鴨川デルタ / muriri+BAKU

Img_0605


38-963WORKS.Tシャツ
付いていたタグを切り、サイズのハンコを
1枚1枚押す。
ダブルネームのタグも縫い付ける。



ハンコを押すとか、
タグを縫い付ける、とか
思いを込める作業は好きだ。



ハンコは好きなんだけど、
あんまり上手に押せないから、実は苦手・・
何でも力任せなんだよね・・私。自覚済み。






そんなわけで、いよいよせまってきた手づくりの市。
ご紹介ももう少し。
ちゃんと間に合わせます!



というわけで、今日のご紹介は、






●鴨川デルタ●




web shopを展開しながら、
京都の手づくりの市を中心にイベントに参加しておられる鴨川デルタさん。




タイパンツや、タイパンツと同じ型ながら、
ウエスト折り返し部分に別生地をあしらい、
折り返したときにアクセントがある「タイワン」
股上がすごく浅く、ロングスカートのようなシルエットな
不思議なパンツ、「パリ」
ウエスト両サイドから伸びる布をねじって、結び履くパンツ「トルコ」
など、各地名がつけられた表情豊かなパンツたちをつくっておられます。




見るのと履くのとは、全然違う!
とくにシルエットが個性豊かなパンツなだけに、
今まで履いたことない方も、とにかく履いてみるだけ履くのがよし!
当日は、試着室もご用意くださいます。



履きこなしにくそう・・と思いきや、
履いてみると、何でもないTシャツも素敵になるんですよー





鴨川デルタ → 








●murir + BAKU●






自家製レーズン酵母をつかって、季節の野菜や果実と組み合わせ、
ゆっくりゆっくりパンをつくる「murir」さんと、
岡山県産の石臼挽きの小麦をつかってお菓子をつくる「BAKU」さん。




以前の職場でいっしょだったというお2人が、
ともに、シンプルな粉の風味を楽しめるパンやお菓子をご用意くださいます。





勤めておられる堺のうつわ屋さん「Oogi」さんで、
パンの日として、パンを提案しておられるmurirさん。



小さくて、かわいらしい佇まいからは、
ちょっと意外!?なほど、焼くパンは、
皮が厚めで、弾力があり、噛むほどに小麦の甘みが感じられる、力強いパンたち。




BAKUさんのつくるお菓子は、
看板メニューの「くまさんのケーキ」
くまの形をしたケーキではありませんよー。


シンプルな素材でつくるこのケーキは、
ふわふわなのに、シフォンケーキとは違った食感で、
一度食べると、やみつきになるおいしさ。



そのほか、挽きたての小麦をつかうからこそ!の
風味や香りを最大限生かした、スコーンやおつまみクッキーなど、
ずっとつくり続けているお菓子を、
今回も丁寧に焼いて、お持ち下さいます。