2013.5.19 < 38_WORKS.景 >

市の運営と両立が難しい・・ので、
しばらく自分のつくるものは、
持って行ってなかったのだけど、
気持ちが整って、再びつくりはじめた服を
少しだけでも見てもらえたらうれしいな。と
久しぶりに並べることが出来ました。

Img_2054

青いテントと青い服。

Img_1761

loose
flowing
garment

ゆったりと
流れるような
衣服

市前夜、
必死のぱっちの、値つけ作業中に
偶然出会った英文の一部。

この服にぴったりな言葉。

Img_1853

後ろにも前にも、これでもか!と
ギャザーを入れている、この服。

服をつくり始めたときから、
ずっとつくり続けているアイテム。

丈を変えたり、生地を変えたり。
このシルエットが好きで。

Img_1750

手元に残ったら、こんなふうに着ようと思ってた。
(よく「どこの?」と聞かれる、お気に入りのスエットパンツは、
 journal standard luxeのものです。)

Img_1805

きりり。の黒。は、
やわらかな、あのひとの元へ。

Img_2046

値段があって、人件費があって、
1着にかけられる時間とお金はこのくらいで。

という世界から、全くかけ離れて、服づくり。
もっと早く、たくさんつくることはもう目指さない。
こういうものづくりがあっても、
いいのかなぁ。と思えたり。

そんな私と私の服を、
よく知ってくださっている方や、
この日出会えた方たちに、
手にとってもらえたことは、
やっぱりとてもうれしかった。

ありがとう。

 

Img_2043

「手づくりの市からつながる日常の風景」の表現を試みた
「a day on the TABLE.」

nestのシゲオさんがつくってくださった
鉄でつくってもらったオブジェ(!?)。

表紙のフォントが素敵に一目惚れした本は、
YOU BOOKSさんのところで見つけ、

息子のお弁当箱を。と
竹かご屋の辰巳さんにお願いした六角形の入れ物は、
今は、私の裁縫道具入れに。

深さの少しあるお皿は、
第1回目の開催で買ったもので、
それまで食器を買ったことがほとんどなくって、
「1枚2000円もするの!?」と驚いて、
買ったのを覚えている。

陶芸教室に通うお母さまが焼いたといううつわで、
とにかく使いやすく、お世話になり続けているお皿。

ゆっくりと買いもの出来ることは
なかなかないんだけど、

ここで出会ったいくつもの、
私たちの生活を支えてくれるものたち。

ものが溢れているのは、好きではないけれど、
つくり手のことを知っている「もの」からは、
つかうたびにパワーをすごくもらえていて、
私も頑張ろう。って思える。
たとえ、家に持って帰らなくても、
そういうひとたちの生き方に触れるだけでも。

そのうれしい気持ちがつながっていけば、
遠い場所にいる誰かを追い込むようなことが、
少しずつであっても、減らせるのではないか。と

298

私たちも、私たちを包むものも 
何かがそっと変わっていけばいいな。と
願い続けて、5年が経ちました。
第1回目の開催の時。
ベビーベッドをブースの後ろに置いて、
授乳しながらの開催。

息子はまんまるで、私も若い。。20代。   

Img_2055

今ではこんなに大きくなりました。

Img_1846

そして、市でみなさんに尋ねてもらった「小屋」
壁から天井まで、旦那がひとりで
悶えながら、ようやく貼り終えたところ。

屋根、外壁、天井、内壁。
これからしゃかりきにペンキ塗り。
気持ちのよい空間になりそう。(だといいな。)

Img_1838

いろいろありますね。日々も社会も世界も。
何にも出来ないな。と。
どこまでも落ち込むことも、日常茶飯事だけど、
小さな希望とワクワクを携えて、
楽しくやっていこう。と思っています。

市も38_WORKS.も。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会場に設置していた「東日本大震災義援金箱」
出展者の方がお店に置いておられる義援金箱を
私たちに託してくださったり、
お客さまにお買いもの券をお渡ししようと思ったところ、
「義援金に充ててください」と申し出て頂いたり、

少しずつの小さく温かな気持ちが、
今回は5394円集まりました。

出展料の一部と38_WORKS.の売り上げの一部も合わせ、
今回も福島県二本松市の青空市場へ
食品や日用品をお送りする手配をこれから致します。

「自分たちを見捨てずに、守ってくれる大人がいる。
 ということが伝わるとき、子どもたちに笑顔が戻ってくる。

 子どもたちに生きる希望を与えるということは、
 たとえ、医者でなくても、私たちにも出来る。」

お気持ちを寄せてくださったみなさま、
ありがとうございました。

2013.5.19景 part.3

Img_2230

鮮やかな緑の中、
気持ち良さそうなうつわたち。

Img_2234

Img_2232

Img_2205

Img_2267


Img_2214

Img_2215  

Img_2216

Img_2270


Img_2206

Img_2207

Img_2209

Img_2211

Img_2219

Img_2218

Img_2223

Img_2226

Img_2227_2

Img_2146

「うたたねさんのブースで、
 素敵なマグカップと、
 運命的な出会いを果たしました!
 

 一生ものです〜!!」

と私までうれしくなるようなご報告あり。

Img_2264

Img_2265

Img_2266

Img_2268

Img_2274

Img_2276

Img_2280

私の思いつきではじまったこの市で、
私は服を縫うこと覚え、
旦那は、ファインダー越しにひとと会話することに
喜びを見つけてしまった。

5年たった今でも、
この場所には、
まだまだたくさんの可能性が眠っているような気がしていて、
夢中で追いかけているうちは、
きっと止められない。

私たちのやりたいことを叶える場所。
自分たちの生き方を投影出来る場所。
だから、もっともっと自分たちを磨いていきたい、と
背筋がしゃんとなる場所。

そんなこの場所を誰かと分かち合えて、
誰かの小さな夢を叶えられる場所になれて、
もう本当にしあわせ。

いち生活者として、
楽しく、愉快に、美しく

この市をこれからも大切に育んでいきたいと思います。
たくさんのひとでなくてもいい。
誰かの小さな願いや喜びが
届けられる場所でありますように。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

38_WORKS. ( miyai _works. )
宮井貴弘 
  美咲
  陽音

2013.5.19景 part.2

Img_2043

Img_2286

Img_2111

ツタンカーメンえんどう

Img_2056

Img_2162

Img_2167

「ニットデザインにしなさんの黄色の靴下買いました。
 早速、次の日履いたら、
 締め付けないのに、全く崩れず、
 とてもよい履き心地!」

みなさんは、ここで何と出会いましたか?

Img_2172

Img_2174

Img_2178

Img_2318

Img_2185

Img_2187

生地屋日常さん。
前回の市で生地を購入されたお客さまが、
その生地でつくった作品を
この日見せに来てくれたんだそう。

「生地屋として、
 生地をお客さまに買って頂けるのは、
 本当に幸せです。」

Img_2248

Img_2199

Img_2183

Img_2184

Img_2192

Img_2191

Img_2195

Img_2284

Img_2130_2


Img_2236

Img_2237

前回の開催で、歯が抜けた。と報告してくれた彼女。
新しい歯がキラリ。

Img_2309

Img_2313

Img_2254

Img_2282

Img_2299

Img_2281

Img_2252

Img_2258

Img_2260

綿を紡ぎ、
植物で染めて
織って

作品は1年がかりで制作するんです。

と、ふわり笑う。

Img_2263

Img_2262

Img_2261

Img_2327

以前からお見かけしていて、
いつか撮影させてもらいたい!と思い続けて、
この日ようやく念願叶った。と旦那。

主催という立場でなかったら、
何と怪しい男よ。

Img_2305

そんな旦那は、
違ったアングルのショットを
自分のブログに掲載中。

それもとってもかわいい! (→

part.3へつづく・・今回は写真がいっぱい。