kana∴kana / 金城貴史

<3/22出展者のみなさまご紹介>



kana∴kana



古いものと樹脂で
ノスタルジックなアクセサリーをつくる「kana∴kana」さん。


樹脂でドライフラワーを閉じ込めたものや、
ヴィンテージやアンティークのアクセサリーの手法を研究し、
アレンジして形にしたものなど、


まるで長い年月を経て、
ここに存在するかのようなアクセサリーたちは、
身につけると奥行きを与えてくれる魔法のよう。


Image




これは天然石のビーズで
リースを形取ったリースブローチ。

オリジナリティで悩んでいたときに生まれたもので、
アクセサリーをつくっていく上で、
芯となってくれた大切な作品なんです。と教えてくれました。


初めてのご出展となります。



市をつくる方々の
出展されている方々の
やわらかい あたたかな空気
自分も作り手として その空気にふれたい

 
そんな気持ち

   
私じゃ まだまだ力不足。。
もっと自分のやるべきことで見直すところはたくさんある。。。
もっと、ちからのある自分になってから。。。


でも、今年はチャレンジしようと決めたのです。
だから、えいやっと。


どうぞよろしくお願い致します。



20141117_132238_2




kana∴kana
http://www.kanakana7.com/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



金城貴史 キンジョウタカシ


「箸と小匙」として
以前に出展してくださったことのある
金城貴史さん。

すごく久しぶりのはずなのに、
久しぶりな感じがしないのは、
我が家の食卓に金城さんのつくったお箸と匙が
毎日登場するからかな。

手に持つたび、「こんにちは」と
無意識に心の中でつぶやくたびに、
あの坊主頭の金城さんと
笑顔がキュートな奥さんの顔を思い出す。


以前出展してくださるにあたり、
我が家へ作品を持って話しに来てくださったことがあった。

匙づくりを手掛ける金城夫妻が
つくるものやものに込める思いを丁寧に語ってくれて、
その日はお帰りになったが、
翌日連絡があって、ちゃんと伝えられなかった部分があったので、
もう一度行って話をしてもよいですか?と尋ねられた。

とにかく、まっすぐ。
その姿勢がとても気持ちよい。


そんな金城貴史さんがつくる匙の中で、
一番人気の匙は、ずばり、ジャム匙!

Dsc01830





「???」というような
不思議な形をしている匙なんだけど、
それは奇をてらった形ではなく、
「ジャムを最後まできれいにすくう」という目的を
追求した結果のこの形。

いろんな木から製作しているので、
その木の持つ色や木目が
それぞれに異なった表情を持っていて、
その中から、1本、
出会いを待つ感覚もたのしい。

ちなみに売れたときに一番嬉しい匙は、
食事匙なんだそう。

Jpg




定番というか、The 匙というか、
誰でも必ず使う基本の匙。

匙屋としては一番大事なこの匙、
値段のせいか、形のせいか、思うようには
なかなか手に取ってもらいづらいようで・・
だからこそ、この食事匙が誰かに届いたとき、
うれしさもひとしお。のひそかな自信作。

ぜひブースにて、一度手にとって
その手触りと佇まいを感じてみてください。




木の匙を製作していく中で、この2年間で
自分の中で大きく変わったことが一つ。


今までは材料としての木にしか関心が向いていなかったのが、
生きている植物としての樹や、
ひいてはその樹が生きている森に目が向くようになりました。


樹木図鑑を買って身近に生えている樹のことを調べたり、
森の調査や、森での実験のお手伝いをしたり、
葉っぱや木の実を拾い集めたり、食べたりしています。


そのことが製作自体にも影響を与えてきて、
今までの制作方法とは根本的に異なるやり方を学んだり、
いままで材料として見えていなかった樹種を使って
製作をするようになってきました。


木に関わる面白みが、倍増したような感覚です。
その分、勉強したいことも倍増しております。


一木工家として、製作販売だけで終わるのではなく、
生活スタンスも含めて、
森へと繋がる小さなわっかを
どうやって作っていこうかと考える今日この頃です。


じっくりやっていきます~







金城貴史
http://hashitokosaji.jugem.jp/






///////////////////////////////////////////////


季節が着々と進んでいるようで、
太陽の昇る角度が変化し、
窓から射し込む光の量がふえてきた。

あふれるように、光が舞い降りる。



小屋に来ると、

Img_69521




みなさん、

Img_92001




カラダをめいっぱい

Img_77481




動かしたくなるみたい。
(38/W PHOTO.ではポーズの強要はしておりません。)


いろんなことがわくわく。
楽しみな春です。



38_WORKS.
http://38-works.com/

kukuLu / MMM MADE / tsumugihaus / fig

<3/22の市 出展者のみなさまご紹介>


計44ブース。
市の日がやってくるのが毎日たのしみになるよう、
少しずつご紹介してゆきます。


どうぞお付き合いくださいませ。


kukuLu




銀や真鍮、銅を加工し
アクセサリーを製作しておられるkukuLuさん。
つくるのは「毎日が、ちょっと楽しくなるアクセサリー」

Img_1522




12月の市で、1番人気だったピアス。



Img_2282





チェーンやヒモを通して、
ネックレスで使ってもらえるようにつくったモチーフの数々。

中でも「小さなハサミ」が
kukuLuさんのお気に入りなんだそう。
そのハサミ。裁ちバサミや床屋さんのハサミなど
種類もいろいろ製作。

何と!薄い紙なら切れるそうですよ。

「ほんまかわいいなぁって親バカですが思います。」という言葉に
ちっちゃなモチーフに込められた大きな愛情を感じます。


去年、仲間入りしたかわいい娘ちゃんも
もうすぐ1歳。

つくるのは旦那さま。伝えるのは奥さま。
日々の足元をきちんと見つめるお2人は、
アクセサリーという
一見、生活には必要じゃないものを通じて、
本当に必要で大切なことを表現しているのかな。

そんなふうに感じています。


kukuLu blog
http://kukulu7.blogspot.jp/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



MMM MADE(エムエムエムメイド)



初めてご出展してくださる
MMM MADE(エムエムエムメイド)さん。


帆布でつくったバッグ、デニムの帽子。
コットンニットのキャップ。
オリジナルプリントのティータオル(キッチンツール)
ノーカラーのシャツなど、
布製品を主に手掛けるプロダクトレーベルで、

現在はイベント出店やオンラインでの販売を中心に、
ファッション・ライフスタイルという観点を交えながら、
ファブリックプロダクトを提案。


Img_5686_800x601




エムエムエムメイドのバッグ、といえば。の
ころんとした丸いカタチとしましまが特徴の
「DotLine Classic / Beige×Kinari」

Img_2057_640x481




こちらは製作活動をはじめた頃から
今に至るまで少しずつ改良を加え、この形に落ち着いたという
「marumado classic 」というバッグ


Img_3518_640x478




シンプルなプルオーバーシャツなどなど、
わくわくするものや、
身につけるひとによって、
いろんな表情を見せてくれるような、
余白のあるプロダクトの数々。

こんなステキなものづくりをされている方が
隣の柏原市におられたことにもビックリ!です。
(私たち、今の家に引っ越す前は柏原市に住んでた。)



MMM MADE(エムエムエムメイド)
http://mmmmade.weebly.com/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


tsumugihaus


ステキなご夫婦がつくる
いろんな色を織り交ぜて、
オーブンで焼き固めた樹脂粘土のアクセサリー。

カラフルな色合いとカタチが特徴で、
水彩画のような不思議な色合いは
その時々にしか出せない、ほぼ一点もので、

ピアスやイヤリング、
ブローチ、ヘアゴム、ヘアピン。
どれも楽しくキュートな顔をしてます。


Img_6138




アイデアが出ずに
ウンウン唸っていた時に、
ポンっとひらめいた△三角のこの子は、
tsumugihausさんのお気に入りさん。


3月の出展の後、お住まいの京都から宮崎県へ移住し、
海のそばで新たなスタートを切る
「tsumugihaus」さんご夫妻。

前回12月の市で見逃した方は、
ぜひぜひ今回手にとって、見てみてほしいです。
次、いつ会えるかわかりませんよー。



tsumugihaus HP
https://instagram.com/hiichan131/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


fig


「体が喜ぶおいしさ」をテーマに、
オーガニック、有機食材をメインに使用した
自家製グラノーラと焼き菓子の専門店。

ナッツ類、穀類、ドライフルーツはオーガニックのもの使用。


すべての素材にこだわり、
素材の良さを引き出すことと
確かな技術を持って一つ一つ
大阪府東大阪市にあるアトリエにて
手づくりしています。


イチオシは、
ドライブルーベリーと
ドライクランベリーのたっぷり入った
「ベリーのグラノーラ」とのこと。


たくさんあるグラノーラのフレーバー。
どれもお味見できますので、
お気に入りをぜひ見つけてください。
(私は12月の市で目をつけていた
「クラシックショコラ」をいただきました。
ちょっと。のつもりが、
ぽりぽりつまみ出すと止まらぬおいしさ!)

Img_0726





fig HP
http://fig.thebase.in/




////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




322




OPEN!

http://tedukurinoichi.com

続きを読む

TEDUKURI NO ごはん会 vol.2


Img_9425

先日、3/22の市に出展してくださる方たちを
[38_Field.]へお招きして、2回目となる
「TEDUKURI NO ごはん会」をひらきました。

Img_9373

Img_9381

畑に咲いている水仙でお出迎え。
とってもよい香り。

Img_9375

前回は立食だったのだが、
今回は座卓を用意。

といっても、
倉庫に余っていた足場板をコの字に組んだものを
いくつかつくって、座卓の脚に。
その上に、長細くカットしたコンパネを乗せただけの
簡単机なんだけど。

Img_9392

まだまだ寒い時期なので、
あたたかいものを・・ということで、

CURRY PARTY!  

by sai deri and eat

 

と題して、
道明寺商店街内にあるお惣菜やさん「Sai deri and eat」さんの
和風カレーのケータリングを依頼。


Img_9388

Img_9408

Img_9417

Img_9418

3時間(!!)かけて来てくださった
出展者の方も合わせて、

Img_9499

Img_9402


Img_9400

Img_9429

総勢30名の会となりました。

Img_9434

今回はそれぞれつくっているものを持参してもらい、
誕生日順に自己紹介をしていただきました。

Img_9446

どんな思いでつくっているのか、
大切にしていること。

緊張しながらも、紡ぎ出される嘘のない言葉に
耳を傾ける、みなさんのやわらかな顔

Img_9480

Img_9466

Img_94561

Img_9479

Img_9415

Img_9505

Img_9426

ある時は、美容師としてこの小屋へ。
そしてある時は、こうやってケータリングしに
この小屋へ。

いろんな形で、
私たちの活動に力になってくださっている
実和(38 )さん。
( 注:年齢じゃないよ。「みわ」ですよー)


Img_9394

じっくり煮込み、じっくり寝かせて。

3日かけてつくり出す、
お出汁のきいたやさしい味わい。

宮井家大好物!のSai和風カレー。

 

Img_9391

こうして、みなさんが自己紹介を終える頃には、
お昼ごはんもスタンバイ完了。

Img_9380

和風カレーのトッピングに、と
Sai名物の揚げ物4種と
サラダ2種、ピクルス2種。

と私たちの依頼に120%・・いや、200%!で
メニューを用意してくださった
Saiさんの心意気に感激。

見習わなくっちゃ!でございます。

Img_9487

Img_9379


Img_94881


Img_9396


Img_9491

「おやつは別腹」

おやつは、初めて出展してくださる
[BG muffin]さんのマフィンと、
2年ぶりの出展となる[humming bird]さんのクッキーで。

どちらも電車&バス&徒歩の道のりを
運んで来てくれました。



お腹もココロもほんとうにいっぱい。



Img_9424

この日、つむぎは旦那にお任せ。
ヨーグルトを加えてある、という
クリーミーでおいしかった、
かぼちゃのサラダを
おかわり4回、平らげたつむぎ。

マリネのサラダもおいしかったー。


旦那、抱っこひもに抱えながらの撮影、
ご苦労さまでした。

文句言いながらも、机つくってくれてありがとう。
 

Img_9406

はるとも折り紙やら、バレーボールやら、
めいっぱい遊んだのが、よっぽど楽しかったようで、
宿題の日記帳にもこのことを書いていました。

遊んでくれたみなさま、ありがとう!

Img_9382

この小さな市に何が出来るかな。
そんなことばかり考えていたら、
言葉があふれ出した。

後で振り返ってみると、少し恥ずかしいくらいだけど、
そんな言葉や思いを丁寧に掬い取ってくださる方たちと
出会える場所があって、よかったなぁ。と
心から思う。


ありがとう。ありがとう。



出展してくださるみなさまとともに
3/22の市、気持ちのよい空間にしたいな。と
思っています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ごはん会の次の日、そして次の日。
夫婦共、無事に(!?)1つ年を重ねました。

34歳 / 35歳

40までに形にしたいこと、
しなきゃいけないことがあります。
ぎゅぎゅっと凝縮した日々を重ね、
もっと精進。力をつけなきゃ。

そして明日は結婚記念日。
9年目に突入ー


そして、明日より出展者のみなさまのご紹介、はじめます。
お楽しみにー