construction.

何の前触れもない、つむぎの発熱も

ようやく下がり(もう何度もあるので、だいぶ慣れてきた)

元気に登所。

-

「もう!何でこんな時に!」と思って、

作業が滞ってしまうことを嘆いたところで、

つむぎにとっても、私にとっても不幸なだけなので、

いっしょに過ごせる時間をゆっくり味わおうと

覚悟を決めると、穏やかに過ごせた。

(つむぎが今お気に入りの絵本「ピカゴロウ」を

ひたすら読まされる。50回は読んだのではなかろうか。)

-

かわいい、かわいい息子たち。

物事を違う方向から見る訓練を

今、積み上げている最中。

237a7568

自宅へミシンを持ち帰り、お昼寝中に縫製を少しでも進める。

墨黒のpajamas coatが縫い上がった。

237a7574

k-ship文化祭でお披露目したお包みは、

全てどなたかの手に届けられたようで(ありがとうございます。)

次は展示会に向けて、coatと同じ生地で小さなお包みをつくる。

shikafucoさんのアクセサリーをつつむお包みを

地面に雨の雫が広がるように、並べてみたいと今はイメージするのだけど、

その時が来たら、どんなふうに感じるだろうか。

-

全ての要素が心地よく調和しますように。と願いながら、

天の邪鬼な私は、

ほんのひと匙の違和感も置いてみようかとも思う。

-

土、樹々、

古くから伝わる歴史ある場所

人工と自然

その人工の中にも芽吹く生命

自分の感覚を確かめながらの採集

237a7570

まるで月の表面のような、

shikafucoさんのイヤリング。

(怖くて、ピアスが開けられない。)

-

私の数少ない、装身具。

-

-

Photo

来場の際は、ご予約は不要ですよー。

http://38-works.com/pg230.html

<special made>

237A7336.JPG

shikafuco / accessory,installation  

http://shikafuco.blogspot.jp/

237A7347.JPG

お茶とお菓子 春色 / dessert,drink  

http://haruiroemi.exblog.jp

「秋のお菓子と珈琲を」
小屋の内外のお席にてお召し上がりいただけます。
28fri - 11:00~ / 29sat - 13:00~ / 30sun - 13:00~

※お菓子をご用意するお時間が日によって異なりますので、

ご注意ください。