enn / 嘉兵衛本舗 / 手網自家焙煎o-coffee


IMG_2086.JPG

/////

enn

/////

奥丹波の里山で、
栽培している藍や季節の草木を採取し、
ゆっくり愛情いっぱいに染め上げた布と
その布で身に纏うものをつくっている「enn」さん。

活動を始めたのは最近のことだけど、
染めと出会ったのは、かれこれ15年ほど前の、
京都の染織工房で行なった染め体験だったそう。

着古した黄ばんだシャツが生まれ変わったことにも感動、
そして何より、工房の窓から見える豊かな景色に、
大阪生まれの大阪育ちで、
田舎や自然の風景に強い憧れがennさんは、
すっかり心を奪われてしまったとか。

その後、頼み込んで、その工房に弟子入りしたというからビックリ!
染色だけでなく、畑仕事もみっちりしごかれ3年。

別の仕事を経て、丹波で田舎暮らしをするご両親の元へ出向くようになり、
活動の形がようやく少しずつ始まりました。



大阪の中心地を飛び出して、丹波へは”ワープ”するような感覚で。

思う存分、染めることのできる環境。
豊かな自然の存在、そこからいただく色。エネルギー。


3月の市に向けて今、ヤマザクラの色をいただこうと、
せっせと皮を剥ぎ、色を抽出中とのこと。
焚き出した後の樹皮は、自らもその色に染まり鮮やかに。
その姿すら、愛おしく思う。


IMG_2005.JPG




エネルギーに満ち溢れた色を。
うれしくて、たのしくて、夢中で生み出す植物の色を。

豊かなグラデーションの中から、心が奪われる色を選びにどうぞ。


藍の種も少しですが、
ご希望に方にお裾分けしてくださるとのことなので、
気さくで笑顔がとってもキュートなennさんへ、
ぜひ気軽にお声掛けてみてくださいね。









IMG_2458.JPG

//////

嘉兵衛本舗

//////


奈良県吉野の里山の中にあるお茶畑。
170年前、嘉兵衛さんが始めたお茶づくりが、代々引き継がれてきた。

露地栽培で育て、摘み取ったお茶の葉を
蒸気で蒸し、天日で干し、焙じる。


摘み取りから乾燥まで、
機械で自動的に行える今のお茶づくりの中、
「天日干し」という手間のかかる製法を続けていることは、
かなり珍しいことなんだとか。

その受け継がれてきた稀有な製法を1人で担うお父さまの姿を見て、
「ここで絶やしてはいけない。」という思いで。と、
3人娘が力を合わせて、これから引き継いでいくことに。


そんな決意の2016年は、
HPサイトを整えたり、デザインを統一したり。
嘉兵衛本舗にとって「継承」のための変化の年。


2017年は、今まで大切に受け継がれてきた
製法を、味を、嘉兵衛本舗のお茶を、
自分たちの形で伝えていく年。




IMG_2460.JPG

緑茶
ほうじ番茶
玄米茶

などなど。


気取らず、がぶがぶと。
いつもそばにある毎日のお茶。








image3.JPG

//////

手網自家焙煎o-coffee

//////


こちらの赤い果実は、コーヒーの実。


「手仕事が好きが高じて」と手網をつかって、
コーヒー豆を焙煎している「o-coffee」さん。

こだわり出したら止まらなくなって。
とうとうコーヒー豆の産地へ。

2017年の始まりから、
タイのオーガニック農園で収穫の作業をしに行っておられたんだそう。
(出展申し込みもタイから!わぉっ!)


農園の人たちと一緒に作業したり、生活を共にしながら、

より美味しく、
自然に優しい、
持続可能なコーヒー文化をつくり始める、

始まりの2017年。


image5.JPG


o-coffee夫妻が出会った日、
そして結婚記念日は、
何と私の誕生日(2/23)なんだとか!

「今度、道明寺の市に出展するから手伝って。」から、
愛が育まれたと聞いて、興奮して跳び上がらないわけがない。


ここにも、この市から生まれた
愛おしいストーリー。


顔の見える1杯。
深い1杯。
美味しい1杯。


Instagram; ocoffee2012





TEDUKURI.png

2017.3.20(mon)
10:00~2:00

3/20の市のこと
てづくりくん.png


5月の市、28日(日)にひらきまーす!
出展申し込みは2017.3.27(月)〜 4.2(日)の期間で行う予定です。
詳細はまた後日。ご案内しますー。


続きを読む

TEDUKURI NO ごはん会 2017.2.26



237A3115.JPG



梅の花開く早春の日。

私たちの小屋38_Field.にて、
参加できる3/20出展者さんをお招きして
「TEDUKURI NO ごはん会」を催しました。


237A3023.JPG

237A3039.JPG


前の日に、小屋の隣の植物を手掛けてくれた
「草庭ナーセリー」の高橋ファミリーが遊びに来てくれて、
お庭の剪定で出たというたくさんのミモザの枝を
分けてくれたので、小屋にも飾り、

237A3040.JPG

出展者さんをお出迎え。
(そして、ご希望の方に持ち帰って頂いた。)


237A3130.JPG

ちびっ子、スタッフも含め、
参加者過去最多の50数名。


237A3032.JPG

ちびっ子たちに、
市でもワークショップをしてくださる「ヒラメキのタネ」さんが、
いろんな道具や材料を持って来てくださり、
自由に工作できるスペースを。

ぎゅぎゅーっと集まって、
子どもたちが夢中で手を動かし、

237A3123.JPG

出来上がったものを持って走り回る中、

237A3057.JPG


ごはん会のはじまり。はじまり。

参加者の出展者さんにお1人ずつ、
誕生月順で自己紹介をしていただきました。


237A3094.JPG


流暢に話す方もいれば、

237A3097.JPG

予定通り、笑いを巻き起こす方、


237A3068.JPG


緊張しながらも、ゆっくりお話ししてくださる方もいて、
ほんとうに人もつくるものもさまざま。

一方的に、顔の見えない人に発信することもある中、
こうやって、目の前の人へ話す言葉を紡ぐこと。
そして、その言葉にそっと耳を傾けることの
尊さや時間も分かち合いたいと思う。


それにしても改まって話すのは緊張しますね。
旦那は、用意していた自己紹介の内容を
すっかりすっ飛ばしながらも、
不器用なりに一生懸命喋ってました。
(彼、カメラを首に下げていないと喋れない。)



237A3118.JPG


そんなこんな。の自己紹介が終わってまもなく、
本日のごはん担当<玄米食堂すみれ>の典子さんとみきさんが到着。


237A3109.JPG

すみれ畑で採れた野菜を使った
今日のメニュー。


237A3114.JPG


お店でもひと皿ひと皿。





237A3111.JPG

心を込めてつくっておられる
すみれさんのごはん。

典子さんとみきさん。
2人で届けてくださる最後のひと皿。


237A3129.JPG

「食は人」


237A3137.JPG


お茶は、出展者の「嘉兵衛本舗」さんが、
おやつは、同じく出展者さんの「フランス菓子ひなた堂」さんが、
「ガレット・デ・ロワ」を用意してくださいました。

237A3159.JPG



237A3139.JPG

ボロボロに朽ち果てた小屋。
荒れ果てた畑。
資材が積み上がった場所。

何度も途方に暮れながら、
舞い降りてくるイメージを必死に掻き集めて、
コツコツと手を加え続け、いつの間にか4年目。


まず、はじめること。
そして、あきらめないこと。
そのシンプルな2つを夢中になって積み上げた先に、
いつか。とずっと思い描いてた風景が、
少しずつ少しずつ。
目の前に像を結び始める。


あぁ、ほんとうに
続けてきてよかったな。


大丈夫。きっと大丈夫。
道標を信じている。

237A3161.JPG


この市から生まれた
たくさんの宝物を、


237A3182.JPG

私たちだけでなく、
誰かにとっても転機となったり、節目となったり、

237A3183.JPG


大切に思うことを共有できることの幸せを
改めて噛み締めています。

237A3178.JPG

全ての出会いに、

237A3031.JPG


ただただ感謝を。

237A3175.JPG


実はごはん会のこの日は、
こっそり私たちの11回目の結婚記念日でした。
(実は金髪スタッフぶいさんも!)
その3日前は私の。そして2日前は旦那の誕生日。

「おめでとう」と言わなあかん空気を醸し出すのは申し訳ないので、、と
あまり公表していないつもりでしたが、
覚えていてくれた出展者さんたちが、こっそりサプライズでお祝いしてくれて、
ほ、ほ、ほんとうにビックリしました。


引っ張ったヒモがちぎれる。というお決まりの(!?)ハプニングも起こりつつ、
人生で初めてくす玉を割るという夫婦共同作業。
(くす玉、もらいたかったのに、頑なに譲ってもらえず。製作者が持ち帰る。)


出展者さんに楽しんでもらおう!の会のはずが、なんとまぁ。
この日の夜、私は声が全く出なくなるほど、
楽しくて、たくさん笑いました。


結婚した頃に比べて、
ひと回りもふた回りも大きくなった旦那。(身体も心も)

今までもこれからも、
山あり谷あり。


たくさんの方の力を素直に借りながら、
これからも夫婦で力を合わせて、
よい市をコツコツと。





237A2272.JPG



さぁ、春はもうすぐそこまで。
明日からまた3/20出展者さまのご紹介つづけまーす。

続きを読む

大堀 有崇 / aei



image1.JPG

//////

大堀 有崇

//////


岐阜県の山奥で、粉引を中心とした陶器を製作している
大堀 有崇(おおほりありたか)さん。

生活の道具として、
「毎日使ってもらえる器」を。

まだまだ理想には届かないけれど、
2017年は、本当に良いものづくりができているのか、
見つめ直す1年にしたい。と手を動かす。


この仕事が続けられることが何よりもうれしくて。という大堀さん。

image2.JPG



image3.JPG

岐阜県からはるばる。
「小さな市ですが、大丈夫でしょうか、、、?」と一応聞いてみましたが、
「いいですよ。」と言ってくださいましたよ。(わぁーい!!)


”もの”は全国どこへでもびゅーんっとやって来ますが、
つくるひととものがいっしょにやって来るのは、
ほんとうにうれしいこと。










1.JPG

///////

aei

///////


銀や真鍮、銅を加工して、
装身具やカトラリー、オブジェなど制作している「aei」さん。

身近にある些細な美しさをモチーフにして、
小さな造形に景色を映し込む。
まるで、画家が絵画を描くように。
aeiさんは装身具を。


2.JPG


カトラリーはシンプルで暮らしに馴染むものを。


愛知県常滑市にある、
おばあさま宅の古い台所がaieさんのアトリエ。
北側にあるアトリエは、冬は寒くて、手足が動かないほどなんだとか。
その代わり、夏は涼しく、エアコンいらず。

今年、新しい自宅兼アトリエが建つ予定で、
どんな風景が見えるかなぁ。と妄想に浸る日々。



”永遠”という意味を持つ「aei」
目の前の景色が変わっても、
きっとaeiさんは美しいものを永遠に求め続けて、
手を動かすのでしょう。

繊細な作品とは裏腹に、
とっても気さくな方。O型。

一年越しの再び春の市。
愛知県からはるばる。



237A2331.JPG


遠くからはるばる来てくださる方も、
隣町からひょいっと来てくださる方も、

全ての出会いにただただ感謝。


2017.3.20(mon)
10:00~2:00

3/20の市のこと