ワークショップとこどものおやつ

暑い暑い日。
「絵本をつくって届けよう!」ワークショップの日。
つくっておいた梅シロップのソーダ割りを用意して、お出迎え。




ワークショップといっても、絵本が自分のものになるわけではない。
お金で寄付することとは違った方法。
自分の手を動かして、つくったものを届ける。
つくる間の時間は、
出来上がった絵本を手にするカンボジアの子どもたちのことを思う時間になる。
きっと私たちの生活からは想像もつかない貧しさや出来事に
思いを馳せることしか出来なくても、それがきっと何かにつながっていくと信じてる。



そんな趣旨に賛同してくださったお2人の方が、絵本づくりに来て下さった。
そもそも、自分ひとりで、つくろうと思っていた絵本。
誰かといっしょに出来るなんて、とってもうれしい。
それもお世話になっている、この方(→)あの方(→)だから、なお一層。



Img_2330


私が選んだ絵本は、
息子が大好きな「ねないこ、だれだ」

Img_2339


カンボジアの言葉、クメール語で翻訳されたシールをペタリ。
貼るだけなんだけど・・
記号のようなクメール語は、上下どっちか判別難し。
間違ったら、さぁ、大変!


Img_2337


完成した絵本に、
クメール語のあいうえお表を見ながら、
自分の名前を記入。



この本を手にとってくれた子どもたちは、
私の名前を知ってくれるわけだ。


想像すると、何だかうれしいねー


Img_2331


お昼ごはんには、
道明寺商店街のお惣菜屋さん「デリカロード菜」さんのお弁当の配達をお願い。

「さっぱり食べられるものにしとくわねー」と言ってくれた菜さんのお弁当は、
炊き込みごはんと雑穀ごはんが半々の特別仕様のお弁当。


ここ数日の暑さで、めっきり食欲のなかった私。
おしゃべりしながら、食べていたら、
気づいた時には、全部たいらげていた!
ひさびさにたくさん、ごはん食べたー




ワークショップ終了後も弾むお話は止まることを知らず。。
ワークショップも含めて、5時間もおしゃべりしていた。
その間に来てくれたお客さまも交えておしゃべりする風景もあり。
大きなお腹を抱えて、ふーふー言いながら、訪ねてくれた友達あり。



暑いアトリエの1日は、
「暑い、暑い」をあいさつがわりに
こうして過ぎて行ったのでした。



年に一回。一冊。
絵本を届け続けるのもいいね。と言い合う。
そうしていきたいな。








Img_2319






Img_2326






Img_2335




そして、そして、
この日から並んだ、yamyam KIKAKUさんの描いて下さったイラストで
パッケージしたくるみさんの「こどものおやつ」
手にしたのは、大人ばっかりですけど(笑)


暑いと焼き菓子も、若干もさもさしがちですが・・
冷蔵庫で冷やして食べる「冷やしクッキー」、おススメです!
滋養のある、おやつで、
この夏も乗り切りましょう!

何でもないパンツ

Img_1548


あーら。今日も暑い一日!



25日。道明寺天満宮で骨董市。
あまりの暑さで、店番のおじさまたちは溶けているのでは!?と
チラリと覗きに行くと、
青空セリ市の真っ最中。熱気ムンムンだ。


お詣りをして、
うちの第2のリビング、古室山へレッツゴー!
木陰はいい風が吹いて、気持ちいい。
息子が「ジュースつくるねん」と
しゃかりきに葉っぱを集めている姿を横目に、
寝転んで本を読む。

誰もいないので、リビングのごとく、
だらしない格好でくつろぐ。



もう小さいこの水筒では、足りないや。









Img_2262






Img_2265






Img_2264




「パンツはつくってないのですか?」と聞かれることがよくある。
こどもパンツのような簡素な大人のパンツ。


ゆるゆるとゴムのパンツ。
ウエストのひももおへそのとこで、ゴソゴソするので、
出来るだけない方がいい。
袋ポケットも同じく。


となると、何の特徴もない「ただのパンツ」
洗濯のたびにステッチのあたりが出てくるのが好きだから、
折り伏せ縫いで仕上げる。
ちょっとずつ、ラインやもたつきも変えつつ。
こんな感じで、つくっています。



ちょっと「お間抜け」になるパンツ、一丁。
ガサガサっとしたリネンは、
最初、チクチクっとどこかそっけない素振りを見せつつ、
気がつくと肌にくったり馴染んでる。




山で遊んだ後とお昼寝の後。
1日2回、キャーキャー言いながら、冷水シャワーの日課。
(今日もシャワー後、素っ裸で息子と2人、しばらくのんびりしていたら、
 発注していた生地を届けてくれた、佐川急便のお兄ちゃん。
 あーら、ビックリ、大慌て!
 慌てて着替えを取りに行っている間に、
 息子がこれまた、素っ裸で玄関の戸を開けたもんだから、
 これまた大慌て。

 兄ちゃんには、一部始終が伝わっていたに違いない。
 いろんな意味で申し訳ない・・)



まぁ、こんな感じで、
落ち込むこともあるけれど、元気でやっています。

チャーハンの日。

ホントいいお天気。

我が家はもう蒸し風呂のようで、
男チームは、もはやズボンを着用していない。(パンツ1丁!)


開けられる窓は全て全開に。
するりと風が通り抜ける。



はっきりとした要因や原因はよく分からないままに、
頭の中の空気がどんよりと淀んでいるもんだから、
少しでも風を通したいのだ。






Img_2196


「今日のお昼はチャーハンですよ!」


Img_2198



「まだですよ。まぁ、待ちなさい」



Img_2200




「もうすぐですよー」


Img_2201




「出来ましたよー。召し上がれ」










そんなわけで、今日は畑でふさふさと揺れる、
立派な大根の葉っぱをつかって、じゃこと卵チャーハン。
ふるいさんのお皿とスプーンでいただこう!



そんなふるいさんが、こども展に制作してくださった「こどもカトラリー」
用意していただいた分は、すでに完売。
ということで、残りの期間のために、新たなカトラリーを制作し、
届けて下さるとのこと。
7月のオープン日には並べられると思います。



お楽しみにー。








そして、明日6/24(金)は、「森のこども会」の日ですよー。
今日のお山は、てっぺん近くまで行くと、風がぴゅーぴゅー吹いて、
気持ちよいのなんのって。


息子は、「黒コショウですよー」と
小さな砂利をたくさん集めて、たっぷり遊ぶ。


明日もいいお天気のようなので、よかったー。


私はシートの上でごろんと寝転がって、
ぼーっとその様子を眺めたいと思います。
同じように、山で楽しめる親子に出会えますように。。