キトキ / ひよこ珈琲



<2017.12.3出展者のみなさまご紹介>



ーーー

キトキ

ーーー


写真撮影の活動や雑貨の制作を行っている
「キトキ」まさきさん・きよこさん夫妻

IMG_0446 - バージョン 2.jpg

あらっ、素敵な笑顔。
(春にご友人に撮ってもらったお写真だそう。)


お2人が、初めて青空写真館を開いてくださったのは、
2010年の市のこと。

あれから本当にたくさんの写真を撮ってきたけれど
撮影の前には未だに震えるほど緊張するし、
「吐きそうになることも(笑)」とまさきさん。

それでも、撮影が始まり、話していくうちに、
どんどんお客様のことが好きになって、
いつのまにか緊張感やドキドキもなくなって、
楽しくなってきて。

お客さまが笑ったり、楽しんでくださることが、
「私たちの喜びになるのでしょうね。」とキトキのお2人。


「好きなこと(撮影)をしていたら、
 苦手なこと(人付き合い)がいつのまにか好きになっていた。」
と言うから不思議ですね。


そんなお2人が、
冬の色に染まった美しい道明寺天満宮のあちらこちらで、
撮影を行う「青空写真館」を今回も。



DB7A9644 - バージョン 2.jpg



DB7A9888.jpg

261A9189.jpg

261A9359.jpg

261A9572.jpg

フレームやパネル・焼き増し等オプションプランもあります。
撮影の詳細は、キトキさんのブログをご覧くださいね。



(キトキさんより、あらかじめご了承いただきたいこと)

・撮影は当日受付した順番で行います。
・撮影時間は1組30分程度
・お客さまが重なった場合はお待ちいただくこととなります。
・ご希望多数の場合、撮影をお受けできない場合があります。
・撮影した写真のお渡しは約4週間後となります。






IMG_8112_2.JPG

この写真は、2014年の12月。
市が終わった後に撮影していただいた宮井家。
(これはきよこさんが撮影してくださったもの。
 まさきさんときよこさん。2人の眼差しを比べるのも楽しい!)

はるとの前歯が抜けた頃で、
つむぎが1歳を迎える前の、まだ伝い歩きの頃。
夫婦だけで市を開催していた頃。

見ると、
鮮明に蘇ってくる感情。イチョウの絨毯。
宝物の1枚。


-

キトキのお2人の
柔らかな眼差しから、
また誰かの宝物が、
ここから生まれますように。

-

キトキ

ブログ http://masatokiyo.exblog.jp  
きよこインスタグラム https://www.instagram.com/kiyokiyo.n/   
まさきインスタグラム https://www.instagram.com/pussan13/





kuro.JPG


ーーー

ひよこ珈琲

ーーー


八尾市山本町にある
「ひよこ珈琲」さん。

6席ある机は、1人掛け、2人掛けのもの。
静かに自分自身と向き合いたい時、
傍にそっとあるコーヒー。


「毎日に
 暮らしのなかに

 何気ないコーヒーを
 ありふれたコーヒーを」


と願い、上質な豆と、
相棒の焙煎機タロウがつくりだす「美味しい」を
店主・吉見潔さんは毎朝見守っています。


「焙煎に関わるどの工程も、
 心を平らにして、日々たんたんと。」



潔さんが佐恵子さんと初めて
「ひよこベーカリー」として出展してくださったのは、
7年前の12月の市のこと。

そして、12月3日は、
「ひよこ珈琲」がオープンして4周年を迎える日。



人生を変える出会いや別れ。
今につながる瞬間。これから先につながっていく風景。
言葉にはまだまだ上手くできそうにないけれど、
私は、「ひよこ珈琲」に出会えて、しあわせです。



12月3日は冷えるようですから、
どうぞ温かいコーヒーを。




ひよこ珈琲






237A1604.jpg

日曜日。お天気は良いみたい。
きりりと冬らしい1日になりそうです。


どうしたら、この市らしく在りつづけられるかな。
そんなことをずっと考えてきました。

それは同時に
「私らしさ」とは何だろう。と
ずっと考える日々だったように思います。
未熟な自分のありのままを受け止め、
そして強く信じつづけること。


心がそっと震えるような出会いが、
今までも、これからも、
ここに在るように願います。


出展者のみなさまのご紹介を
お読みいただき、ありがとうございました。
心軽やかに楽しみましょう!
(私はこれからお買い物計画を立てますよー)





道明寺天満宮手づくりの市
2017.12.3(日)
10:00〜2:00



12.3出展者のみなさま一覧



workshop.png




ポスター.png