touch!

Img_5183




凛と空気の冷える冬に
手をあたためる、
白い息。


を纏うコート。



Img_5184




yumiko iihoshi porcelain shopで
見つけたカーテンタッセル


Img_5196





糸と糸が織りなす
白の陰影。

洗いにかけるとがさっと。
着ていくとくったりと。
生地の表情が変わる、
このリネン生地はずっと好きで、
いろんな服を形づくる。

つややかで
さらりと肌を滑る
細い糸で織られたオーガニックラミー

今日は、パーツの一部を
シルク/リネンで裁断して、
2種類のリネンを組み合わせ
シンプルで奥行きのあるギャザードレスを
縫い上げた。


つくりたいのは、
触って確かめてほしい服。

画面からこぼれ落ちる
手触りを持つ服。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Img_39361





product by 38_WORKS.
2014 - 15  W/S  小さな展示会 at 38_Field.
November 23 sun - 24 mon holiday

23 sun 12:00 - 17:00 おやつ会予約の方のみ
24 mon holiday 11:00 - 16:00 どなたでも




http://38-works.com/event.html


Photo





TEDUKURI NO 掲示板 up

http://tedukurinoichi.com/infohtml.html


11月はイベントがたくさんですね。
寄せて頂いているイベントを
随時掲載してゆきます。

明日から。

Dsc01117




この週末。
6月に田植えしたお米の
いよいよ収穫日。

ぴかぴかの秋晴れ。

Dsc01109




機械の入れないところは、みんなで手分けして手刈り。
はるとは今回も張り切って機械に乗る。

Dsc01118




収穫の数日前に田んぼにイノシシが入ったようで、
畦に植えた黒豆はほとんど食べられた!

たのしみにしていたのだけど、
自然は人間だけのものではないのだから、
お互いさま。


奇跡的に残っていた黒豆を収穫。
つむぎもお手伝い。

Dsc01068




めいっぱい働いて、
お弁当たべて、
プログラムになかった
さつまいもの収穫までさせてもらう。

立派に実ったさつまいもを
袋いっぱいと、
ブルーベリーのジャムまでおみやげにもらって、
3回のお米づくり体験はこれで終了。

たった3回しか携われていないけれど、
お米づくりへの小さな小さな一歩。


収穫したお米が届くのが
たのしみだー。

Dsc01174




そして、次の日、
旦那の撮影の予約が延期となったので、
昨日につづき、またまた明日香村へ。



Dsc01172





はるとが自転車に乗れるようになって、
念願の家族サイクリング。

Dsc01207




今日もきれいな空。
美しい景色の中をスイスイ。

Dsc01222




修学旅行生いっぱいの石舞台。

Dsc01236




ただ、走るだけで
気持ち良くて、
たのしくって、

からだいっぱいに空気を吸い込んだ。

Dsc01237




わたしたちが登れない坂道も
ぐいぐい進んでいくはると。

そのからだから
あふれるたくさんの可能性を
どんなときでも信じてやりたいと思う。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




Img_0275





11.23sun 秋の小屋のおやつ会

恐れ入りますが、
13:00の会は満席となりましたので、
受付を終了いたします。

15:00の会はまだ空きがありますので、
どうぞ。


詳細は、こちら()をご覧ください。





product by 38_WORKS.
2014 - 15  W/S  小さな展示会 at 38_Field.
November 23 sun - 24 mon holiday


23 sun 12:00 - 17:00 おやつ会予約の方のみ
24 mon holiday 11:00 - 16:00 どなたでも



Sign




道明寺天満宮手づくりの市
2014.12.7 sunday
10:00 - 2:00
OPEN

11.23 sun 「秋の小屋のおやつ会」

Img_0263






11.23/24(sun/mon)で行う
服の展示会ですが、
23日はおやつ会をひらきます。

おやつを用意くださるのは、
奈良・信貴山のふもとで、
小さな焼き菓子屋さんを営む「焼菓子木の皿」さん。

Img_0266





Img_02651





彼女とは、随分前に
市に出展してもらってからのおつきあい。

その後、いよいよ小さな焼き菓子屋さんをひらくその日、
駅から店までの長い長い長ーい坂道を
まだ幼かったはるとといっしょに
手をつないでのぼったのは、もう3年前のこと。


Img_0271





たわいもない話から、
同い年のこどもを持つもの同士の話。
進めなくなったときの背中を
どーんと押してくれる
迷いのない言葉たちと、


おつくりした服を
擦り切れても大切に着てくれる彼女に
また服をつくりだす力をたくさんもらったのでした。


小屋[38_Field.]が完成したとき、
彼女とここでおやつ会したいなーって
真っ先に。


Img_0257






あたたかいのみものを持ち寄って、
実現したおやつ会は、
想像したとおり、
ゆるやかで、
おだやかで



そんなささやかなおやつ会を
今度はみなさまをお招きしてひらきたいと思います。


Img_0259






先着順・完全予約制とさせていただき、
また、この日展示会にお越し頂けるのは、
おやつ会をご予約いただいた方のみ、とさせていただきます。

このおやつ会のご予約を38_WORKS.が窓口となり
明日10/23(木)朝10時より
メールにて承ります。


詳細は38_WORKS.HP()を
ご覧ください。


Img_9497




この季節、小屋のまわりは木々が色づき、
やわらかい光が天井から降り注ぎ、
植物はとてもうつくしい影を落とします。


そんな「秋の小屋のおやつ会」
みなさまのご参加、心よりお待ちしております。