出展者のみなさま、紹介はじめますー

Img_4949

京都府の南山城村の廃校となった小学校で行われている
「山ノ上マーケット」に行って来ましたー
(といってもあれから日にちが経った・・)

緑がいっぱいあって、
山道をくねくねと登っていって、
ぱぁーっと視界が開けた先にある会場。

出展者の方、お客さまに
知っている顔がちらほらと。

この日にプレオープンした
プールサイドにある小屋を改装したという「ARABON」も
素敵で、今しゃかりきに改装している私たちの小屋への
ヒントもぎっしり。イメージをぐんぐん膨らませる。

息子は、校庭の遊具や裏山、入り口の川でたっぷり遊び、
私は以前に拝見して、素敵だなーとずっと思い続けていた稲垣大さんの
アルミのスプーンを大きいのと小さいの2本、連れて帰りました。
そうそう、お話仲間のUMさんのところで、
BAGELさんのめがねTシャツも忘れずに。
旦那はどんだけ食べんねん!というほど、
おいしそうなものを見つけては食べ。

大切につくった場所の空気やものを
おすそわけしてもらえることのしあわせ。
商業的な匂いもなく、ゆったりとしたマーケット。

たくさんのものはもういらないから、
ずっと大事にしていけるものを大事なお金で集めよう。

私たちも頑張ろう!

そんな気持ちにさせてもらったところで、
いよいよ開催まであと1ヶ月となりました。

こどもワークショップのお申し込みも
早速いただき、準備モード突入であります。

というわけで、出展して下さるみなさまを
少しずつご紹介はじめますー

●池崎継仁●

この山ノ上マーケットに出展しておられた池崎さん。
入り口のところ、
TALAさんにつくってもらったという池崎さんの姿をしたオブジェが、
出展しておられる写真ポストカードより目立っているのでは!?

お名前のほか[203photo]と名乗っておられることもあり。
2・ツー 0・グー(オッケーマーク)3・サン の
「ツグさん!」とのことでした。(長年の謎、判明!)

そうやって、たくさんのひとから、
「ツグさん」と慕われている池崎さん。

講師をつとめる写真教室が3カ所。
そこへ最近、奈良の[FIELD NOTE]での開催も加わり、4カ所に。
その教室の合間に、撮影。
そして、お客さまの反応、意見を直接聞けること、
出会いを何よりの楽しみに。
京都から神戸まで、時間と体力の許す限り
市やイベントに出展しておられます。

季節ごとの色、風景や心象風景、
犬や猫、などなどご自身で撮影された写真をプリントし、
水彩画用紙に張り合わせることで、一般的なものより分厚く、
そして大きめに仕上がっているポストカード。

最初につくったポストカードがその形式だったので、
それ以来、ずっと同じように手作業で仕上げておられるとのこと。

「これで定着したから、今さら変えられへんやーん」

手間がかかることも、すっかり楽しんでおられる様子です。

いつもの展示から、もう少し「ゆとりや楽しさ」を感じるしつらえに。
この手づくりの市では、そんな新たな展示をお披露目してくださるという話もちらほら・・

たくさんの風景から、
じっくりとお気に入りの風景を探してみて下さい。

池崎継仁 → 

「animallうくれれ」いっしょにつくるちびっ子、募集中! 

KIDS WORKSHOP

Ws_2

↑ click here!

Wo_2

↑ click here!

お知らせしていた、こどもワークショップ。
詳細をHPに掲載いたしましたー

講師には、[COZY FACTORY]の樋口さんとかなっぺさんを
お招きいたします。

お2人は、普段、家具職人と切り絵作家さんとして
活動しながら、神戸・トリトンカフェにて
「子供だけの絵画・工作教室」を開催されるご夫婦。
かなっぺさんは、北摂地域にて、
「こどもの絵画造形教室 - こどもあとりえ - 」の開催もしておられます。

お2人とって、屋外では初めてとなるこどもワークショップ。

「いつも、子どもたちが張り切ってつくる、アニマルうくれれを
 つくって、境内をパレードしたら楽しそう!」

「子どもにこそ、安全でおいしいお野菜をモリモリと!
 おみやげに出来たら、いいかも!?」

「はじめまして」の打ち合わせは、
お2人の楽しいお人柄と素敵なセンスで、
楽しいアイデアがポンポン飛び出す中、
9/30の市で開催するこどもワークショップの内容を決めていきました。

animalうくれれ
つくって、
パレードしよう!

つくる「アニマルうくれれ」のお写真を掲載してしまうと、
そのイメージでつくってしまうので。と
かなっぺさんのイラストを。

ワークショップのおみやげのお野菜セットは、
今回出展して下さる「あきゆき耕場」さんの、
農薬や化学肥料をつかわずに、土と太陽の元で元気に育てた
自慢のお野菜を。

[38_WORKS.PHOTO]のたかヒーローさんが
つくったうくれれとお子さんを全員パチリ。記念撮影を。

開催の記録としての撮影ですが、
ご希望の方には、わたくしがワークショップにちなんだ
写真台紙を作成しますので、
その台紙に写真を収めて、お届けしたいと思います。
(ワークショップのオプションメニューとなります。)

ワークショップの参加は、予約の方を優先します。
予約状況により、当日参加もお受け出来るかもしれませんが、
確実に参加していただける、ご予約をぜひぜひオススメいたします。

詳細は、[9/30の手づくりの市のこと]をご覧くださいませ。

たくさんのちびっ子の参加、お待ちしておりますー
(出展者の方のお子さまももちろんOKですよー)

夏の残り

Img_5624

この夏のもうひとつの楽しみ。
ビルボードライブ大阪へ
矢野顕子トリオ(Ba.ウィル・リー Dr. クリス・パーカー)
のライブを観に。

息子は息子で、
おばあちゃん家へのお泊まりを楽しみに。
保育園で出掛けたぶどう狩りで
採ってきたぶどうをおみやげに。

ちょうど大学生の弟が帰省していて、
何やら息子がしゃべっている。

「何の話してきたん?」と聞くと
「男の話」と答える息子。

私たち夫婦は音楽をやっていたが、
私の場合、下手っぴなギターを弾いて、歌って。
というのは、あくまでコピーで、
[音楽で表現する]ということは、
考えたこともないし、出来ないし。
自分にはない表現方法である。

だから、喋るように歌い、
ピアノを弾く矢野顕子の姿に、
別世界のものを観たような。

こんな凄いひとがいるんだなー

矢野顕子のライブは2回目だったけれど、
一回目のNHKホールより(チケットを運良くもらった!)
今回のビルボードは、ステージと客席が本当に近くって、
年に2回程、旦那に連れてってもらうのだが、
言葉に出来ないものを、
いっぱい持って帰るような気がする。

世の中には自分の力だけではどうにもならないことがある。
理不尽なこともいっぱいある。

自分に降り掛かって来ない間は、
実に気楽なものだが、
出来ることをいつでも探している。

少しずつの力で、
支え合えれば幸せ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
息子の通う[くるみ共同保育園]で、
9/2(日)に親子リズムがあります。

歩いている子どもを対象。 ヒノキの床材を用いた広いホールで親子でリズム遊びを楽しみましょう。 動きやすい服装でお越しください。(無料・予約不要) リズム終了後、希望者の子育て相談を受け付けています。
(子育て相談は要予約です。)
9:30 - 11:00


園児は1日1回、または2回。
月齢や季節に応じたリズム遊びをしています。


大人がこどもにさせるのではなく、
大人がまず楽しんでやること。

身体の土台をつくるためのリズム遊びは、
正しい姿勢を意識したり、
普段意識しない身体の動きだったり、
ちょっとした要領のようなものがあって、
親の私ですら、まだまだ練習中・・ですが、

今の季節は、
ホールの大きな窓から見える
大きな木の緑がとってもきれい。

その木の下には、手づくりのすべり台。

うちは運良く通うことが出来ているけれど、
遠かったり、家庭の状況だったり・・
希望しながら通えないひとがたくさんいることを知っている。

何事においても、
「子どもがまず優先」なので、
大変なときもある。
「無認可」ということで、財政状況もホント厳しい中、
たくさんのひとが力を合わせて、
こどもの健やかな保育を保証しようと
力を尽くしている。

たくさんのひとたちと共有出来たらうれしい、
気持ちのよい場所なので、よかったらぜひ。

こどもたちといっしょにリズム遊びが
久々に出来るので、とっても楽しみ。