出展申し込みの受付はじまりましたー / 東日本大震災義援金箱 ご報告



9.30.png

雨上がり。夏のような日差し。
本日7/9(月)より、9/30(日)開催の「道明寺天満宮手づくりの市」
出展申し込みの受付を始めます。

記載事項など詳細は、
「出展募集について」ページをご参照ください。


また出展について、ご不明な点などありましたら、
domyoji.tedukurinoichi@gmail.comまで
お気軽にお尋ねくださいませ。


申し込みの受付は7/15(日)までとなりますので、
どうぞよろしくお願いいたします!



todo.png


「道明寺天満宮手づくりの市」では、
東日本大震災発生以降、会場に義援金箱を設置し、
各方面への支援を継続して行っています。

現在、主に義援金を届けているのは、
チェルノブイリ事故の被災者支援に長年携わって来られた広河隆一氏が、
福島の子どもたちのために設立した保養施設「沖縄・球美(くみ)の里」です。

237A2364.JPG

5/27(日)の開催で、
義援金箱にお寄せいただいた9065円。

「木の下の古絵本やさん」の売り上げ2500円に
出展料の一部をプラスした12500円で、


amazonのウィッシュリストより
・サッカー フットサル用品 カラーコーン
・除湿シート
・屋外LEDスポットライト
・トイレットペーパー

の4品を選び、6/8にお届けしましたこと、
遅くなりましたがご報告いたします。


-


東日本大震災以降も、日本各地で災害が起こり、
支援を必要とする地域はたくさんあると思います。

その時々で「緊急性の高い地域へ迅速に支援する」
ということも必要で大切ならば、
記憶から薄れていく地域や出来事への支援の継続も、
必要で大切なこと。


それぞれが、それぞれのできること、できる範囲で、
心を寄せていければ。と思います。自分の心が決めること。

237A2353.JPG

年を重ね、より強く思うこと。
全ては循環していくということ。


お心を寄せてくださったみなさま、
ほんとうにありがとうございました。


-



福島の子どもの保養施設 認定NPO法人
「沖縄・球美の里」
http://www.kuminosato.com/

-
震災発生以後、4000人をこえるこどもたちと保護者の保養を受け入れを行い、
甲状腺検診や健康回復のための活動も行っています。



237A2349.JPG

とどけよう





237A3395.JPG

開催すべきか、、迷った
ヒラメキのタネpresents 「雨をたのしむWS」も
昨日無事、38_Field.にて開催いたしました。

山からの雨水が川をつくり、
鮮やかな絵の具の色彩の上に夏の日差しが降り注ぐ。

心に残る風景となりました。


また後日、WSの風景をご紹介させていただきますね。
ヒラメキのタネ・eriさん、参加してくださったみなさま、
ありがとうございました!
posted by miyai-works. at 10:26大阪 🌁Comment(0)38_WORKS.