dubluvyobs /ふたば工房 / nest

<12/6出展者のみなさまご紹介>

-

dubluvyobs

Img_4456

「simple but something Funny」をモットーに、

2013年、神戸で生まれた

平田夫妻による小さなカバンブランド

「dubluvyobs(ダブラヴヨブス)」さん。

-

長くバンド活動を共にしてきたお2人。

旦那さまが裁断し、

奥さまが縫製。と作業は分担し、

2人でひとつのカバンをつくり上げているんだそう。

Dub2(photo by 38)

ニュアンスのあるカラーの

組み合わせからなるカバンの種類は無限∞。

同じカバンでもガラリとイメージが変わる。

お客さまからのカラーオーダーに

自分たちでは思いつかないような、

新鮮な発見と歓びがあるんだそう。

-

ロウ引きの帆布をつかったカバンは、

はじめは硬く、ゴワゴワした手触り。

それが使い込むほどに、履き込んだデニムのように、

柔らかく、そしてシワが刻まれていき、

表情がぐっと良くなっていく。

-

つかう人の形になっていくカバンたち。

-

ものづくりを行う上で、

「自分らしさ」として大切にしてること。

-

1.何か壁にぶつかったとき、

 ものづくりを本格的に始める前に、

 大切に育ててきたアイデンティティやこだわりを

 覚悟を決めて破壊し、前に進むこと

2.自分だけが自分をつくりだしている訳ではないので、

 いつも周りに感謝し、それを表現するよう努めること。

3.反骨精神を忘れないこと。

Dub1

(photo by 38)

これからもあれこれ冒険。

楽しいものづくりを颯爽と。

-

-

dubluvyobs

http://white96anddubluvyobs.blogspot.jp/

-

-

----------------------------------------------------------------------------

-

-

ふたば工房

Img_3838

前回9月の市では、

およそ200キロの道のりを経て、

出展しにやって来てくださった「ふたば工房」さん。

-

2人の娘さんのお父さん。でもある、

木地職人の井筒さん。

工房の前の道を車が通るより、

イノシシが通る方が多いほど。という

岐阜県の町にある奥さんの実家で、

お椀やお盆、皿やコップなどを挽いて

暮らしておられます。

-

つくるのは、生活道具。

普段何気なくつかっているものばかり。

そして、誰もが持っているもの。

-

誰かの生活の中に、

ほんの少しでも入りたい。

その思いの中に生きるヒントを見つけ、

デザイン、木地成形、塗りなどの完成までの工程を

一貫して制作しておられます。

-

前回の出展を踏まえ、

場所も雰囲気も少し理解した上で、

もう一度やってみたい。

もっと、うまい見せ方があったんじゃないか、と

反省と前進をしたい。との思いで、

再び、長旅を決意してくださったようです。

-

こんな小さな市に

可能性を見つけてくださること、

ほんとうにありがたいなぁ。

Img_4169

1枚のお皿の上に

遠く離れた場所を思い描く。

-

-

ふたば工房

http://futabacraft.blogspot.jp/

-

-

---------------------------------------------------------------------------

-

-

nest

藤井寺市のお隣、八尾市にある工房で、

木と鉄をつかった家具や小物、

スツールに貼った残りの革で小物をつくったり。

の「nest」さん。

-

なくてもいいけど・・あったらいいな。

お客さまからのオーダーをいっしょに形に。の

受注による制作を基本に活動しておられますので、

完成したものがずらりと並ぶ市は

とても貴重な機会。

Img_1613

nestさん。今年最後の市で、

何かを掴んで締めくくりたい一心で出展。とのこと。

訪れたお客さまにも、何か掴めますように。

-

-

木×鉄×シゲオ

nest

https://www.facebook.com/nest.jp

-

-

-------------------------------------------------------------------------------

<12/6 手のひらビスケット 特別販売>

IMG_9388.JPG


毎回好評の「TEDUKURI NO 手のひらクッキー」

今回は、5月の市にcobotobakeryさんとともに、

”粉日”として出展してくださった

「おやつ屋kiji-」さんに

つくっていただけることになりました!

(本当は、“粉日”さんとして出展していただく予定でしたが、

諸事情により出展できなくなってしまいました・・

ですが、手のひらクッキーで参加してくださいます。わぁーい!)

-

「おやつ屋kiji-」さんが、

定番でつくるビスケット。

-

小さな手のひらビスケットにして、

メープル、チョコ、紫芋の3種類。

12月6日開催にちなみ、

126えんでインフォメーションブースにて販売いたします。

-

「みんなで少しずつ、

微力かもしれないけれど、

日々行動していきたいです。」

そんな思いを込めて。

-

いつも市開始早々に売り切れてしまう、

幻の手のひらクッキー。

今回は、kiji-さんに

いつもより多めの手のひらビスケットを

ご準備いただく予定ですので、

ぜひぜひみなさんの手へ届きますように。

-

たべるひとのうれしさが、また誰かに届きますように。

売り上げの一部を東日本大震災義援金に充てさせて頂きます。

2015126dm

12/6の市のこと

http://tedukurinoichi.com/pg162.html

油屋マルキチ / MONIQUE CAFE / 今田自然農園 / kukuLu

<12/6出展者のご紹介>

油屋マルキチ

元禄2年(1689年)に創業した老舗の油屋さんが展開する

「油屋マルキチ」

-

イタリア・シチリア島へ、

オリーブオイルソムリエの資格を持つスタッフが、

足を運び、生産者とやりとりをしながら、選んだ

品質の高い美味しいオリーブオイルを

日本で紹介しています。

-

EU・イタリア有機認証を取得した

EXVオリーブオイルは味も香りも深みがあり、

ひとさじで、料理をワンラックアップ。

-

たくさんある中からどれを選んだらよいのか、

迷ってしまうオリーブオイルを

ブースでは、マルキチさんが

それぞれのオイルの特徴を丁寧にご紹介。

-

どうやって使うの?

どんな料理につかったら美味しいの?

-

ぜひお味見しながら、

今まで知らなかったオリーブオイルのおいしさに

出会ってください。

Dsc01034

今年の秋に搾ったばかりの

オリーブオイル”ノヴェッロ”が、

イタリア・シチリアから到着。

この時期にしか味わえない特別なオリーブオイルなんだそう。

ギフトボックスもご用意。

-

とっておきのプレゼントにぜひ!

-

-

油屋マルキチ

https://www.facebook.com/omoroimon

-

-

-----------------------------------------------------------------------------

-

-

MONIQUE CAFE

「毎日通いたくなるようなお店を地元につくりたい!」

と岡田さんが堺市にオープンした「モニークカフェ」

-

卵や乳製品をつかわず、

身体に負担を掛けずに沁み渡るおいしいものを

出来合いのものをつかわず、

どのメニューもイチから丁寧につくり、提供しておられます。

-

お店では、モーニングから、

オーガニック野菜をつかったランチ、デザートまで、

どんな時間帯に訪れてもおいしいものがスタンバイ。

Photo

お店ではイベントもひらかれ、

先に紹介した油屋マルキチさんの

ワークショップは大人気なんだそう。

001

市には、

卵・乳製品をつかわず焼き上げた

お菓子やグラノーラのほか、

今回の冬の市には、

お野菜をつかった温かいスープもご用意してくださる予定。(わぁーい!)

-

時間をつくって来てくださった方に

がっかりしてほしくないので。

といつもたくさんのお菓子をつくって来てくださいます。

-

「開催の終了までお菓子があるから、

 人気のないお店だと思われてるかもしれませんね(笑)」

とモニークさんはおっしゃるけれど、

その温かい気持ちはちゃーんとお客さまに届いているはず。

-

-

おいしい。にはいろんな形があるけど、

アレルギーがあるひと、ないひと関係なく、

どんなひとにも、「おいしい」が届きますように。

Img_6724

モニークカフェ

http://www.monique-cafe.com/

-

-

-----------------------------------------------------------------------

-

-

今田自然農園

-

2010年の春に、大阪府千早赤阪村に開園した

「今田自然農園」さん。

-

金剛山の麓、湧き出る水や澄んだ空気の中、

農薬や化学肥料をつかわず、

健康なお野菜をつくることを志しています。

-

年間50種類以上のお野菜を旬に則して育て、

畑を丸ごと食べるひとへ届ける。

-

遠くから運ばれて来た野菜ではなく、

採れた場所から、時間から、

できるだけ近いところへ

-

普段は決まったお客さまへの宅配が中心だという

今田自然農園さんのお野菜を

いただける貴重な機会となりそうです。

初めて私たちの市にやってきますよー。

-

-

今田自然農園

http://imdfarm.com/

-

-

--------------------------------------------------------------------------------

-

-

kukuLu

Img_5733

季節や日々に合わせて。

とお野菜を育てるように、

アクセサリーをつくっている

(ように私には感じられる)

「kukuLu」さん。

-

旦那さんが制作し、

奥さまが販売しています。

かわいいあんずちゃんは、

うちのつむぎと同じ、年が明けたら2才。

-

鍛造などで量産するのではなく、

その時の感覚で切り出し、叩き、つくる。という

”毎日が、ちょっと楽しくなるアクセサリー”

-

同じものをつくっても同じにならない。

それぞれアジがありものをつくりたい。

-

制作だけでなく、日々のすべていろいろが、

つくるものに現れ、自分らしいアジが出るように思うので、

「どう生きるかが、ものづくり」やなぁ。と思う。

-

日常の忙しさにせかせかしながらも、

1日1日を謙虚に大切に生きたいと思います。

Img_5465

ぐるぐるネックレス

-

-

kukuLu

http://kukulu7.blogspot.jp/

-

-

-

-----------------------------------------------------------------------------

<番外編>

Img_1265

kukuLuさんがブログに書いてくださっていましたが、

秋の始めごろ、小屋で

kukuLuさんご家族のウェディング写真を

撮影させていただきました。

-

この日はあいにくの雨・・でしたが、

一瞬の雨の止み間を見つけて、

ドレスが汚れないよう、道にコンパネを敷き、

実り始めた大きな柿の木の前で撮影を決行。

-

お友達の方が束ねた草花のブーケと、

鮮やかな赤のリップ。

雨の雫を含んで、みずみずしい緑。

照れながらも、柔らかい表情のご夫婦。

やんちゃなあんずちゃん。

-

ご家族らしく、

また、この場所らしいウェディングのお写真に、

端から見ていた私は心が震えてしまいました。

-

風合いのあるリネンやコットン、シルクなど

簡素ながらも美しい布で、シンプルなドレスを

纏うひとのためにおつくりし、

旦那が写真を撮る。

-

この場所にある草花を

あのひとにそっと束ねてもらうのも素敵だな。

-

いつか、いつか、

技術をもっと身につけて、

そんな風景をあの小屋で実現出来たらいいな。と夢見ている。

-

撮影させて頂いたウェディング写真

38/W PHOTO.galleryに掲載していますので、

チラリご覧になってみてください。

http://38-works.com/start.html

ちいさな石窯ぱん工房 えん / キトキとウース

<12/6出展者のみなさまご紹介>

ちいさな石窯ぱん工房 えん

Img_20150823_065054

奈良県桜井市、

長谷寺の近くにある「ちいさな石窯ぱん工房 えん」さん。

金、土、日の週3日間だけひらくぱん屋さんは、

先日、オープンして一年を迎えられたばかり。

-

ぱんづくりが楽しくて大好きで、

地震が起こったら、真っ先に酵母を持って逃げます。

という店主が、

愛情をたっぷり注いで、焼き上げるぱんたちは、

食べたひとが元気になれるぱん。

-

本格的なパンづくりや、

修行らしい修行をしたことがなく、

技術的にも未熟だという思いが、

お店をオープンさせてからも、コンプレックスにあって。

-

だけど今は、

逆に修行していたら、

性格的に「これはこうしなきゃ!」と思い込んでしまって、

新しいことができなかったかもしれない。と

思うようになったんだそう。

-

修行したひとたちから見たら、

邪道だと言われることも多いかもしれないけれど、

コンプレックスがあるからこそ、

常に冒険心を持って、新しいことをやっていけるんだ。と

自分に言い聞かせながら「ぱん」をつくっています。

-

だから常に大事にしていることは、

この「コンプレックス」かもしれません。

いつも食べてくれる人たち、支えてくれる人たちに

恩返しするつもりでぱんをつくりたいです。

-

というえんさんの言葉。

-

服飾学校を出たわけでも、

アパレルで働いたことがあるわけでもない私が、

わからないことだらけの中、

自分の「好き」や「楽しい!」を追いかけて、

夢中で服を縫いつづけているように、

えんさんも、きっと夢中で、

石窯と向き合い、ぱんを焼いているんだなぁ。と思うと、

勝手に心強く感じて、「がんばろうっと」と勇気が湧いてくる。

Img_20150905_084644

あぁ、つくるひとの笑顔が

そのままぱんになったような、

あの元気がもらえるぱんを

また食べたいな。

Img_20150725_085243

ちいさな石窯ぱん工房 えん

http://hasunomi.exblog.jp/

-

-

------------------------------------------------------------------------------

-

-

キトキとウース

青空写真館や写真雑貨の製作活動を行う

まさきさん、きよこさんご夫妻による

写真ユニット「キトキ」さんと、

最近になって、いっしょにギターを始めたというご友人の

樹脂アクセサリー作家の「ウースours」さんが、

今回、いっしょに出展してくださることになりました。

Dsc_0486

私たちの市には初めてのご出展となる、

「ウースOURS」さんは、

液体の樹脂や樹脂粘土、

透明になる樹脂粘土をつかって、

絵を描くようにものづくり。

-

どこかにあるもの。ではなくて、

自分でいちからつくりだすものを。

そして何より「自分が楽しんでつくること」

誰かに媚びることなく、

自分が楽しんでつくったものを見てくださった方が、

同じように楽しんでくれることが、

本当にうれしい。と

1つ1つ作品をつくっておられます。

-

そんなウースさんの作品が大好きだという、

「キトキ」まさきさんときよこさんご夫妻。

-

写真を撮ることはもちろん、

きっとひとが大好きで、

お2人の前だと勝手に笑顔がこぼれてしまうから不思議。

-

お2人それぞれのあたたかな眼差しで

姿を切り取ってくれる「青空写真館」は、

事前予約なしで、ブースに来られた方から順番に

道明寺天満宮内のあんなところ、こんなところ。で

撮影してくださいます。

-

写真でのお渡しに加え、

この日撮影した12枚の写真を貼って完成させる、

オリジナルカレンダープランもご用意。

(宮井家もちゃっかり混ざっています。)

Img_1312

写真はカレンダー台紙から取り外せるので、

1年間カレンダーとして使った後は、

写真だけフレームにいれて飾ることが出来ます!

(これ、キトキさんのおすすめ!)

Img_1293

Img_1318

私たちの写真を、年賀状で使っていただいたり、

年始におじいさんおばあさんにプレゼントしたり。と

幅広く使っていただけると嬉しいなぁ。と思ってます。と

キトキのお2人。

-

写真を撮らせていただいた方は、

「お客さま」ではなくて、「家族」!

-

-

-

OURS http://ours3.ciao.jp/

キトキhttp://masatokiyo.exblog.jp/

-

-

-----------------------------------------------------------------------------

237a0213

道明寺天満宮手づくりの市

2015.12.6sun

10:00open