椅子ノ杜 五郎 / atelier mémé / kukuLu



237A1750.JPG

新緑が眩しい季節になりました。
いよいよ開催まであと1ヶ月となった「道明寺天満宮手づくりの市」

今度こそ晴れますように。
願いを込めて、出展者のみなさまのご紹介、
はじめますー。




<2018.5.27出展者のみなさまご紹介>



---

椅子ノ杜 五郎

---


DSC_0064.jpg


IMG_5560.jpg


IMG_5815.jpg

ご本人のご希望で、ここではあえて語りません。
よろしくです!


椅子ノ杜 五郎





doumyouji_4.jpg


---

atelier mémé

---

吹きガラスとバーナーワークで作品をつくっている
atelier mémé(アトリエ メメ)」さん。

doumyouji_2.jpg

それまで趣味の域で続けていた吹きガラスを
本格的に学びたい気持ちを抑えられなくなり、
石川県の能登島にあるガラスの学校へ行くことを決めたのが、
今から10年前のこと。

それからはガラスを吹くことが楽しくて楽しくて、
何よりもガラスのことが優先で、
ガラスを吹かない生活は考えられないようになる程、
夢中で製作しておられたというméméさん。

doumyouji_3.jpg

それが、体調を崩し、ほんの数ヶ月ガラスを休んだのが去年のこと。
製作を再開したものの、以前と何かが違い、、
本当につくりたいものがわからなくなって、立ち止まってしまう。

「世の中には素敵なものが溢れているのに、
 自分が誰かが必要とするのだろうか?」

それは稚拙な私でも同じように感じたこともあり、
つくる人なら、きっと誰もが感じることなのかもしれない。
でも、きっとそれはきっとものづくりが次の段階へ飛躍する前触れ。
(だと信じたい。)


トロトロに溶けたガラスを竿に巻きつけ、
息を吹き込み、火の中をくぐらせて、
押したり、切ったり、伸ばしたり。


ガラスの一瞬の変化を見極めながら、
2本しかない手を駆使して、必死に動かす。
ガラスの製作というのは、それはもう緊張の連続。


「マンネリでも、誰かが同じようなものをとっくにつくっていても、
 売れなくても。評価されなくても。

 自分のためにガラスを吹きたい。
 良いものをつくりたい。

 使いやすいもの。
 使いにくいけれど、やっぱり好きなもの。」





atelier mémé

インスタグラム 

hp  




IMG_20180214_124747_983.jpg

---

kukuLu

---


神戸の海の近くに工房を構え、
彫金アクセサリーの製作を行うkukuLuさん。

とーっても細やかな手仕事が感じられるアクセサリーたち。
「製作は丁寧にねちっこく仕上げていくのに、
サイズや形はざっくばらんなんです。」と
そのバランスがkukuLuさんの魅力なのかもしれない。

確かな技術の中で、
ゆたかで自由な遊びゴコロ。


kukuLuさんにとってのこの10年。
京都から神戸へと拠点を移し、お店をオープンし、閉め、
結婚され、海辺へ引っ越し、工房を構え、
娘が誕生し、きなこちゃん(犬)もやってきた。


(とにかくどの作品もちっちゃい!)


盛りだくさんな10年。
目紛しい変化の連続の日々の中でも、
家族の在り方のベースが確立されたようで、
普段の日常があるからこそ、外へ出展しに行く時には、
気合のスイッチがカチッと入る。家族で力合わせて頑張る。
そして、また日常へ戻り、コツコツ手を動かす。


「これからの10年も日常を味わいながら、
 家族でコツコツと進みたいです。」というkukuLuさん。


P8256188.JPG

「老眼が心配ですが、小さいものたちをこれからもつくり続けます。」と
あのはにかんだ笑顔。


kukuLu






237A1798.JPG

先日、5/27市のフライヤーを
出展者のみなさまへ発送いたしましたが、
届いていますでしょうか?

10周年は金箔押しにしよう!と
随分前から決めていたので、
今回、奮発!満を持して。製作しました。

ただ、前回開催が雨天中止になってしまったこともあり、、
限られた予算の中で、さて、どうしようか??

箔押しするからには、紙はある程度の厚みがほしい、、と
悩んだ末、限定枚数、印刷させてもらうことにしました。

出展者のみなさまにはご希望いただいた枚数より
少なめの枚数を発送させていただくこととなり、
申し訳なく思いますが、、
余すことなく、お渡しいただけたらうれしいです。
(高価だからというわけでなく、安価なフライヤーであっても、
 余らすのは心苦しいものです。)


237A1809.JPG

手から手へと
確かに伝わり、

うれしい出会いが
たくさんありますように。


237A1805-1.jpg


道明寺天満宮手づくりの市
2018.5.27(日)
10:00〜2:00




星ヶ丘洋裁学校




hg70th_flyer_s.jpg

明日から始まる「星ヶ丘洋裁学校70周年記念・洋裁服の展示」に
卒業生として作品を出展します。

この展示は現役生徒や先生、卒業生の人が
「根っこRoots」というテーマを衣服で制作表現する。というもの。

237A1285.JPG

13年前。
自分が着たいウェディングドレスが見つからず、
「自分でつくってみたい!」と
この洋裁学校の縫製クラスに参加し、
ほぼ洋裁経験なかったにも関わらず、
難易度の高い(値段も高い!)シルクサテン生地で、
四苦八苦して仕上げたという、無謀なウェディングドレスは、
今見ると、もう悲惨な仕上がりだけど、、
思い出がいっぱい詰まった1着。

はじまりの1着。


私の今の服づくりの「根っこRoots」とも言えるウェディングドレスを
70周年記念展示のために新たに製作しました。

今着たい、私のウェディングドレス。


緑に囲まれた星ヶ丘学園の敷地内にある
古い木造校舎の一室「ソーイングギャラリー」にて
4/25(水)〜5/6(日)まで展示されています。


hg70th_flyer_s-2.jpg



ーーー

星ヶ丘洋裁学校

〒573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18
京阪電車枚方市駅で京阪交野線に乗換「星ヶ丘駅」下車駅から徒歩3分

ーーー

自然と自由な空気があふれる、
ほんとうに気持ちの良い場所なので、
ぜひ訪れてみてください!


237A1398.JPG

その洋裁学校の校舎の裏には、玉井さんご夫妻が営む
SEWING TABLE COFFEE」という小さな喫茶室があり、
その隣には、分室「SO Lei」という
小さなギャラリーがあります。

この場所は17年前にはじめて訪れてから、
ずっと憧れてきた私の原点とも言える場所で、
きっとたくさんの人がそうであるように、
私も、特別で大切に思っている場所です。

237A1426.JPG

この分室「SO Lei」にて、
6/20(水)〜7/1(日)の期間で、
服の展示をさせていただくこととなりました。

ずっと密かに心待ちにしていた時間は、
ある日唐突にやってきたので、思わず大笑いしてしまったけれども、
「今」だという確信のような、不思議な気持ち。

この場所で表現したいことを
ずっとずっと心の中で反芻してきたから、
1つ1つ大切に形にしたい。と、
今少しずつ手を動かしています。


IMG_0128.jpg

「この丘で撮影会ができたらいいねぇ。」
旦那と交わしたいつかの言葉も、
いっしょに実現できそうです。

綴りたい気持ちが止まりませんが、、
分室SO Leiでの展示については、
後日また改めてご案内したいと思います。


2018.6.20wed - 7.1sun
product by 38_WORKS. 宮井美咲 / 服の展示 
38/W PHOTO.  宮井貴弘「丘の撮影会」(予定)

/  at SEWING TABLE COFFEE 分室 SO Lei 
(星ヶ丘学園内)



-----



527.png


道明寺天満宮手づくりの市
2018.5/27(日)
10:00〜2:00


出展者のみなさま一覧を掲載いたしました!
(ページが古い場合はリロードしてみてください。)


5/27の市のこと



◎フライヤーはもうすぐで仕上がる予定です。
 出展者のみなさまには今週中には発送できると思いますので、
 遅くなってすみませんが、もう少しだけお待ち下さいませ。

10years photobook



IMG_4219.JPG

5/27の開催で、
道明寺天満宮手づくりの市をはじめて10年になるので、
10年間の写真を1冊のフォトブックにまとめようと、
<photoback>というサイトを利用して、
今、編集作業を行なっている。

237A4428.JPG

開催1年目は、旦那はまだ写真をはじめていなかったし、
駐車場の整備にあたってくれていたので、
残念ながらほとんど写真がない。
あってもコンパクトデジカメで画質の荒いこと、、

その後、旦那がふとしたきっかけで、
一眼レフのカメラ教室に通うこととなり、
撮影を仕事として行う今に至る10年間。

私が撮影したものも含んでいるが、
写真の質がどんどんと上がっていくので、
編集していておもしろい。

写真だけでなく、全てにおいて稚拙だけど、
初期衝動にあふれていて、うーん。眩しい!

完成度を高めてからはじめる。ということも
必要かもしれないけれど、結局、はじめないことには、
完成度を高めていくこともきっとはじまらない。

とにかく走り出してしまう私を見て、
旦那や周りの方たちが、
足りない水分を補給してくれたり、
落し物を拾って追いかけて来てくれたり。

面白がって並走してくれた人。
分岐点で別の道へ進んで行った人。
これから出会う人にも。

全てのひとへ感謝の気持ちを込めて。



第1回目の開催を迎えるにあたり、
旦那が幼い頃からお世話になっていたという写真館の店主さんが、
「開催ポスター、貼ってあげるから持っておいで」と言ってくれた。

開催当日、朝1番に境内に来てくれて、
まだ赤ちゃんだったはるとの面倒を見ていてくれたお陰で、
ずいぶん助かったことを今でも覚えている。

私にとっては、結婚してからやって来たはじめての土地で、
私の代わりにはるとを抱っこして見ててくれた、
身内以外のはじめてのひとだった。

そのあと、しばらくお会いしないまま、
急に亡くなったという知らせを受けたことが、
ついこないだのことのようだ。

お子さんのいらっしゃらなかった店主さん。
亡くなった後、パートナーさんから「彼女は子どもが苦手で」と聞き、
あの時、「頑張りやー!」と言って、
幼いはるとのことをずっと抱っこしててくれた優しさに
深く気づいて、涙が溢れた。

237A4424.JPG

あふれ出るうれしい出会い、悲しい別れ。

最大120ページのアルバムでも、
到底収まり切らない10年の記憶。

237A4423.JPG

何かを取捨選択していかなければならない覚悟も、
この10年で学んだこと。

237A4422.JPG

変わらない、変えようのない思いが、
しつこく自分たちの中に流れつづけていること。

237A4429.JPG

そんな10年の記憶、記録。
5/27の市でよかったらめくってみてください。


↑ ↑

掲載したこのphotobookは、ずいぶん前に製作したものです。
こちらもよかったらぜひご覧になってみてくださいね。


来週には出展者のみなさまをお知らせしまーす!



道明寺天満宮手づくりの市
2018.5.27(日)
10:00〜2:00

続きを読む