むろう大沢農場 / niwaq

Img_9032_2

昨日は、結局すっかり元気になった息子に連れられて
古室山へ。
しばらく来てなかった間に
すっかり葉っぱは色づき、落ちていた。
(写真は、9月の古室山。すごくきれいなひかり。天国へつづく道のような。)


誕生日、おばあちゃんに自転車を買ってもらった息子は、
得意そうに乗り回し、
ガードレールにぶつかってひっくり返っていた。

家の前の道を馬が通るのが見えたのが、
夢なのか、幻なのか!?
朝ご飯をほったらかしにして、息子と裸足で追いかけていったら、
古室山へ行く途中の大きな家へ入っていった。

正確には馬ではなく、ポニーで、
体重は200kgあるらしく、
散歩?に連れていたおばさんが、門の前で止まってしまったポニーを
一生懸命引っ張っていたが、全く動かないポニーちゃん。




そんな朝の風景。



そうこうしているうちに開催がいよいよ来週になりました。
今日みたいな空気のキーンと冷えて、
澄み切った空が広がるよう、今から願う。



素敵な週末を。
そんな今日のご紹介は、



むろう大沢農場



農業生産法人 有限会社 むろう大沢農場が運営する
奈良県東部、室生にある大和高原ブルーベリー園。


標高480mの高原地域で、たくさんの日光と優しい霧雨、昼夜の温度差が
甘くてみずみずしいブルーベリーの実を育ててくれます。

高原のブルーベリーは、化学肥料・農薬を一切使わず、
腐葉土などの有機肥料を使い育てています。

安心して食べて頂けるように。
ブルーベリーの木や、周りの自然環境への負担を
できるだけ少なくするように。

数名のスタッフの方が1本1本大切に
ブルーベリーを育てておられます。




「ただ野菜や果物を取って加工して、製品として市場に出すのではなく、

 いつもの朝食を、もっと幸せに。
 いつもの週末の食卓を、もっともっと特別に。
 いつもの空間が笑顔で満ちあふれるような、
 そして、自然が育んでくれた恵みを安心して楽しんでいただけるように。

 そんな想いを込めて、精一杯育て、直接お客様の元にお届けします。」




との思いで、つくられた
自慢のブルーベリーをつかったジャムは、
濃厚なブルーベリーの風味で、市販のものとの違いに驚く方も多いとか。


ブルーベリーの花が咲く5−6月に採蜜するハチミツは、
ハチミツ特有のクセがほとんどないので、
ハチミツが苦手な方でもこれならおいしく召し上がっていただけるかも!?


そのほか、
蜜蝋でつくった雑貨や、ドリンクなどもご用意いただく予定です。






むろう大沢農場 → 










niwaq





平野区長吉川にある、
造園を手掛ける会社のショップである「niwaq」さん。


日々の生活に自然と溶け込み、
育てやすく丈夫な盆栽を提案。
一般の盆栽のような、「THE盆栽!」のような華やかなものではなく、
植木鉢も陶芸作家さんの依頼して制作してもらったという鉢に、
植物に合わせた土を配合し、
雰囲気を持った「にくめない形」のものを選んで、
そのままの自然な樹形を生かして、制作するという
niwaqさん独自の雰囲気を持った盆栽たち。



寄せ植えも山からそのまま切り取ってきたような、
自然な形がとても素敵で、
我が家にもつい最近、大きな寄せ植えが仲間入りしたところです。




季節を感じてもらえる寄せ植えや、
クリスマスやお正月に飾れるような、
草木盆栽や苔玉をいろいろとご用意くださるとのこと。


どれも1点もののような、
それぞれに佇まいがありますので、
私のようにすぐに植物を枯らしてしまうひとも、
お手入れの方法を聞きながら、
おうちに合うものをじっくり吟味してみてくださいー







niwaq → 






明日は大事な選挙の日ですね。