五月の土壌

Img_2858




Img_2874





Img_2877




Img_2878




あまりにひかりがきれいで、
毎日の夕方の散歩。
飽きずに毎日見とれてる。

そのひかりを受ける木々の、
1枚1枚の葉っぱたち。

Img_2896




高村光太郎の詩の一節を思い出した。



「五月の土壌」という詩

五月の日輪はゆたかにかがやき
五月の雨はみどりに降りそそいで
野にまんまんたる気魄はこもる

肉体のやうな土壌は
あたたかに、ふくよかに
まろく、うづたかく、ひろびろと
無限の重量を泡だたせて
盛り上り、もり上り
遠く地平に波をうねらす

(中略)


其処此処に萌え出る無数の微物は
青空を見はる嬰児の眼をしている
ああ、そして
一面に沸き立つ生物の匂よ
入り乱れて響く呼吸の音よ
無邪気な生育の争闘よ

わが足に通って来る土壌の熱に
我は烈しく人間の力を思ふ


(「高村光太郎詩集 伊藤信吉編より」)


Img_2886




空を一心に見つめる、つむぎの眼が、
きっとこの詩を私に思い出させた。


Img_2895


lemon paradise

Img_2865_2





先日、知人から

Img_2864_2




なぜかどっさりレモンをもらう。
(写真はこれだけだが、実際は50個以上?)
たしかにレモン好きだが・・

はて、どうしたものか・・


Img_2869




で、手始めにつくった大好きなレモンカード。

Img_2868




うまーい!

Img_2839





愛媛県で自生状態で育ったというレモンは、
香りがびっくりするほど、やわらかくて爽やか。
(弱い、ということではない)


レモンのシフォンを焼いてみた。
レモンシロップを仕込んでみた。
塩に漬けてみた。
スライスして冷凍してみた。
ともだちにおすそわけした。

中でも最近のお気に入りは、
鶏肉をレモンと塩でマリネして少し寝かし、
アメ色に炒めた玉ねぎと、
タイム、ローズマリーで蒸し煮にする「チキンのシトラスソテー」
これがごはんに合う。


ひじき、きんぴら、豆の炊いたん・・
おばあちゃん的ミヤイ家の食卓に
吹いた異国の風。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Tedukuri




TEDUKURI NO 掲示板 → up!

はじめまして。

38w




旦那の落書きを元に誕生した
「ミヤイワークス」くん。

Img_2906




旦那愛用の丸眼鏡と中折れハット。

眼鏡の角度や帽子の形、フォント・・
何体もつくり検証した結果、
最もオーソドックスなものに決定。

38_4




息子の「38」くんと共に、
これからどうぞよろしくおねがいいたします。


そろそろ・・9月の市再開に向けて、始動。

続きを読む