にこだわり、
靴の中で足が呼吸出来るような、履き心地のよい靴を、
提案してくださいます。


ストレートチップの靴、とても素敵です。。



ほかに、
「本が好き」
「コーヒーが好き」というところから、
自分たちが使いたいものを、靴をつくった残りのパーツをつかってつくられた
ブックカバーやコーヒーフィルター入れなど、
革小物もお持ち下さる予定です。








Whangdoodles → 

Reposer / ECRU

Img_0747



先日出掛けた、ひさびさの奈良。
ぶらぶらとたくさん歩いた。


息子は道を歩くとき、歩くことはしない。
抱っこをねだるのか!?



いえ、ほとんど走っているのです。
「危ないから歩きなさい!」と怒ることは、
随分と前に諦めました・・


そんな調子だったので、
帰りの車に載せた途端、眠りに落ちた息子。
PM6:00、家につき、布団に運ぶも、そのまま私も眠りに。。
旦那は・・というと、リビングで眠りに。。


そのまま、晩ご飯も食べずに、
家族3人、朝まで爆睡。
(旦那、寝ぼけながらも布団へ移動)




私も息子も(旦那は早起き)
毎日、いつもいっしょに9時間ほど寝ているのだが・・
この日は驚異の13時間睡眠!



どれだけ寝るねん・・





そんな今日のご紹介は、








●Reposer●




そんなふうに訪れた奈良、
鹿に会いに、そしてならまち工房2FにあるReposerさんのお店に会いに
初めて訪ねてみました。






昨年の6月にオープンされた小さなカフェ。
大阪のお住まいから通われているそう。



どなたかのブログに載せられていたお店の扉の佇まいが、
とても素敵で、シンプルな空間にふわりとお菓子や珈琲の香りが
漂うイメージを膨らませていましたが、
実際は、想像よりもっと素敵でした。



窓側にあるテーブルは3つ。
フランスで買って来られたという雑貨がそっと並び、
入り口のガラスケースには、お手製のジャムのビンがずらり。




季節ごとに変わるというケーキは、
いちごのティラミスと
桜と豆乳のシフォンケーキ
えんどう豆とホワイトチョコのタルト の3種類。



その中から選んだいちごのティラミスと
奈良県のいちごときび砂糖でつくった
自家製のいちごのプレザーブとシロップをつかった、「いちごミルク」を注文。


ケーキに焼き込む副素材や、アイスクリームやジャムなども
ひとつひとつ丁寧につくられていて、
お皿から口の中から、それが伝わってくるとても贅沢な時間。





手づくりの市には、
そんなふうにしてお店で焼いておられる焼き菓子とジャムをお持ち下さる予定です。





Reposer → 






●ECRU●



京都市京北町の森の中で
工房を構え、作陶しておられるECRU高木剛さん。



イベントや個展が目白押しで、制作活動に没頭中とのこと。
バリカンで頭を刈っている途中で、うっかり落ちてバリカンが壊れてしまったという高木さん。
同じバリカン仲間のうちの旦那は、心配しております。。
(うちの旦那はミリ数を間違えて←間違えたのは私、
真冬に超!丸坊主になり、風邪引いた・・という失敗談があります。)


高木さんより


「何のためにつくるのか?」


自然と向き合う暮らしの中で、
自分の未熟さや至らない点に気づかされるけど、
ひととして、何でもない日常に幸せを感じる心を大切に
一つ一つを丁寧に心掛け、
自分にしか出来ないことが、土を通して伝えられれば。と思います。




山暮らしを楽しむ達人!な奥さま、みずえさんとともに紡ぎ出す
灰粉引きや粉引きのうつわや、
荒めの土に白化粧を刷毛塗りしたうつわなど、
高木さんの「今」が伝わるうつわの数々をお持ち下さいます。






ECRU → 







●お知らせ●
5/15(sun)の手づくりの市のDMが、まだ少しだけ残っています。
出展者の方で配布にご協力下さる方は、ご連絡ください。送ります。




また、お客さまでご希望して下さる方には、お送りします。

ただ・・今回は、前回のようなプレゼント企画はなく、
「DMとご招待状のみ」となります。(すみません・・)





ご希望して下さる方は




・郵便番号
・住所
・氏名
・手づくりの市へひとこと


と80円切手を同封の上、




583-0012
大阪府藤井寺市道明寺5−2−7

38_WORKS./宮井            までお送りください。






4/30(土)の消印まで有効とさせていただきます。




Img_9897



今回のDMにつかった道明寺天満宮の写真。
きれいな葉っぱの影が本当に美しい境内。