aco / BonheurKitchen長居公園 / saredo -されど-


<2017.3.20出展者のみなさまご紹介>




IMG_20151125_113829.jpg

//////

aco

//////



子どもたちにパワーももらいながら、

ひとつひとつ違うものを。その時の表情で。


「使いながら、手垢や使い癖などで、

ゆっくりじわじわと自分のモノになってゆくようなものを。」


革小物を製作している「aco」さん。





IMG_20160523_114434.jpg


こっちからも。

IMG_20160523_115005.jpg

あっちからも。

IMG_20160320_153509.jpg

1人1人の表情や発想がシュール過ぎて、
自分には生み出せない世界観。尊敬の眼差し。

気持ちが辛い時にはつくれないものなのかな。
それとも、つくっているうちに救われていくのかな。

持つ人も救ってくれそうだ。
きっとお守りみたいに。


実は去年、出展してくださる予定だったacoさん。
いろんなことが折り重なり、断念せざるを得ない事態に。

2016年。困難を知った年。だったと振り返るacoさん。
辛いことに直面しながらも、希望を糧に前へ進もうとしている自分。
初めて。改めて気付く気持ちがたくさんあったという。



経験したことのある人にしかわからない。
ということが多過ぎるから。

全ては糧となって、
その人の内側へ蓄積されていく尊いものへと
変わっていきますように。




aco





image1.JPG


////////////

BonheurKitchen長居公園

////////////


大阪市。長居公園の辺り、鶴ヶ丘で、
無農薬野菜を中心に
「安心安全、美味しいは愉しい」をコンセプトにした小さなカフェ、
その名も「BonheurKitchen(ボヌールキッチン)長居公園」さん。

お1人でお店を切り盛りして1年。
「あっという間の日々は家族やお客さまに支えられてこそ。
これからも美味しいものをコツコツとつくっていきたい。」

丁寧に選んだ食材でつくるごはん。という選択肢が、
充実してきたように思う最近。とてもうれしい。
もっともっと「こだわりの食材」と敢えて謳うことなく、
スタンダードになっていくといいなぁ。。


私たちの市はお客さまから教えてもらったんだそう。
初めてのご出展となる今回は、
季節の野菜をつかったキッシュやポタージュスープを
ご用意くださいますよー。


BonheurKitchen長居公園    FB
BonheurKitchen長居公園    instagram




15979082_1361146173930874_884039913_n.jpg



/////////

saredo -されど-

/////////


ito と hito を繋げる仕事をするカヤザワアリアツさんと
写真と編物をするカヤザワリョウコさんご夫妻による「saredo-されど-」。

落ちわた100%で紡いだリサイクルコットンを
2種類の染め方で仕上げた36色のito(糸)
その名も「 RECYCLED COTTON 100、re-specked cotton」提案。

手織りや手編みの素材にする。などなど、
手にするひとの想像/創造をわくわく刺激してくれる
色とりどりの糸たち。

その糸をつかって、作家としても活動する
カヤザワリョウコさんが手掛けた「threads and craft」や、
奈良の工場さんとともにつくった靴下など、
暮らしに寄り添う sare 道具(されどもの)が大集合。


3月の市には、あたらしい暮らしに寄り添う、
sare 道具(されどもの)として、


16110447_1833164020255586_4498243231921733632_n.jpg

落ちわただけで紡いだsaredo のリサイクルコットン100%の、
新作の ito「La boucRe: (ラ・ブークレ)」と


                          15970257_1226674680756397_1698481306_n.jpg 

リサイクルシルクとコットンのカラーくつした
tatou couleur(タトウ・クルール)」が登場。

15991552_1362216520490506_924790262_o.jpg

「saredo -されど-」が始動して3年目。
紡がれる糸も人も多彩に絡み合いながら、
豊かな<saredo-world>が1つ1つ形となっていく。


<落ち綿を暮らしに取り入れる>という価値をたくさんの方と共有しながら、
暮らしに寄り添い、心に潤いを与えてくれる道具をつくり続ける。
そのことが、世界をほんの少しずつ変えていく。


「糸を売る。」と書いて、
「続ける。」


って、ホントやー。




saredo -されど-






3.11

食品の宅配の注文と合わせて行なっている毎週100円の里親支援と、
月1回届けられるフォトジャーナリズム誌。
そして、市でずっと継続している義援金箱。

この3つで、私はこの日と何とか繋がっている。


「事実でないことを、事実に変えてしまう。それが権力というもの。」
先日のお昼の韓国ドラマであった台詞。

国が違っても、時代を超えても、
変わらない真理なのだと改めて知らされる。


ただ、何かを批判しても仕方ないので、
出来ることを続けていくだけ。




2.tiff


2017.3.20(mon)
10:00~2:00

3/20の市のこと 更新しました!


てづくりくん.png



5月の市は28日(日)にひらきまーす!
出展申し込みは2017.3.27(月)〜 4.2(日)の期間で行います。


出展募集について 申し込み記載事項、掲載いたしました!