咲たこ / キムチ工房gokan / 菅原顕悟

<2016.12.4出展者のみなさまご紹介>

-

-

ーーー

咲たこ

ーーー

Photo_2

京風だしをしっかりと効かせた生地に、

低農薬栽培の京都・九条ネギと国産小麦、

天然着色の紅ショウガを加え、

銅板で焼き上げる「咲たこ」さんのたこ焼き。

-

身体にやさしく、おいしい「京風たこ焼き」のお味は3種類。

◎ぶっかけネギだし醤油

 京都九条ネギをたこ焼きの上にたっぷりと。

特製だし醤油をぶっかけていただきます。

◎オリジナルソース

昔ながらのたこ焼きソース。不変のおいしさ。

◎甘辛ソース

絶妙なピリ辛が食欲をそそります。

-

-

市でご用意している唯一の温かい食べもの。

出来立てアツアツを。ハフハフと。

出展予定だった前回の市から振り替えてのご出展となります。

-

-

-

http://www.facebook.com/kyotosakitako

-

-

-

ーーー

キムチ工房gokan

ーーー

Img_1722

キムチ屋さんを営んでいたというお母さまの味を受け継ぎ、

丁寧に漬け込んでつくるgokanさんの「手づくりキムチ」

-

白菜や大根、キュウリや小松菜など

野菜を漬け込んだキムチや、

スルメ、イカキムチなどなど、

メニューもたくさん。

B1fc2de1250a4aa8bb7564aa0f4cfd7c

以前出展していただいた際、

うちのはるとが知らない間に大量に試食していたらしく、、、

後で聞かされてビックリ。

-

そして、何より

市販のものは添加物も多く、

子どもにとっては、まだ辛いだろうから、、と

はるとには食べさせたことはないはずのキムチ。

-

「おいしかったから、止まらんかってん。」

と、うれしそうに言うから、さらにビックリ。

gokanさんのキムチはどうやら違うらしい。

-

-

お客さまがもちろん優先なんだけど、

買えたらいいなぁ、、とこっそり。

-

-

-

HP

http://gokan-osaka.jimdo.com/

Instagram

http://instagram.com/gokan0530

-

-

-

ーーー

菅原顕悟

ーーー

F0238042_144567

奈良・御所に工房を構え、

作陶活動を行う「菅原顕悟(すがわらけんご)」さん。

-

いろんな種類のうつわに取り組んできたけれど、

赤土に白い化粧土を掛けてつくる「粉引」が好きで、

窯出しのときも1番ワクワク。

つくるうつわの99%が「粉引」のものなんだそう。

-

どんな料理も大らかに受け止めてくれて、

気づくと手に取ってしまっているうつわ。

使ってみてわかる良さ。を感じるうつわ。

-

前回の市、たくさんの方がうつわを手に取ってくださったとのことで、

自分のつくっているうつわの方向性を再確認し、

うつわづくりのパワーがますます沸いて来た。という菅原さん。

-

うつわの準備も、こころの準備も

日々のトレーニングも、

丁寧に取り組み、迎える12/4の市。

-

どうぞお楽しみに!

-

-

-

16124font

今日はグラデーションが美しい夕暮れでしたね。

川沿いを帰り、橋を渡る時、

目の前に広がる夕暮れが、

ほんとうに美しく、

橋を渡り切るのが惜しいくらいに。

-

4日も澄み渡った空気でありますように。

-

<12/4の市のこと>

当日のmapを掲載いたしました。

サイズが小さくて少し見にくくてすみません!

テントの設営状況等により、当日急遽、配置変更となる場合もあります。

その場合はどうぞご容赦ください。

-

(出展者のみなさまへ)

ご要望も踏まえ、配置いたしましたが、

もし不備等、何かありましたら、宮井までお伝えくださーい。

椅子ノ杜 五郎 / shikafuco / enn

<2016.12.4出展者のみなさまご紹介>

-

-

Img_0680_2

ーーー

椅子ノ杜 五郎

ーーー

兵庫県篠山市に工房を構え、

家具や木工小物を製作している「椅子ノ杜 五郎」さん。

Dsc_0053

この手でつくっています。

Img_2001

新しいドリップスタンドの販促として、

出展中、時々、コーヒーを淹れます。とのこと。

-

-

先日、工房へお邪魔してきました。

想像以上に広い!元小学校の講堂。

まだまだ未完成だからこそ、

よりいっそう、胸が高鳴ってしまうような。

そんな場所。

-

以前出展してくださった頃から、

少しずつ、状況が変化しつつあるように感じる。という五郎さん。

-

ブースで、同じものづくりをしているであろう人たちも

よく見かけるそうだけど、

五郎さんがつくり出すものを、見て持ち帰り、

一部だけ取り出し、焼き直したところで、

きっと全く別のものになるんだろう。

-

そうだとわかっていても、

身体全部の感覚をひらいて、感じたい

五郎さんの世界観。

-

-

-

http://www.eonet.ne.jp/~montagnana/

-

-

-

Img_5303_3

ーーー

shikafuco

ーーー

陶器のアクセサリーや小さなオブジェ、

木版画のポストカードを手掛ける「shikafuco」さん。

Img_5603

「shikafuco(シカフコ)」とは、

家族全員の名前から1文字ずつ取って、

並べて付けた名前なんだそう。

-

見えない生命を思う。

shikafucoさんの感覚と、

手から導かれるものと、

交ざり合ってうまれる繊細で力強い色。もの。

Img_5463

土の装身具

-

土のもつゆるぎない存在感。

いのちの始まりであり終わりでもある。

-

私たちの細胞に刻まれた根源的な記憶に、護られる装身具。

Img_5694

12月の市には、

澄んだ空気の中、耳を澄ましてようやく感じ取れるくらいの

息づかいのあるものをお持ちしたいと思います。

-

-

-

http://shikafuco.blogspot.jp

-

-

-

ーーー

enn

ーーー

Img_4157

奥丹波の里山で栽培した藍や、

季節の草木を採取し、

その色を無限に引き出せるよう、

ゆっくり愛情いっぱいに染め上げられた布と

その布でつくる身に纏うものたち。

-

「縁∞」として、出展してくださっていましたが、

”みどり”と読まれてしまったり、書かれたりしたため、

誰でも読めるように。と。

このたび、「enn(エン)」と表記を変更。

-

藍の色、植物の色。

ゆたかな冬の色。たくさん見ていただけますように。

-

-

-

 http://instagram.com/enn.kusakizome

-

-

-

124

ennさんから「MVP」をもらった(わぁーーい!)

今回のDM。

-

このちょっと変わった毛糸をつかって、

237a6841

市でつかうロープを

237a6842

みなさん、編みませんかー??

-

-

TEDUKURI NO STAFF

kotan presents

”市でつかうロープを

編もう!”

-

WORKSHOPの詳細は、

<12/4の市のこと>

http://www.tedukurinoichi.com/pg162.html

-

-

大きい手。小さな手。

いろんなひとの手を伝った、

市をつくりたいです。

-

-

ーーー

ご案内

ーーー

出展者のみなさまが、

この4時間の開催のためにつくってきてくださったものを、

丁寧に並べる時間を確保するため、

そして、10時から気持ちよく開催をスタートするために、と

10時の開催スタートまでは、

ブースのある市の空間を、ロープで区切り、

入場をロープ手前でお待ちいただいています。

-

道明寺天満宮本殿への参道は自由に行き来出来ますので、

10時開催スタートまでは境内内を

どうぞゆっくり散策してお楽しみください。

237a1857

「おじいさんの木」のクスノキ。

てっぺんにトトロがいるんじゃないか!?と

思わず目を凝らしたくなるような、

大きな大きな木がありますよー。

-

-

ーーー

おじいさんの木

ーーー

「地域で大切にされている大きな木」

「珍しい木」「由緒、謂れのある木や愛称のある木」など、

その地域の人々の心と共に生き、歴史を見守ってきた

老木や巨木・名木「おじいさんの木」として登録。

道明寺天満宮には4本の「おじいさんの木」があります。

革もの工房tickle / ベーグルショップ Le bage / Atorium38

<2016.12.4出展者のみなさまご紹介>

-

-

ーーー

革もの工房tickle

ーーー

Dsc04789

革のカバンや、帆布×革のカバン。

財布やキーケースなどの革小物を製作する

「革もの工房tickle」宮崎夫妻。

-

旦那さんが師匠で、

奥さんが弟子。

-

どんなことも楽しみながら、

自分たちの力に変え、

tickleらしいものづくりの道へ突き進んでゆく。

Img_20160529_213204

丁寧に施されたステッチ。

きっちり真っ直ぐ。

カーブも少しの歪みやヨレもなく。

-

お2人がつくり上げるもの。

堅実なつくりなのに、人懐っこい佇まいなのは、

つくるものが、お2人そのものだから。

Img_20160519_073820

FB  

https://www.facebook.com/kawamonokoubou.tickle

instagram

https://www.instagram.com/tickle_taka/

blog

http://tickle523.blog.fc2.com

-

-

-

Image2

ーーー

ベーグルショップ Le bage

ーーー

奈良県生駒にあるベーグル屋さん。

北海道産の「春よ恋」と「キタノカオリ」をブレンドし、

生砂糖やゲランドの塩など、厳選した素材を用いて、

焼き上げたベーグルはもっちもちの食感。

-

-

バターや卵、牛乳を使用していないので、

どんな方にもおいしく。

-

-

シンプルなメニューから、季節限定のもの、

パン屋さんが焼く、イーストで焼き上げるスコーンなど、

この季節の「おいしい!」がずらり並ぶ予定です。

-

-

-

HP   http://lebage.com

Facebook   http://www.facebook.com/BagelShop.Lebage

Instagram   http://www.instagram.com/le_bage

-

-

-

P3140758

ーーー

Atorium38

ーーー

大阪・豊中市にあるハチミツ屋「Atorium38」さん。

おじいさんがはじめた養蜂業とご両親が引き継ぎ、

その採れたハチミツを販売しています。

-

5〜6月は和歌山へ、

蜜柑やはぜのハチミツを。

6〜8月は北海道へ、

百花やそばのハチミツを求めて、

ミツバチたちとともに移動。

-

Atorium38さん(映画は1人派)で

扱う4種類のハチミツ。

それぞれにおいしい食べ方があるようで、

ぜひぜひ店主に尋ねてみてください。

237a9486

38_Field.では、裏にお義父さんが10年前に植えたという柚子が、

今年初めて実りました。

木の高さが屋根を越え、日の当たるところだけ見事に。

すごいなぁ。

-

高枝切りハサミで必死に収穫。

-

-

Atorium38さんの蜜柑のハチミツで、

ゆずハチミツを。

おいしいー。のでぜひおすすめです。

-

鶏肉の煮込みに入れたりするのもおいしいーんですよ。

-

-

-

16124font

きりりと空気の冷えた、冬がやって来ましたね。

12月の市は、ほかの季節に比べると、

ひとの流れも少し穏やか。凛とした境内の空気の中、

笑顔があちらこちら。溢れるのが見え、温まる。

-

季節ごとの市の風景があります。

-

あなたはどの季節が好きですか??

-

-

12/4の市のこと

http://www.tedukurinoichi.com/pg162.html

-

2017年3月の市は、20日(月・祝)の春分の日に開催します。

出展申し込みの受付は、

2017.1/9(月)〜1/15(日)の期間で行いますよー。