5/19 出展申し込みの受付について

Img_0840

Img_0837

質感、サイズ、リムの幅、縁の立ち上がり加減。
美しいお皿。

もう十分暮らしていけるだけの道具を持っているのに、
欲しい。と思うものが次から次へと。
年のはじまりに、思い描く色や形を
じっくり思い浮かべ書き留めておく。

安易に買ってしまったものでも、
思いがけず長持ちするもので、
目に入るたびに、モノには罪はないのに、
そのときの残念な気持ちといったら・・

限られた手元のお金を、さてどこの誰に届けようか。
より慎重になったのは、私の手元にお金がたくさん無いせいか、
モノがたくさんありすぎると落ち着かないせいか、
意識が変わってきたからか。

描くものに出会える日をじーっと待つ日々。
しゃかりきに出会いを探し求めることが、
好きだったこともあったけれど、
今は、予約されない出会いがたのしく、うれしい。
そしてその出会いの場が、自分たちの開催する市だったら、
何よりうれしい。

間に合わせで買ったり、
そのひとに気を遣って買うほど、
つくるひと、ものに失礼なことはない。
それがなくても生活出来るのであれば、
急ぐことはないかー。と思えたら、
何かに解放されたような気がした。

つくったひとの支えとなり、
そして、私たちの暮らしを支えてくれることの
心地よさと清々しさを教えてもらったこの4年間でした。

5/19開催の市へ、たくさんの出展お申し込みいただき、
ありがとうございました。
私があまりに熱苦しく語るせいか・・
たくさんの思いをこの小さな市に寄せていただき、
本当にありがたく思っております。

いただいたお申し込みメールには
全て返信いたしました。
もし、届いておられない方がいましたら、
お手数ですが、もう一度お送りいただきますよう、
よろしくお願いいたします。

開催まですでに2ヶ月を切っていますので、
出来るだけ早急に出展者の方を決定したいと思います。

少しお時間いただきますが、何卒よろしくお願い致します。

Img_0961

[ 5photo. ] お写真、3/31までの受付です!

市の風景を5枚、ぜひ見せてください。
投票により、「1photo.」に選ばれた方には、
「手づくりの市お買いもの券」を5000円分進呈。

写真をお送りくださった全てのみなさまに
500円分の「手づくりの市お買いもの券」をプレゼントします。

あの日、市に遊びに来てくださった方、
老若男女問わず、ぜひぜひどうぞ

[ 5photo.] → 

3/20景

Img_4575

市の日、道明寺天満宮では、
早咲きの桜が咲いて、
ほかの桜はまだまだ。。という感じでしたが、
今では、入り口や境内の桜の花も次々と咲き出して、
天満宮の前を通るたびに、景色がにぎやかに。

「枯れた?」と心配していた木々や鉢植えの植物が、
日に日に芽吹きはじめる様子に、エネルギーをもらう日々。

春ですね。

遅くなりましたが、先日の市での風景を
感謝の気持ちとともにどうぞ。
(5photo.に寄せて頂いた写真ではなく、主人撮影のものです。)

Img_0809

「くもり/雨」の予報でしたが、
「もう、やっちゃえー」と開催。

Img_0807

ずっと開催を楽しみに待っていた息子。
落ち葉を掃除するため、
風が噴射する道具を持っていたおじさんを見て、

Img_0804_2

大興奮!

Img_0925

今回の開催は40ブース。

Img_0923

Img_0815_2

Img_0816_2

Img_0903

トイレに行く暇もないほど、
開催時間中、ずっとコーヒーを淹れておられた。
お陰で、ずーっといい香り。

Img_0946

Img_0930

Img_0884

Img_0928

Img_0865

Img_0876

Img_0971

知っているひともたくさん遊びに来てくださる。
年4回、手づくりの市のときに会えるひともいる。
会える場所がある。というしあわせ。

こちら、お世話になっていた星ヶ丘洋裁学校の園長さん。

Img_0893

梅干しー

Img_0862

「お味見どうぞー」

Img_0863

Img_0869

Img_0868

Img_0871

↑載っけてもいいですか?と聞くと
「全裸以外なら、何でもOKなので、 
 撮ってくれた写真、載せてくださいね」
と言うので、掲載。

Img_0882

Img_0941

Img_0966

Img_0967

Img_0949

Img_0889

「お客さまの多さだけでなく、
 つくり手の話に耳を傾けて下さるお客さまの多さに
 びっくりしました!」

と出展者の方。
お客さまは多ければ、多いほどいい。
というわけではないと思う中で、
出展者の方から、お客さまを褒めていただけることが
実に多い。うれしいー

Img_0834

Img_0838

Img_0964

Img_1039

Img_0906

Img_1028

Img_0937

Img_0850_2

Img_0849

Img_0902

去年に続き、[ 木の下の小さな理髪店 ]をオープン。
去年は大雨、今年はパラリ小雨。

Img_0991

Img_1004

Img_1033

Img_1010

Img_1052

Img_1017

Img_1051

Img_1057

Img_1066
今回は全員男の子!
時間が短く、ご希望に添えないお子さまもいて、
申し訳なかったですが・・
また来年やるからねー

Img_1006_3

 

Img_1038

今回も素敵な方々に、
旦那、勇気を出して、お声掛けさせてもらいました。

手伝いに来てくれていた大学の後輩・りょうちん。
旦那が一番仲の良かった後輩で、
唯一、卒業後もつながっているという貴重な友達なのだが、
「あの宮井さんの、こんな姿見たことない・・」
とカメラを持って、ニコやかに声掛けをする旦那の姿に
衝撃を受けていた!

私もまだ見慣れない姿。
そして、微笑ましい姿。

photo snapに快くご協力くださったみなさま、
ありがとうございました!
(タコせんをかじる素敵なお2人、偶然通りかかったとのこと!)

旦那のブログの方で、ご紹介しております。(実はすでにこっそりと・・)

38/W PHOTO. [ a day in the life. ]→ 
よかったら、ぜひぜひのぞいてくださーい。

今回の市、鮮やかな色を着こなしておられる方が
多かったような。。

素敵な方がたくさんいらっしゃって、
私はキョロキョロ、ウキウキしながら、見ておりました。

今回の開催。
初めてご出展してくださる方たちが、何名か
はるばると開催前に訪ねて来てくださり、
ゆっくりとお話をさせてもらう機会をいただきました。

ものづくりのこと。
いままでのこと。
これからのこと。

もちろん、少しの時間お話させてもらっただけでは、
そのひとのことを全て知ることは出来ないけれど、
少し交わった部分を持って、市の日に臨んだことが
空気がいつもより、やわらかくしてくれたような気がしました。

私だけの感覚かもしれませんが、
私たちがまず出展者の方と、そしてそこにお客さまが合わさって、
目に見えないこともひっくるめて、市の空気や心地よさに
きっとつながっていく。

ブースの配置についてのアドバイスや、
貴重なご意見もたくさん寄せてもらって、
反省も課題もまだまだたくさん。

2人だけでは見えないことや、足りないことを、
いろんなひとの力を借りながら、
市は続いています。
これからも続けていきます。

訪れてくださったみなさま、
本当にありがとうございました。

またお会い出来ますように。

Img_0885

[5photo.] お写真届けてくださった方、ありがとうございます。
まだまだお写真募集中ですー
みなさまのご参加、どしどしお待ちしております。

5photo

詳細はこちらをご覧くださいませ → 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_1044

次回5/19(日)開催の手づくりの市、
出展申し込みの受付は、明日3/27(水)までとなります。

どうぞよろしくお願いいたします。

出展申し込みについての詳細は、こちら → 

ありがとうございました!

Sign_2

Sign

雨予報もある中、何とか開催時間中は雨が持ちこたえ、
無事開催することが出来ました。
みなさまを出迎えるように、咲いた早咲きの桜。
市の開催の終わりを告げるように降り出した雨。

開催することが出来て、本当によかった。

雨に濡れてしまわれた方は、
どうぞ風邪など引かれませんように。

いつも遊びに来てくださる方や、
すごく久々に来てくださった方、
DMをお届けした方、
いつも日曜日だから来れなかったけど、
今回は水曜日だったから、やっと来れた!と言ってくださった方に
名古屋から日帰りで来てくださった方もおられたとか!

出展をお願い出来なかった方にも
遊びに来て頂けて、有り難く、
とてもとてもうれしかったです。

楽しんでいただけていたら、いいのだけど・・
毎回ドキドキ。。心配。

小さな市を訪れてくださったみなさま、
遠くから見守ってくださっている方たち、
出展してくださったみなさま、

3年前に市を手伝ってくれていて、
その後、ドイツ、モナコへと渡り、
久々に日本に帰って来たからと言って、
早速市の手伝いに狩り出された、大学時代の後輩、りょうちん。

私とまたまた姉妹に間違われ、大はしゃぎのおかん。
宮井の両親。

私が駐車場警備の依頼をすっかり忘れてしまい、
当日早朝の申し出にも関わらず、
警備員さんを手配くださった丸伸綜合警備さま、

そして、何よりもこの場所あっての手づくりの市、
道明寺天満宮。

今回もたくさんの方に支えて頂き、本当に感謝しております。
次の5月の開催で手づくりの市も5年目。
長く続けていけますように。

感謝の気持ちと願いを込めて。取り急ぎ御礼まで。

「道明寺天満宮手づくりの市」主催 / 宮井貴弘 美咲

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5photo

カメラを持って遊びに来てくださった方、
出展してくださった方、

あなたが撮影した市の風景を5枚、見せてくださいませんか?
[ 5 Photo. ]
3/31まで受付いたします。

詳しくは、こちら()をご覧くださーい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_0833

落とし物、3点預かっています。
お心当たりのある方は、tedukurinoichi@gaia.eonet.ne.jp まで
ご連絡くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月の市が終わったばかりではありますが、
何と!明後日から5/19(日)開催の市の出展申し込みの受付を
始めます。きゃー。

3/23(土)-  3/27 (水)の期間です。

詳しくは、[ 出展募集について ] をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市が終わって、待ち受けるバタバタな日々。
春は慌ただしく過ぎて行きそうです。
少しお時間いただきますが、後日、
市のレポートをお届けします。

余韻が残るうちにお届け出来ますように。

よかったらのぞいてください!

設置していた東日本大震災義援金箱についても
追ってご報告させていただきます。