大澤知美 / 森井ファーム / atelier mémé





<2018.3.21出展者のみなさまご紹介>



image.jpeg

ーーー

大澤知美

ーーー

奈良で木工を手がける大澤知美さん。
以前出展してくださったのは、工房をお引越しされる前だったので、
かなりお久しぶり。


「道明寺天満宮手づくりの市10周年の今年は、
 どこかのタイミングで是非!と思ってました。」とうれしいお言葉。



新しい環境から生まれる木の道具は、
さらに伸びやかに、美しく。

たくさんあるものの中から、
なぜだか「あっ、大澤さんのつくったものだ!」と分かる不思議。


image.jpeg

2017年の「とにかく漆をはじめる!」を達成した
2018年は「漆と仲良くなる!」を目標に。

image.jpeg


いろんな樹種、
ひとつひとつ異なる木目の表情。


うつわを食卓だけでなく、
植物を飾ったり、アクセサリーを並べたり、
いろんな場面でつかうのも、いいですね。


木ともっと仲良くなれる道具たち。



<大澤知美>

インスタグラム     

ブログ





太陽の恵み.JPG

ーーー

森井ファーム

ーーー

京都の里山で、
かぶせ茶やほうじ茶、京紅茶など、
心を込めて育て、届けておられる森井夫妻。


お茶は農薬や除草剤を使わず栽培。
お茶は元々、虫がつきやすい木だそうで、
無農薬栽培というのは本当に困難なことだと、
別のお茶農家さんから聞いたことがあります。


「今冬は野菜が高いから困るわねぇ〜」なんて言われているけれど、
つくっている人の前にしても、そんなことが言えるのかね。



ありがとう。と受け取れることを
うれしく思いたい。



森井ファームでは、
お茶の木や土地に負担を掛けないためにも
秋番茶は収穫せず、畑に還して、堆肥へ。

本当に美味しいお茶となる、
春に収穫したものだけをまっすぐ届けています。



手から手へお届けできる喜びと、
そこから生まれるストーリーを知っているからこそ、
できること。



月影1.JPG

3人のお子さんのお名前をつけたお茶は、
それぞれ、子どもたちのように個性があり、味わい豊か。


お茶の色、味をした液体。ではなく、
お茶の木本来の力強く、身体に澄み渡るお茶を、
もっと身近に、美味しく飲んでほしい。


つくるひとのシンプルな思い。


春の収穫ふうか.JPG

セルフビルドで家を建てたという森井さん。
今年は、「未完成の子ども部屋をつくること。」

そして、今年もこれからも
「おいしいお茶をつくって、お客さまに届けること。」




<森井ファーム>

Facebook 

https://www.facebook.com/moriifarm

Twitter 

https://twitter.com/MORIIFARM

ログ 

http://moriifarm.blog.fc2.com/






doumyouji_4.jpg

ーーー

atelier mémé

ーーー

吹きガラスとバーナーワークで作品をつくっている
atelier mémé(メメ)」さん。


トロトロに溶けたガラスを、
竿に巻きつけたり、息を吹き込んだり、火の中にくぐらせたり、
1つ1つの作業が一発勝負だという緊張感あふれるものづくりだからこそ、
その全ての過程が好きで、おもしろい。というatelier mémé(メメ)」さん。

「一発勝負」という言葉に、
何度も手直しを加えながら、ようやく1着の服を縫い上げている私は、
おののいてしまうけれど、、

私のとって、未知の「ガラス」というの世界。
先日のごはん会の際に、あれこれとお話を聞かせてもらい、
引き込まれてしまった。

doumyouji_2.jpg

とけたガラスを竿に巻きつけ、型に入れてつくる
ガラスのペーパーウェイト。

美しい流線。

doumyouji_3.jpg

片口、の形が好きで、よくつくるというが、
キレの良い注ぎ口をつくるのは、経験を積んでも積んでも難しいという。

一瞬の見極め。炎の音が聞こえる。





ゆらぎの中にある
不均一な美しさ、透明度。

それぞれ魅力を感じる感度は違うから、
1つ1つ、手にとって、見てもらいたい。という気持ちで、
小さな規模の市をあえて選んだ。というatelier méméさん。



私はあえて少しゆがみのあるグラスがいいな。と思う。
木のものとガラスを組み合わせて使うのもいいな。

光の屈折を空の下で見ながら選びたい。




<atelier mémé>

インスタグラム  





237A9297.JPG

明日から3月!



道明寺天満宮手づくりの市
2018.3.21(水・祝)
10:00 ー 2:00










続きを読む

TEDUKURI NO ごはん会


237A9503.JPG

先日、3/21の市へ出展してくださるみなさまをお招きして、
「TEDUKURI NO ごはん会」を38_Field.にてひらきました。

237A9442.JPG

今回はいつもと違うテーブルの並びにしてみたくて、
ぐるりと円を描くように。

真ん中には、小屋の裏で摘んだ水仙を束ねて。




237A9451.JPG

こうして集まってもらえること、

237A9449.JPG

当たり前でなくって、

237A9483.JPG

本当にすごいことなんだなぁ。と
年々感じています。

237A9505.JPG

237A9507.JPG


237A6740.JPG



237A9516.JPG


237A9533.JPG

今回のケータリングは、京田辺市で昨年秋にオープンした、
「おうちのごはん ななつ」さんに依頼。

237A9524.JPG

「ななつ」さんは、
市スタッフ/たまさんが、お友達2人といっしょに始めた
週2日だけひらくお店。


スタッフミーティングの持ち寄りごはんでも、
「えーっ、何だ!この組み合わせ!」「これ、どうやってつくるの!?」と
いつもちょっと変化球のある、新しい美味しさと出会わせてくれる
たまさんのごはん。おやつだったから、


この日が来るのを、
スタッフみんなでほんとうに楽しみに待ってました。



237A9525-1.jpeg

「この日が来るのをドキドキしながら、年を越しました。。」という
ななつさんが用意してくれたこの日のメニュー。


237A9528.JPG

ふんわり口溶けのよい、自家製パンには

237A9539.JPG

スパイスや少しクセのある調味料が好きだという「ななつ」さん特製の
「大豆みそチーズディップ」(手前)と、
「レッドキドニービーンズのフムス」(奥)を添えて。

237A9531.JPG

レモンとかぼすの果汁、コリアンダーなど入っているという
「レッドキドニービーンズのフムス」は、
これまた未体験の美味しさ!

みんな、ディップだけでお代わりしてました。


237A9550.JPG

根菜たっぷりの和風ボルシチは、

237A9535.JPG

カツオ節を引いて取るというお出汁の風味が
とっても利いていて、一口飲むごとに、
「おいしい、、」と思わず、唸る。

あとで、豆腐のサワークリームを加えたら、
また全然違った美味しさに。

1品で2度美味しい。ななつさんらしさ光るスープ。

237A9541.JPG


237A9542.JPG

237A9549.JPG

237A9547.JPG

237A9559.JPG

それぞれ持参したお皿の上で、
繰り広げられる風景もひとつの楽しみ。

出展者さん自身の作品もあれば、
この市で購入したというお皿もあったり。

うつわが変われば、同じごはんもいろんな表情。



237A9561.JPG


237A9545-1.jpeg

おやつはスコーンと、

237A9536.JPG

自分たちで手焙煎しているというコーヒー。

「ななつ」好みの深煎りは、
ブラックは基本飲めない私も、
とっても美味しくいただきました!


ごはん。おやつ。飲みもの。
1つ1つ。心がいっぱい。

237A9521.JPG

たくさんの方たちに見せてもらっているうれしい風景が、
これから先、また誰かへと繋がってゆきますように。

237A9564.JPG

途中、うちのつむぎが無邪気に、
いろんな方を捕獲していたようで、、

237A9565.JPG

ごめんなさい!
遊んでくださったみなさま、ありがとう。

よほど楽しかったのか、
帰りの車でコテンと寝ました。ZZZ....

237A9562.JPG

「おうちのごはん ななつ」さんの
左から、さよさん、たまさん、まいさん。

とびきりのスマイルと、
心のこもったごはんとおやつをありがとう!


参加してくださった出展者さん、ありがとうございました!
3/21、楽しい1日にしましょうね。



//////

おうちごはん ななつ

/////


610-0343
京都府京田辺市大住女谷7−73
050-3740-7720

(月曜日)
カフェ 10:00〜12:00
お弁当とおやつ販売 10:00~売り切れ次第終了

(火曜日)
ランチ(予約優先)2部制
・11:00〜12:30
・12:30〜14:00

カフェ 10:00〜2:00
おやつ販売 10:00~売り切れ次第終了




IG /  nanatsu_772




18.3.21DM.jpg






祈りを込めるように、言葉を。



道明寺天満宮手づくりの市
2018.3.21(水・祝)
10:00 ー 2:00




ラフィユ / お茶と旅する紅茶店 百色水 もいろみ / 丘の上の


<3/21出展者のみなさまご紹介>





2pefh1HCQrOHdPMXFpt7ZA_thumb_fb03.jpg


ーーー

ラフィユ

ーーー


名古屋にある植物にまつわる小さなアトリエ「ラフィユ」
全国各地を旅しながら、
植物にまつわるさまざまな仕事を手掛けている今枝ご夫妻。


フランス語で「一枚の葉」を意味するという「ラフィユ」
一枚の葉が出来上がるまでの、とても長く神秘的な時間を大切に感じられることを
暮らしの中でとても大切に思い、活動しています。


「今枝」さんというお名前、
活動とリンクしていて、とっても素敵だなぁ。っと。



UNADJUSTEDNONRAW_thumb_fa98.jpg

植物のオブジェや、

P8BHSv9KSnOnTmy4KYEYuA_thumb_f029.jpg

プランツジュエリー、
リースやドライフラワーブーケ、スワッグなど、





植物雑貨からアート作品へ。


2018年は、作品としてのクオリティー、独創性を追求し、
研鑽し、広く伝え、アート作品の域まで押し上げたいというラフィユさん。



日用品とは違う。
なくてもよいかもしれない。

ただ、見ていたいもの。
消費されるものとは異なる次元、
心満たすもの。

感性を揺らすもの。




<ラフィユ>

HP 

インスタグラム ラフイユ( @lafeuille8 )

Facebook ラフイユ( @lafeuille8 )







image2.JPG

ーーー

お茶と旅する紅茶店 百色水 もいろみ

ーーー


ラフィユさんが「旅する花屋」さんなら、
百色水さんは「旅する紅茶店」

それにしても、「旅」という言葉の響きは、
なぜこんなにもワクワクするんでしょうね。


image1.JPG

京都木津川市にある「百色水」さんは、
オープンして5周年。

ティータイムコーディネーター / フードコーディネーターの店主による、
オリジナルブレンドの紅茶を提案をはじめ、

中国茶、日本茶、お菓子やお料理まで!
幅広い知識と経験を元に、出張教室やイベントなど多彩な活動を行なっています。



image3.JPG

紅茶が好きな方にも、新たな美味しさを。
「淹れ方が難しそう、、」と躊躇う方には、
簡単だけど美味しい!紅茶を。


3/21の市では、
紅茶、日本茶、コーヒー。と飲みものが充実。
それぞれ持つ奥深さ、楽しさ、美味しさを
五感で味わえる贅沢な市になりそうです。



お茶と旅する紅茶店 百色水 もいろみ>
Instagram 

Facebook 

blog



DSC_1944_スクエア.jpg


ーーー

丘の上の

ーーー

前回出展してくださった「岡田製作所」から、
屋号を「丘の上の」へ変更。

今春、大学院を修了し、
クリエイターとして本格的に踏み出す。

卒業式の3日後。となる3/21の市は
「丘の上の」さんにとって、
大きな第一歩となるようです。


DSC_0150.jpg

真鍮やビーズで紡ぐ、
空間のように広がりゆくアクセサリー。


手先の器用さと、学んだ建築の経験や知識、技術。
たわいもない日々の出来事や、四季の移ろい、
その時にしかない彩りを探しに。


DSC_0132_スクエア.jpg


「草つゆの集まり」と名付けたアクセサリー。
目を凝らして見ると、小さなミツバチが、、


美しい物語と風景を。



<丘の上の>





IMG_6144.JPG

明日もうれしい1日になりますように。


道明寺天満宮手づくりの市
2018.3.21(水・祝)
10:00 ー 2:00

3.21.jpg