ciconis / 日の出製作所 / 手作り絵本工房 さんきち


<2017.9.18出展者のみなさまご紹介>


237A4568-1w.jpg

ーーー

ciconis キコニス

ーーー

道明寺天満宮のある藤井寺市の隣、
大阪・柏原市にて誕生したバッグブランド「ciconis」

デザインを手掛けるのは2人のお子さんのお母さん。

娘さんが幼い頃、
「こんなバッグがあればいいなぁ」と思ってから、
2年もの構想を経て、誕生したという
抱っこひもBAGは、5WAYの優れもので、

237A4517-1w.jpg

その独自性が目に留まり、意匠権を取得することができたとか。


軽くて丈夫なナイロン生地に、素朴なリネンテープ、
そして革のパーツ。と細部までこだわり抜いた
キコニス自慢の1品。

生産は確かな技術を持つ、
地元の縫製工場さんが担っています。

IMG_9686-1w.jpg

8号帆布を後染めし、
ワッシャー加工を施した生地でつくるトートバッグは、
丈夫ながら、くったりと柔らかく、風合いも素敵。

シンプルながらも、上質な素材を用いてつくられた鞄は、
「整理収納アドバイザー」の資格を持つデザイナーさんならでは、の
「ものが迷子にならないための基本・定位置管理」が叶う
細やかなポケットや工夫が施され、使いやすさも抜群!

237A4472-1w.jpg

自立しやすいように、
ものを見渡しやすいように、と底面は楕円形に。
難易度の高い縫製も熟練の職人さんの手できっちり丁寧に縫い上げられています。


237A4380-1w.jpg

キコニスのロゴマークの鳥は「コウノトリ」
コウノトリの学名から派生させて「キコニス」という名前をつけたんだそう。


使えば使うほど、
鞄の隅々まで行き届いた心配りが、
じわじわとうれしくなる。



「幸せをもたらす渡り鳥。のように、
たくさんの方から愛される鞄となりますように。」


237A4078-1w.jpg
◎38/W PHOTO.商品撮影させていただきました!



ciconis キコニス
HP
instagram






IMG_0850.JPG

ーーー

日の出製作所

ーーー

東大阪の小さな工場で、
木や金属を用いたおもちゃや道具をつくる
「日の出製作所」さん。


日々の生活やものづくりにおいて、
どちらにも心掛けていることは「工夫」です。

工夫次第で日々の生活が楽しくなったり、
ものをつくる効率が上がったり。

一般的に「良い」と言われていることや方法を、
そのまま受け入れる前に、自分に合う方法なのかまず考えてみる。




IMG_1843.JPG

どこか懐かしい香りがする「独楽(こま)」をはじめ、
ほかにもいろんなおもちゃを製作。


「子どもたちが気軽に来て、いろいろ触って遊べるブース」にしてくださる予定です。

もちろん、大人も夢中になって遊んでもらえたら、
うれしいなぁ。



それにしても、年々カチカチになる頭。
私も子どもだった頃があったはずなのに、、

おもちゃをつくる人(大人)の感性の瑞々しさに触れると、
純粋に「いいなぁ。」って思ってしまう。



日の出製作所




A.jpg

ーーー

手作り絵本工房 さんきち

ーーー


手のひらサイズの小さな絵本を製作している「さんきち」さん。

最初は我が子に、そして孫へ。
絵本をつくり始めて30年以上が経ち、
約30もの絵本が生まれました。

4年前の出展の際には、「今までに2000冊の絵本が旅立った」と
おっしゃっていたさんきちさん。

あれから、どれだけの物語が、
小さな手へと届けられたでしょうか。
(うちにも届いています。)


B.jpg


なんとも言えない味わい深さ。
クスッと笑えたり、心が和んだり。

さんきちさんのユーモアがじんわり伝わってくる。

小さな小さな絵本は、カバンにポンっと。
電車などのお出かけにもぴったり。

やっぱりいいなぁ。絵本って。


237A8859.JPG


そんな絵本が大好きな、スイカ男子。
(今は忙しいから読めません。というと、トイレに隠れて拗ねます。)



てづくりくん.png

2017.9.18(月・祝)
道明寺天満宮手づくりの市

10:00〜2:00









うつわユニット・ボーメ / 油屋マルキチ / Pauline



<2017.9.18出展者のみなさまご紹介>


IMGP1063.jpg

ーーー

うつわユニット・ボーメ

ーーー


京都と大阪・堺、それぞれの工房で、
陶磁器のテーブルウェアを制作している
「うつわユニット・ボーメ」さん。

84680794_o.jpg
<photo by yuki tanimura>


7月には、結成10周年の節目となる個展をひらいたお2人。

うつわとうつわの間から聴こえてくる、
お料理や盛り付けのお話に耳を傾けながら、
食べることや家族のために料理をすることのうれしさの片隅に
<ボーメのうつわ>があることのしあわせを改めて感じられたとか。

1199194956874601_.jpg

「楽しんでつくったものは、使う人にも必ず伝わるから、
自分が楽しんでつくることが1番大事。」

という言葉通り、
釉薬の調合や本焼きで失敗したり、
思い通りにいかなかったことも、
とても楽しそうにお話しされる2人。

「次こそは!」って目がキラキラ。

IMGP1021.jpg

見るものや感じるもの。
アイデアで頭の中をいっぱいに満たして、
生まれ出る「ボーメのうつわ」

今、つくっている量が精一杯。とフル回転で制作したものを、
手に取って見ていただける貴重な場所が私たちの市。


何て誇らしいことなんだろう。




うつわユニット・ボーメ






237A9639.JPG

ーーー

オリーブオイル専門店 油屋マルキチ

ーーー

イタリア・シチリア島「ロルイ」の
エキストラバージンオリーブオイルを直輸入し、
販売している「油屋マルキチ」さん。

ラファエレ・ルイージ オリーブの木の前で.jpg

2000本ものオリーブの木が広がるピニャターロ農園。
農薬を使わず、太陽の光をいっぱい浴びて育ったオリーブを
手摘みし、その日のうちに低温搾油するというオリーブオイル。

237A9563-1.jpg

オリーブオイルソムリエの資格を持つ、
松本さんをはじめとしたスタッフさんが、
ピニャターロ農園の思いが詰まった商品を、
農園で感動した味わいを、物語を、
1つ1つみなさまへ。


オリーブオイルには、
青いトマトやハーブの香り、桃の香りがするものもあるとか!?
それぞれのオイルが持つ深い味わいを、
ぜひ体験してみてください。(お味見、用意してくださいます!)


今まで知らなかったオリーブオイルの美味しさに
きっと出会えますよ。


オリーブオイル専門店 油屋マルキチ
オリーブオイル通販 URL http://www.marukichi-net.com/
Facebook https://www.facebook.com/omoroimon





P5270297.jpeg

ーーー

Pauline(ポーリーヌ)

ーーー

日本とフランスに住む2人の女性が運営する
ヨーロッパアンティークのオンラインショップ「Pauline(ポーリーヌ)」


長きに渡って愛され、使われてきた生活道具。
古き良き、豊かな表情を持つものが暮らしの中にある喜びを。

扱う商品はフランスでは「ブロカント」と呼ばれる生活道具が多く、
1950〜1970年代のものが中心。

フランスのものに加え、
ベルギーやイタリアのものも少し取り扱っておられるとか。

今回、私たちの市では初めて!のアンティーク雑貨です。


パジャマの男の子のディネット

すごく余談ながら、
私の大学の卒業旅行は、バイトでお金を一生懸命貯めて、フランスへ。
蚤の市巡りで大はしゃぎ。

新婚旅行でも行った大好きな国。

その後、ヨーロッパのアンティークを扱うお店で
はるとを出産するまで働いていたこともある。
(そのお店は東欧の雑貨が中心だったのだけど。)

陶器だったら、ぼってりとした釉薬の厚みがあったり、
絵付けもなんだか味わい深くて、
日本の古いものとはまたちょっと違った魅力が大好きだった。

今も日常で大切に使っているものもある。



Sarreguemines(サルグミンヌ)リム オーバル皿 A


古いものを使い続けることで、
物語を紡いでいく。

そのほとんどが一点ものとのことですよー。



物語の続きが生まれますように。



Pauline(ポーリーヌ)




237A8592.JPG

先日のごはん会でみなさんに見てもらえた小屋2
(まだ気の利いた名前が思いつかない、、)

こんなにたくさんの人が一度に小屋に入って、
床が抜けないか、、ドキドキしていたけれど、、、

大丈夫でしたー。ほっ。

IMG_1417.JPG

小屋2の向こうにある大きな栗の木が、
たくさんの実をつけているのが見える。
今年はどうやら当たり年のよう。(やったー!)

今年こそ、たくさん採るぞー。



2017.9.18DM.jpg

2017.9.18(月・祝)
道明寺天満宮手づくりの市

10:00〜2:00




TEDUKURI NO ごはん会


237A8589.JPG

昨日、9/18(月・祝)の市の出展者さんをお招きして、
「TEDUKURI NO ごはん会」をひらきました。

237A4939.JPG

2017.8.27ごはん会.jpg

ご予定があって、参加できなかった方もおられる中、
約半数の出展者さんが、夏の終わりの小屋へ、

237A9560.JPG

はるばる、わいわいと。

237A9574.JPG

市当日はゆっくりお話しすることは難しいので、

237A9576.JPG

こうした時間を持てることは、

237A9598.JPG

私たちにとって、とてもうれしいことです。


「文字もいいけど、もっと言葉を。」


ご縁があって、こうして出会えたのだから、
その出会いを出来る限り、深めたいと思う。

その場限りでは寂しすぎる。

237A9579.JPG

1回1回の開催がただ消費されてゆかないように、

237A9583.JPG

私たちに出来ることを、

237A9593.JPG

今まで通り、変わらずに、

237A9602.JPG

心を込めて続けていけたら、ほんとうにしあわせだ。

237A9613.JPG

今回は、道明寺天神通り商店街の
おなじみ「Sai」さんのごはん。

237A9615.JPG

「いつものSaiの味を」

237A9629.JPG

限られた予算の中で、

237A9636.JPG

みなさんに喜んでいただけるように。という気持ちが、
竹のお弁当箱から、お皿から、
溢れて、お腹も心もいっぱい。


237A9637.JPG

237A9631.JPG


237A9640.JPG

おやつには、ごはん会には欠席ながらも、
9/18の市には出展してくださる「垣内農園」さんのぶどう3種をつかった
「菓子工房ナボット」さんのぶどうとミルクのゼリーを。

237A9645-1.jpg

それにしても、まだまだ暑い!
嘉兵衛本舗さんの冷茶をゴクゴク飲みながら、
食べる。しゃべる。笑う。

はるばるお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!
スタッフさんもいつもほんとうにありがとう!

237A9643.JPG

9/18、じんわりと心に沁み渡る、
ゆたかな1日にしましょうね。



2017.9.18DM.jpg

2017.9.18(月・祝)
道明寺天満宮手づくりの市

10:00〜2:00