BARBER.38

Sign



先日より、ほのめかしていた
今回の木の下での催しもの。

2つありますけど、
そのうちの1つをご紹介。ということで、


「BARBER.38」
木の下の小さな理髪店





を、今回ひらきます。







いつも出展してくださっている
道明寺商店街にあるお惣菜屋さん「デリカロード菜」
看板奥さまでもある実和さん。
お惣菜屋さんに嫁いでくる前は、
同じく道明寺商店街側にある美容室で美容師をされていました。


旦那さんと結婚される以前、
旦那さんのお母さまがお客さんとして、
実和さんの勤める美容室に通っておられ、
実和さんは髪を切っておられたそう。
そのことがご縁で。。めでたくご結婚。というわけであります。


それを機に美容室を退職し、お惣菜屋さんのお手伝いをはじめられ、
今に至ります。


美容師として10年。
お惣菜屋さんの嫁として13年。


美容師の職を離れてからも、
2人のお子さんや旦那さまをはじめ、
ご近所や知り合いの方などの髪を切ったり、
最近では外出しづらいお年寄りの方のお宅へ、
髪を切りに出掛けたり。。と

ご縁のつながるところへ髪を切りに。

着付けも出来るので、
結婚式や卒業・入学シーズンには引っぱりだこの実和さん。


「いつか自宅かお店の1室を改装して、 
 小さな美容室をするのが夢やねん。」


そういつも話す実和さんに
いつかお願いしたいとずっと思っていたこと。
それが、「木の下の小さな理髪店」でした。
(美容室と名付けようかとも思いましたが、
 かしこまり過ぎな気がしたので、あえて理髪店で!)




そんなわけで、今回念願かなって、
「木の下の小さな理髪店」その名も「BARBER. 38」を
ひらいていただくこととなりました。



「38」は私たちのではなく・・
38=実和(みわ)ですよー。





BARBER.38  
12:00- OPEN



・美容師免許を持つ、永井実和さんによるドライカットとなります。
・基本、お子さまの前髪や全体を整えます。
 (大人の方は、内容により対応出来る場合もありますので、その場でご相談ください。)

・cut / ¥500− 

お惣菜屋さんの嫁として、ブースにて10−12時の間は、お惣菜を売り、
その後、12時から、木の下にて「BARBER.38」を開店いたします。
手づくりの市インフォメーションブースにて、事前にご予約もしていただけます。

   





入園入学、そして新学期。
こどもが新しいはじまりを迎える、この季節の開催。

こどもたちが誇らしく、春を迎えられるように。
願いを込めて。


気持ちのよい木の下で、
よかったら、髪を切ってもらってくださいな。




3/18の開催のこと → 

菓子工房ナボット×垣内農園 / 包LEATHER

Img_2197


Img_2205

Img_2202

Wメガネ。


土曜日に予定していた誕生日会は、息子が完治してなかったため、
泣く泣く延期に。
そして、延期になってた、もうひとつの誕生日会をに日曜日に。
待ちに待ったたこ焼きパーティー




その前に、河内長野にある延命寺で行われていた
震災がれき受け入れについての勉強会に
友達と友達の両親とで参加。


その帰り道に、
出展してくださる「菓子工房ナボット」さんへ
誕生日ケーキを買いに。


Img_2183


みかんのロールケーキを
素敵にデコレーションしてくださり、
(すごくおいしかったー。ちょっと感激)




Img_2190


私と旦那、そして友達。
3人の名前を
ハート型に焼いたクッキーに
書いてくださった。

うれしい。。




菓子工房ナボット×垣内農園



デコレーションを待っている間に、
ナボットさんから10分くらいの場所にあるという
果樹農家、垣内農園の垣内さんが、
つくっておられるみかんを持って、
私たちにご挨拶に来てくださった。

初めまして。


就農して2年を迎えるという、
お若い青年。


「寒い中、作業大変ですね」と言うと、
「春が来るのを、日に日に感じるのは、
 楽しいんですよ」と笑顔。


というわけで、今回、
焼き菓子屋と農家が繰り広げる、
その名も「春の柑橘祭」


お店のある河内長野の食材をつかって
お菓子を焼いておられる焼き菓子屋「ナボット」さん。


普段からお店でも出しておられる

・垣内農園のくだものを使った
  金柑のバターケーキ、レモンケーキ、南香みかんはちみつシフォンなど
 
お野菜をつかった
・畑の野菜のキッシュ


・コンフィチュール
  南香みかん、はちみつレモン、キウイフルーツ、きんかんコンポートなど






「河内長野でつくる果実やお野菜を、
河内長野のお菓子屋に。

パティシエの手でお菓子に。

2人の手でお客さまに。」




3月10日(土) 富田林市での
寺内町軒下マーケット~てづくりのわ~in 雛めぐり 
に続いて、
河内長野発の、
手から手への贈りものを
手づくりの市へ届けにいらしてくださいます。

(天候により、内容が変更となる場合が、
 もちろん、あります。)



菓子工房ナボット → 
垣内農園 → 









包LEATHER




堺市にある靴工房「包LEATHER 」さん。
ご夫婦2人で、せっせと
大人から子どもまでの
ハッピーな靴やサンダルを制作しておられます。


今日、本屋さんで、
何気に手にした「手作り革靴の本」という本
全国の革靴を手づくりするひとたちが、
ずらりと掲載されていて、
めくっていくと、月森さんご夫妻が、
載っているではありませんか!



にっかり、笑う旦那さんと、
やさしく微笑む奥さん。


思わず、声が出ました。
こんなところで会えるなんて。。






7種類あるデザインから、
革の色、ステッチの色、ソールなど
履くひとのわがままをいっぱい詰め込んで、
たったひとつの靴を
つくってくださいます。



左右違う色の革でつくったり、
8色つかわれた方もいたとか。


思わず、スキップしたくなるような
楽しい靴なんです。




包LEATHER  → 

rpm / 末吉植木店

Img_2744


雨の日に聞くなら、
アコースティックバージョンの
ACIDMAN「赤橙」がいい。






YouTube: ACIDMAN - 「赤橙(Acoustic)」 ミュージック・クリップ(45sec. ver.)





rpm





主にロクロをつかって、
陶磁器、白磁、マット釉や結晶釉など
さまざまな表情に仕上げた
食器や高杯、豆皿などの日常雑器。


釉薬をつくるのが好きだという妙代由希央さん。
結晶、マット、鮫肌、ブツブツ。。
様々な色彩や手触りのものを
10種類以上揃えた豆皿もずらりと。



「モノをモノ以上に誇張しないように
気をつけています。
(陶芸では特にそのような傾向があるので)

ですが、手に入れた方に
モノ以上に思ってもらえるよう、
正直にまじめにつくりたい、
とも思っています。

独学で未熟ですが、
シンプルだったり、
どこかクセのあるもの。を
目指しています。」



ニュアンスのある白色に、
縁はざらっとした質感のような高杯。


音楽好きだと言う妙代さんと
佇まいの気になった高杯に
出会えるのが、
今から楽しみな私です。




rpm → 






末吉植木店



庭づくりと盆栽「niwaq」を経て
今年より、柏原市で
造園屋「末吉植木店」として
独立、開業した出山さん。


出山さんのお名前が、「末吉」ではなく、
(ちなみに出山さんは、はじめさん)
盆栽から切り花まで手掛ける花屋さんを
営んでいたおじいさん「末吉」さんの
お名前を独立にあたり、掲げたんだそう。




海外から仕入れた、ちょっとマニアックな
サボテン、多肉植物、観葉植物を
それぞれの特性や、お手入れのしやすさなども
十分考慮し、
ちょっと野性的に、
いい感じに寄せ植えた鉢をご用意。




時間とともに味わい深くなるモスポットや、
古いものをつかったり、
陶芸作家さんに依頼してつくってもらったうつわなど、
つかう鉢はジャンルを問わず。



ともすれば、ほっこりしがちな植物を
出山さん独自のテイストで、かっこよく。
存在感はあるのに、わざとらしさのないふうな。


その場で植物と鉢を選び、
それを植え付けるということも
当日は出来るかも。。??


「いい感じのものを持って行きますので、
 よろしくお願いします!」




末吉植木店 →