キチジツ / Take a nap Crackers / TALA


<>2017.12.3出展者のみなさまご紹介>




DSC_4901.jpg

ーーー

キチジツ

ーーー

機能と造形と素材のうつくしい関係をもとめて、
細部までこだわりを詰め込んだ作品を製作している「キチジツ」さん。

DSC_0794.jpg

革の繊維に合わせながら、傷やシワを避け、
できるだけ無駄がなくなるようにパターンを配置して
裁断する作業は、時間効率ともったいないのせめぎ合い。

まるでパズルのよう。

なかなか終わらず、ぐったり、、


そうやって苦心して切り出したパーツを
1つ1つ組み立てていく工程が好きで、

ステッチを入れていくにつれ、
浮かび上がってくる立体感。
想像していた姿に追いついてくる様子が楽しいという。



パーツも金属を加工して、オリジナルのものを製作。
刻印も、一文字一文字、糸鋸で切り出して製作したというから、
わぁ、すごい!

刻印を押す機械もパーツを組み合わせて
自作したものとのことで、


生み出されるものが、
1つ1つ、キチジツさんだけの特別なものばかり。


DSC_7984.jpg

DSC_5215.jpg

持っていて、使っていてうれしくなるもの。
あなたの1日をキチジツにかえるもの。








【Takeanap】Crackers_商品写真.jpg

ーーー

Take a nap Crackers

ーーー


”Take a nap = お昼寝する"

ぐらいに、
気持ち緩む菓子作りをモットーとして
活動している「Take a nap Crackers」さん。

食べるひとの気持ちを緩めてくれるお菓子だからこそ、
「おいしい」にこだわって、
生産者さんの元へ足を運び、食材探しから。

いただいた食材は、お顔が浮かぶからこそ、
試作に取り掛かるまでが、ドキドキ、緊張、、

「いいものをつくりたい」「無駄にはしたくない」


「お米とお水」で完成する米菓の可能性を追いかけ、
出会いの中でブラッシュアップさせている
Take a nap Crackers3種

・Amy 餅生地に赤海老を練り込みました。あっさり塩味。
・Dani 創業からの継ぎ足したまり醤油に、ブレンド山椒を。
・Lara 柚子果汁を絞り、海塩をパッパッ。

を市ではご用意してくださいます。


【Takeanap】Crackers_出店写真.jpg

日本の風土に根付く「あられ」との、
懐かしくって、新鮮な出会い。

【Takeanap】Cakes_冷まし中の餠.JPG

寒い冬の市。

ふだん、あられに使っているもち米でお餅をつくり、
炭火で焼いてくださるとのこと。

わぁ!食べたい!





Take a nap Crackers

instagram

twitter





TALA.JPG

ーーー

TALA

ーーー


Love&Peace+ART


いろんな素材を用いて、
オブジェやアクセサリーを製作したり、
イラストを描いておられるTALAさん。


全くかたちのない状態から、
出来上がって目の前に現れるまで、
ずっと楽しくて仕方がない。というTALAさん。

そうやって、「愛」をいっぱい詰め込んで、
生み出されたものは、
きっと人を笑顔にしかしない。



そんなTALAさんの苦手な作業はというと、、、
ズバリ「市の出展準備」なんだとか。

ありゃー!



市の前には、ギャラリーでの個展もあるようですので、
この機会にぜひ、TALAさんワールドを満喫してみてください。




TALA






IMG_2205.JPG

季節の色が美しくて、
あちらこちら。

ーーー


道明寺天満宮手づくりの市
2017.12.3(日)
10:00〜2:00



12.3出展者のみなさま一覧



手づくりの市へようこそ



ーーーーー


懐紙包み-1.png