展示会へ向けて。




237A0173.JPG

22日(日)からはじまる
服の展示会へ向けて、
小屋38_Field.にて打ち合わせ。

237A0185.JPG

時や言葉を重ねながら、
擦り合わせる空間のイメージ。

空気の流れだったり、
光の向きであったり、

目には見えない気配に、
感覚を澄ませながら、


ただ、「つくったもの」を並べるわけではなく、
その「もの」が在る空間をつくり上げるイメージで。


237A0176.JPG

いつか編んでもらえたら。と
shikafucoさんに去年から相談させてもらっていた、
服のベルトも形になって、目の前へ。

私の青のネイルからイメージを広げてくれて、
妹さんが染色したという麻紐を使って
製作してくださったベルトは、
1つ1つ、少しずつ造作が異なっていて、
想像をはるかに超えて、素敵なものにしてくださった。

237A0174.JPG

生地をたっぷり使ったコートやプルオーバーを
このベルトでぎゅっと、ウエストを絞って、
バランスを変えて着るのもきっと素敵だろうし、

237A0029.JPG
(9月の市にて。左/cocoroさん 右/shikafucoさん 羽織り・帽子 / 38_WORKS.)

こないだ出展してくださった時、
首からさらりと垂らしていたのも素敵だったなぁ。





237A0180.JPG

製作してくださったベルトを見て、
あの生地と合わせても素敵だろうなぁ、、と、
また膨らむイメージ。

そうやって、
2人の間を行ったり来たりしている気配が、
おもしろくって、

しあわせなものづくりだなぁ。と改めて思う。


237A0192.JPG

受け取ったものを、
私はどう布へ託そうか。

237A9163.JPG

motifさんのニットも、
糸の色や編み方をあれこれ相談して、
製作してもらったり、

237A0183.JPG

shikafucoさんの陶器パーツを
cocoroさんといっしょに造形して、
オブジェを製作したり、

ほかにも特別なものを
少しご用意できたらいいな。と
それぞれ手を動かしています。

237A0179.JPG


前半後半の2部構成は、
多分、全然違う世界観。


237A0184.JPG


現実的なものと、
感覚的なものを。


私はどちらの感覚も、
必要で、大切にしたいと思っているので、

あえて、その両方を
この小屋で表現してみたいと、
無謀にも思っています。


素直に。素直に。



2017 38_WORKS. collection

at 38_Field.



1st / 
10.22sun - 24tue
11:00-16:00

motif
<hand-knit>


服とニットアイテムのコーディネートを提案します。
◎初日22日(日)は奈良より「お茶とお菓子 春色」さんが出張喫茶に来てくださいます。













2nd / 
10.25wed - 29sun
11:00-16:00
(25日のみ、13:00open)


植物 / cocoro
陶 / shikafuco
編 / motif
お茶とお菓子 / 春色 10.26thu & 29sun


---------------


motif

cocoro

続きを読む