2016 october 28 fri - 29 sat - 30 sun

237a6417

製作している服の、

1年に1度の展示会を

気候のよい秋の日を選んでひらき始めて、

今年で3回目。

-

今年は、「shikafuco」さんと「お茶とお菓子 春色」さんとの

3人で、空間をつくろうと、

半年以上前からイメージを分かち合い、膨らませて来た。

展示会をいよいよ来月に控え、もう一度小屋にて打ち合わせ。

237a7333

真っ白で、

光の降り注ぐこの空間で、

彼女が感じることを、そしてその表現が見てみたいと思っていたから、

その時が来るのを静かに待っていたのかもしれない。

-

sense of wonderに耳を澄まし、

形に落とし込むひと。

237a7332

237a7336

237a7337

春色さんは、春色さんになる前から、

知っている。

こんな日がやってきて、ただただうれしい。

237a7341

237a7347

3日間の展示会。

深呼吸の速度で空間を味わってもらいたくて。

という私の願い。

-

1日だけでもよいのですよ。と何度も伝えたが、

彼女は3日間、お菓子を焼いて来てくれるという。

-

試作してきてくださった焼き菓子。

ローズマリーがふわりと香る。

-

-

237a7351

product by 38_WORKS.collection

2016 服の展示会 at 38_Field.

october 28 fri - 29 sat - 30 sun

11:00 - 16:00

Guest_1 shikafuco / Guest_2 お茶とお菓子 春色

-

-

展示会のDM。

ご希望の方には郵送いたします。

miyai_works@yahoo.co.jpまでお知らせくださいませ。

-

-

Photo

http://38-works.com/pg230.html

A step a day.

237a7171

市が終わって、1週間。

夕方、散歩に出掛ける心の余裕が生まれ、

ほんの少し、ホッと。

-

どんなときも、

どんなことも、

心の持ちよう1つ。

今年は格闘の1年。

-

本日より、

12/4(日)開催の道明寺天満宮手づくりの市の

出展申し込み受付が始まりましたー。

-

10/2(日)までとなりますので、

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

<出展について>

http://www.tedukurinoichi.com/syuttenn.html

-

市で[TEDUKURI NO BOOK]をお渡し出来なかった方へ、

本日、発送させていただきました。

お手元に届くまであと少しお待ち下さいませ。

-

BOOK製作へ支援くださったみなさまへ

BOOKをお届けした後、

発送での販売を受付したいと思います。

来週あたり、ご案内いたしますので、

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

237a6447

年末まで駆け抜けてゆきますよー。

このデカ足で。

出張・手づくりの市 景 vol.2

Dsc_9204

Dsc_9180

Dsc_9169

Dsc_9163

Dsc_9159

Dsc_9149

Dsc_9153

Dsc_9156

Dsc_9114

Dsc_9093_2

Dsc_9129

Dsc_9124

Dsc_9140

Dsc_9173

Dsc_9073

Dsc_9076

Dsc_9084

Dsc_9071

Dsc_9192

Dsc_9196

Dsc_9197

(平蔵さんから素敵なプレゼントをもらいましたー。

後日、ご紹介しますね!)

Dsc_9198

(all photo by KAWABATA YUKO)

私たちの認識の甘さにより、

クリーンピアの方、

クリーンピアをご利用しに来られた方、

クリーンピア周辺の方に多大なご迷惑をお掛けしたことを、

改めてお詫び致します。

(事前の駐車台数のご案内に誤りがありました。

そのため、大変なご迷惑をお掛けしてしまったこと、

重ねて深くお詫び致します。)

-

クリーンピア館長の藤田さんには

惜しみない協力を賜りながらも、このような状況を招いてしまい、

「もう使用しないでください。」と言われることを覚悟で、

開催終了後、お目にかかると、

「いろいろ不手際はありましたけど、

この施設を知ってもらえるよい機会になりましたから。

次は、このようなことにならないよう、対策をしましょう。」と

涙が出るようなお言葉を掛けてくださいました。

-

またご厚意に甘えてよいものか、

今は申し訳ない気持ちが先に立ってしまい、

開催できたうれしさと入り交じって、何とも複雑な気持ちでいますが、

主催している責任を噛み締めながらも、

開催をつづけていくからには、最大限の努力を尽くしたいと思います。

-

この市を温かく見守ってくださるみなさまのお力も

大いにお借りすることになるかと思いますが、

これからもたくさんの方と手を携えて、

みなさまといっしょにこの市を大切に育んでいきたいです。

-

より大きくなることを目指すのではなく、

より深く深く。

-

イベントが消費されているように感じ、

意義が見いだせない時は、心が折れそうになりますが、

こうやってたくさんの方に支えられて、

この市を続けて来れたことに感謝して。

さて、次に向かいますよー。

-

12/4(日)

次は晴れますように!

-

-

Sign

来週9/26(月)〜10/2(日)の期間で、

出展募集を受付いたします。

今回お休みされた出展者さんには、

12月の市へ出展を振り替えていただきますので、

通常より出展枠が少なくなりますこと、

あらかじめご了承くださいませ。

Book

スペースの都合上、通路でひっそり販売していた

<TEDUKURI NO BOOK>

-

手に取ってくださった方々、うれしい感想を届けてくださった方々、

ありがとうございました。

-

3ヶ月に渡り、格闘したBOOKは、

出来上がると、とても薄くて、

市販の本と比べると、貧相かもしれませんが・・・

見逃すところのない、この市のように、

読み飛ばすところのない、BOOKだということで、

何度も何度もページを往復して、

行間に漂う、取材させて頂いた方たちの思いを

少しでも感じ取ってもらえたら、と願っています。

-

引き続き、12月の市でも販売予定ですが、

その前に発送での販売も受付したいと思います。

詳細につきましては後日、ご案内させていただきますね。