SUNn・寸 / enn


<2018.3.21出展者のみなさまご紹介>







◯DSCF0279切り抜き小.jpg

ーーー

SUNn・寸

ーーー


アクセサリーを制作する「SUNn・寸」さん。

真鍮や革、鹿の毛皮など、素材そのものが持つ魅力を生かし、
経年変化やお手入れをしていくうちに、
愛着がより増していくよう、永く使えるものを
1つ1つ制作しています。


「年齢を問わず、家族の中でも各世代をつなぐものとしても」

作品のお写真を初めて拝見した際、
白髪混じりのショートカットの女性が身につけていたら素敵だろうなぁ。
というイメージがパッと浮かんだ。

シンプルな装いに凛としたアクセント。



小◯DSCF2850少し拡大.jpg


表情をつけた真鍮と、
牛革や鹿の毛皮を合わせたブローチやイヤリング。

適度な硬さがあり、
毛の流れや、グラデーションが美しい鹿の毛。

生命の気配を宿す、
力強い存在感。



小◯DSCF1733切り抜き.jpg

真鍮で幾何形体や線をつくり上げたピアスは、
線と円が立体的に、耳も合わせて交差するように構成したもの。

付ける方向によっても、
見え方が変わるというから、
その日の気分と装いとリンクさせながら、
身につけたい。


例えば、このアクセサリーたちが、
どんな空間に並ぶのだろう。と
その空間を想像するのも楽しい。

そして、想像の答え合わせへぜひ。



私たちの市には初めてのご出展となります。




<SUNn・寸>







IMG_6590.JPG

ーーー

enn

ーーー


大阪市内の住まいから、奥丹波の里山へ通い、
栽培している藍や草木から色を取り出している「enn」さん。

何度炊き出しても、染めても、
いつも新しい色との出会いがあって、
わくわくするという一期一会の色。


IMG_5098.JPG

青、蒼、碧、水、空、、

この色たちを表す名前は、
手にした人、それぞれの中に
きっと無限にある。

それにしても何て美しいグラデーション、、

ごわっと乾いた手触りなのか、
くったり柔らかなガーゼなのか、
確かめてみたい衝動。


今、ennさんの手から生まれる色を。




「出展応募にあった”2018年の抱負は何ですか?”という質問を見て、
 ”抱負がない、、、”とつぶやいてしまいました。

 何がしたいかわからないまま、手を動かすのは、
 雲の中を彷徨っているみたいで、何とも言えない感覚だけども、
 今はそんな自分と向き合いたいと思います。

 ”抱負がない”なんてはっきりと公言して応募できるのは、
 この市だけです。」





<enn>




237A9299.JPG


道明寺天満宮手づくりの市
2018.3.21(水・祝)
10:00 ー 2:00