waiting time.



237A2239.JPG


1Fの会社事務所で経理事務の仕事を手伝いながら、

昨年10月にひらいた展示受注会でオーダーいただいた服を

2Fのアトリエでコツコツ製作。


1Fと2Fを行ったり来たり。


会社の電話番もしているが、なんと営業の電話が多いことよ。

こないだの電話では、とうとう自動音声の営業で、

ビックリし過ぎた。そんなものが成り立つのかね。


これは丈+20cm、こっちは+18cm、あっちは+15cm

細かくいただいているオーダー。

間違えないように。間違えないように。


細切れの時間をかき集め、

トイレに行く間も惜しいくらいの気持ちで、ミシンに向かうけれど、

1着仕上げるのにも、どうしても時間が掛かってしまう、、


そんな私の状況も分かってくださった上で、

「待つのも楽しいんですよ。」とみなさん、優しく言ってくださるのが、

逆に気を遣わせてしまっているようで、本当に申し訳なく思っていたのだけど、、


「待つのも楽しいんですよ。」の気持ちが

私も今楽しくて楽しくて仕方ない。




というのも、

結婚したのと同じ時期くらいに購入した車が、10年目を越えたあたりから、

助手席のパワーウィンドは開きはするものの、閉まらなくなり、

(たまにうっかり開けてしまって、あ”ーーっってなる。

ガラスを手で押し上げると何とか閉まる。)

エンジンからもおかしな音がするので、


とうとう買い替えることに。



ちょうど市をはじめたくらいの頃に、

「国産車でカクカクしたカッコいい車があるんやー。」と知り、

羽曳野にその車種を専門に取り扱う車屋さんがあることを、出展者さんに教えてもらって、

買う予定もないのに、見にだけ行ったのが7年前くらいのこと。

数年後、もう1度行ったが、車検のタイミングと合わず、、断念、

今年の秋、3度目の正直。

(車屋さんからも「ようやくこの時が来たんですね。」と言われた。)


色も迷った挙げ句、やっぱり希望の色に塗装することに。

1人ひとりにオーダーメイドの1台を。と、

内装シートの張替えをカスタマイズできるということで、

納車まで半年。



まさか自分が車を運転する生活を送るなんて、

思ってもいなかったので、うれしさが倍増。

(おととし旦那が右足を負傷したことがきっかけで、ペーパードライバーを卒業。)

素敵だと思っていた車を自分が運転できることになるとは。

つくづく人生は何が起こるか分からないもんだな。と思う。


我が家の新しい家族に会えるまであと少し。

乗ってどこへ行こう。トランクみたいな車。

車に貼るステッカーもつくろうとあれこれデザインを考えている。


うふふふふー。

本当に欲しかったものを

待つってこんなに楽しいのかー。



私の服もそんなふうに思って頂けるように、

待って頂いている方のお気持ちに少しでも応えられるよう、

心を込めてつくりたい。



237A2251.JPG




sin.png


http://38-works.com/sewingwork.html


posted by miyai-works. at 22:00大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.

いつか辿りつきますように。


237A2299.JPG

先日会ったばかりなのに、
はるとのことが気になって。と
家へ来てくれた彼女。

話はいろんな方向へ。
その気持ちがほんとうにうれしくて、心強かった。
見送った車の初心車マークに感謝の気持ちを送る。


「はるとのお母さんが私じゃなかったら、
 もっとこの子はしあわせだったかもしれない。」

本気でそう思うことが多々ある。


「それって、はるとくんをもっとしあわせにしてあげたい。っていうことじゃないでしょうか?
 僕にはお母さんのその気持ちがちゃんと伝わっている。とはるとくんから感じましたよ。」


先週、はるとと話ししたスクールカウンセラーの先生からそう言われて、
涙がぶわーっと溢れ出した。


物心ついた頃から、嫌いで仕方なかったお母さん。
あんなふうにはなりたくない。とずっと思っていたし、
「あんたみたいになりたくない。」お母さんにそう言ったこともある。


それなのに、悲しくて苦しくてどうしようもなくて、
電話を掛けてしまったのは、お母さんだった。これには自分が1番驚いた。



今になって、ようやく分かってしまったのかもしれない。

あの頃、お母さんがどれだけ必死だったのかを。
どれだけお母さんを追いつめ、傷つけて来たのかを。
こんな私を育てることが、どんなに大変だっただろうかと。


「おかあさん、ごめんなさい。ありがとう。」





親は選べない。
そのことに絶望したことが何度もあったが、
ようやく言えた言葉に、
何より私が救われたのかもしれない。


うまれてきてくれてありがとう。
うんでくれてありがとう。


たとえ、はるとが私に絶望する日があったとしても、
私もお母さんのように精一杯。
「ありがとう」と言ってもらえるかもしれない、
その日へいつか辿り着く日まで。

いつも気に掛けてくれるひとの、
温かい眼差しを道標にして。



237A2296.JPG


日々葛藤。
思い通りにいかないことに怒り散らしながら、
不意に込み上げてくる愛おしさがあって。



237A2297.JPG

私にも、あなたにも。この世に生を受けた全てのひとに。
「大丈夫」って思える出会いや出来事が1つでも多くありますように。


237A2260.JPG



posted by miyai-works. at 21:33大阪 ☀Comment(0)38_WORKS.

3.20





<2017.3.20開催の市へ出展申し込みしてくださったみなさまへ>


出展についてお返事させていただきましたが、
もし、届いておられない方がいましたら、お手数お掛けいたしますが、
ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

44組の出展者さんとともに、
3.20がワンダフルな1日となりますよう、
全力を尽くすことを誓います。

全ての出会いに精一杯の感謝を。



237A2276.JPG


週末、小屋38_Field.にて、
スタッフミーティングをひらきました。

冷たい雨が降ったり、止んだり。
な中、子どもたちは、はるとを隊長に、
隣りの畑で落とし穴を掘り、水を流し、
つむぎはびしょ濡れ。という。

見ている方が一瞬で風邪を引いてしまいそうな光景でした。


子どもたち、恐るべき逞しさ。

237A2320.JPG


好きな具材を持ち寄ったお鍋には、
前回につづき、たこ焼きが投入。

毎度、ユキオさんが淹れて来てくださるおいしい珈琲と
みんなで持ち寄ったデザートを。

237A2318.JPG


どうやったら、もっとよい空間になるかしら。
その試行錯誤がたまらなく楽しい。



3.20.png

道明寺天満宮手づくりの市
2017.3.20(月/祝)
10:00〜2:00

OPEN





38photo.png

ーーー

3月/春
撮影受付はじめます。

◎入園
◎入学
◎新社会人(このタイミングで10何年ぶりに家族写真を。と言う方も最近多いです。)

◎成人式の前撮り(桜の時期に合わせて前撮りされる方も最近多いです。)

ーーー


家族の写真。
セルフタイマーで撮ることもできるけれど、
ファインダーの向こうに誰かのやさしい眼差しがあってほしい。

と、私は思う。

宮井家は来月、つむぎが3歳になるので、
家族写真を撮ってもらいに出掛けます。
カメラマンさんによって、家族の風景が全然違って見えるので、
おもしろいなぁ。と1年に1回あちらこちらへ。


1家族でも多く、家族の写真を残しに出掛けるという、
かけがえのないうれしさを。


237A2268.JPG

38/W PHOTO.