ありがとうございました!

Img_4434





9/28の日曜日。
1年ぶりの市を無事に終えることができました。

再開。でしたが、
前回からのつづきのようで、
久しぶりな気がちっともしない、不思議な感じで。

多分、それはみなさまが
変わらずに温かく迎えて下さったからだと思います。


場所をつくっても、
来て下さる方がいなければ、
帰って来ることも、つづけていくことも出来ないから、
この市があってよかったな。と
私たちがいちばん思っています。

うれしくって、
うれしくって、
仕方のない1日でした。


この市に携わって下さった、
全てのみなさまに深く感謝申し上げます。



ぼんやりしている頭が
少しずつ意識を取り戻し出したら、
市の景色をお届けします。



取り急ぎお礼まで。





道明寺天満宮手づくりの市 主催 / 宮井貴弘 美咲

9/28

出展して下さる
45ブースすべてのみなさまのご紹介を
ようやく終えることが出来ました。

今までお読みくださった方、
おつきあいありがとうございました。

出展してくださるみなさま、
それぞれにお持ちくださる予定の作品など
HP/blog/FBにてお知らせしていますので、
予習をばっちりした上で、

どうぞ市でのほんとうの出会いや再開を
何よりもたのしみに。



長男7ヶ月のときにはじめた市。
まだ見つけていなかった「ものづくり」のかたち。
私に関しては、自分の表現の形を模索していた頃で、
一歩踏み出したくて、
そこへ育児の行き詰まりやら、何やら。。
いろんなことがぴたっと重なり合って、
うまれたのが「道明寺天満宮手づくりの市」でした。

だから、最初は私は
それまで仕事にしていた焼き菓子を焼いて
出展してたのでした。(そういえば)

「もの」をつくるだけでなく、
「場所」をつくりたかった。


いろんなことや人との出会いで、
私は服をつくること。
旦那は写真を撮ること。に
市をはじめてから出会い、
今は夫婦ともに転びながら、
夢中で追いかけています。


1年ぶりの市。1年・・
あっというま。なような。
遠い昔のことのような。
不思議な気持ちです。

家族が増えてパワーアップしたかどうかは、
わかりませんが・・
次男坊が7ヶ月を迎え、再開する市。
今までと変わらず、
これからも家族の成長とともに、
丁寧に気持ちを込めて、
開催を続けていきたい。それだけです。


市の運営とつくるものの販売を平行して行うには、
身体ひとつではとても足りませんので、
販売は行えませんが、

38_Field.の案内や、
新しく誕生したアルバム台紙をはじめ、
これまで撮影させていただいたお写真の展示などなど。
インフォメーションブースの隣りに、
38_WORKS.の展示スペースをつくります。
(今、急ピッチで作業中。)


撮影についての詳細や
お問い合わせなどありましたら、
どうぞお気軽にお尋ねくださいませ。


その旦那は
会場内にて市の風景やお客さまの撮影に
きっと汗だくで挑んでいるはずですので、
みなさま、よかったらぜひ撮影させてくださーい。


Img_2238




Img_2305




Img_2295 (2013.5.19)





長男・はると。
市の日、実は・・日曜参観のため、
お昼過ぎから参加。

いつも手伝ってもらっている、
祖父祖母には参観に出席してもらうため、
夫婦2人+誕生した次男坊+いつも手伝いに狩り出す後輩の
4人体制で市に臨みます(ドキドキ)

次男坊のベビーシッターを
当日募集!(半分冗談/半分本気)




そんなこんなで、
家族運営のちいさな市ではありますが、
みなさまのお力をお借りしながら、
張り切って、日曜日を楽しみたいと思います。


Img_4074




Img_4079_2







では、日曜日、
道明寺天満宮でお会いしましょう!

45ブースの出展者の方たちと
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。



道明寺天満宮手づくりの市 主催 / 宮井貴弘 美咲




Img_9543





道明寺天満宮手づくりの市
2014.9/28
10:00 - 2:00


http://www.tedukurinoichi.com/




38





38_WORKS. http://38-works.com/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



●天気予報が激変した場合(雨予報の場合)
こちらにて開催についてお知らせを出します。

その際は、ご来場前にこちらのblogを
ご確認
いただきますよう、よろしくお願いいたします。



●駐車場は道明寺天満宮境内内と
少し離れた場所に臨時駐車場がありますが、
開始直後〜お昼あたりまでは、かなりの混雑が予想されます。

出来るだけ公共機関をご利用いただきますよう、
ご協力よろしくお願いいたします。

 <近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩5分>



●道明寺天満宮内は神域につき、ペットの立ち入りは
ご遠慮
いただいております。ご理解のほどお願い申し上げます。


●出展者のみなさまへ

 領収書が必要な方は、事前にメールでお知らせください。
  準備しておきます。

 当日のご連絡はお伝えした携帯/携帯メール宛へお願いいたします。
 PCメールを携帯では確認出来ませんので・・


●ごはん会に出席された出展者の方へ

 お持ち帰りいただいた名札、市当日お持ちくださーい!

Rap!Rap! / dubluvyobs / ひよこ珈琲

<9/28出展者のみなさまご紹介>



Rap!Rap!



京都の自宅工房にて、
金属を叩いて形づくる。という
鍛金技法という技術を用いて、
ものづくりしている[Rap!Rap!]山田憲栄(のりはる)さん。

何度も叩いて立体をつくるアルミのお皿は、
軽さと鎚目が織り重なった質感が
食卓に軽やかなリズムを奏でてくれて、

女性がデザインしているのですか??
と本当によく尋ねられるという真鍮アクセサリー。

Rap!Rap!山田さんの心の赴くまま、
こどものらくがき帳から飛び出して来たような、
くすっと笑顔になるブローチは、
ほぼ1点もの、一期一会。

P4170013(photo by Rap!Rap!)





初めてご出展いただいてから、約3年。
Rap!Rap!さんのつくるものは、
Rap!Rap!さん自身が行ったことのない土地の
あちらこちらへと嫁入り。


ブローチの台紙を私38_WORKS.が
デザインさせてもらいましたが、
印刷発注した枚数は2000枚を超え・・

す・・すごい!



作家活動を始めて丸4年。
始めたばかりの頃は、
つくるものに自信も持てず、
またお客さまからの反応もなく、売り上げも立たず・・

そんな中で、3年前に始めて
この市に出展して下さいました。


ものづくりの幅がぐーんと広がり、
ひとや場所とのつながりもたくさん生まれた今の活動の
きっかけになったのが、この出展だったと
振り返ります。


この市を訪れてくださったお客さまたちが
山田さんのものづくりを
大きく大きく動かしたのですね。


小さな市でもお役に立てて、うれしいなぁ。


P2050022_2(photo by Rap!Rap!)





Img_2646 (photo by 38_WORKS.)





Rap!Rap! blog → 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





dubluvyobs ダブラヴヨブス



2013年に神戸で産声を上げた
平田夫妻による小さな小さなカバンメーカー。

Simple but something funny!をモットーに
使い込むほど味の出る帆布のカバンをつくっています。

よくよく思い返してみると、
お休み前の屋内開催の市(2013.9)が
初めてのご出展でした。

お休みの間も言葉を交わしていたので、
ずっと以前から何度も出展して頂いているような気がしてた。


今回こそ、空の下で、
気持ちのよいお2人のカバンを
見ていただきたいな。


dubさんのカバンを手に入れるには、
市や各地ショップでの展示販売会へ。
ネット販売とは距離を置きつつ、
アトリエを構えたいと今は企み中。。とのこと。

打ち留めてあるカシメと、
色合わせのが織りなす
絶妙なコンビネーション。


大切なものは
しっかりdubさんのカバンに詰め込んで、
軽やかにしなやかに
人生歩んで参りましょう!


1327340694_143
(photo by dubluvyobs)





dubluvyobs blog → 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ひよこ珈琲





出展者のみなさまを決定した時から、
いちばん最後のご紹介になるような予感がしていた。


ようやくここまで辿り着いたー。



2013年12月3日
ご縁に導かれるように、
八尾市山本町にてオープンした
自家焙煎珈琲豆と喫茶のお店[ひよこ珈琲]


Dscf2713





出会いがあって、珈琲屋を。
出会いがあって、この場所で。


コーヒー豆の販売と卸
喫茶では、コーヒーがあって、
店主・吉見さんのつくる
おから焼きドーナツ。

パンを焼いていたオーブンで、
今はこの焼きドーナツを焼く。

もちろん、あのひよこの焼き印が押してある。



ーーーーーー



どこにでもあるコーヒー屋です。
とくにめずらしい豆を
使っている訳でもありません。
(あらら、へたな自己紹介ですね。。。)

焼いた豆、抽出したコーヒーは僕自身です。
個性的であったり、あくの強いコーヒーではありませんが、
気がついたら飲みほしていたような。
味がどうも思い出せなくて、
でも思い出したくて、
なんだかもう一杯飲みたくなるような。
次の日の朝、
ご主人があのコーヒーを淹れてくれよって
奥さんに頼むような。
「はじめてコーヒーをブラックで飲めたよ」って
誰かにこっそりうちあけたくなるような。
そんなコーヒーをつくりたいと思っています。
そして僕自身がそんな人でいたいと願います。


20140923_835293





お店で日曜日の準備を少しやりながら、
ああーもうすぐあの場所にいけるのかーと思うと、
じわじわと嬉しさと緊張が高まります。

こんな素敵な場所で遊ばせていただけることを
今から本当に楽しみにしています。



Dscf2724 (photo by HIYOKO coffee)





ひよこ珈琲 HP → 


おはようからおやすみまで、
暮らしとともにある、コーヒーを
木の下で、空の下で。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





Img_0023





2014.9/28(日)
10:00 - 2:00

いよいよもうすぐです。
お天気は・・今のところ大丈夫!

小雨決行。
荒天時や雨の状況によって、
開催時間や場所が変更となる場合があります。

その際は、こちらのblogにて
お知らせいたしますので、
ご来場の前にご確認いただけると幸いです。
(出展者の方もお願いします!)



Budou





9/28の道明寺天満宮手づくりの市のこと →