nitoel / MEROMERO-ME / 東條智子



<2018.9.30出展者のみなさまご紹介>


IMG_0614.jpeg

ーーー

初登場
nitoel

ーーー

雨の日も気にしない。
毎日ガシガシ履けて、いつもそばにある。

シワもシミも気にしない。
ぜんぶ味になって、自分だけの靴に育つ。

気軽だけど どこか存在感のある
そんな靴をつくりたいと思っています。



デザイン・製作・染色など
すべての工程を手作業で行い、
セミオーダーの靴を製作している「nitoel」さん。



IMG_1477.jpeg

デザインも履き心地も良い靴を。
仕事もプライベートも。

お客さまと自分自身、どちらともが欲張りに、
「靴」を通じてワクワクするように。

「二兎とも得たい!」という思いを込めて、
名付けた「nitoel」

IMG_1783.jpeg

「長く長く使え、長く長く傍に置いていただけるものを」
完成した靴を渡して、終わり。ではなく、
納品後も足に合うまで、何度もお直ししてくれるなど、
お渡しした後のお客さまとの時間も大切に。

師匠や自営業を営む父から、
身をもって教えられたという
「人と人との繋がりを大切にするということ」を心に
独立してから約4年。1つ1つの靴を心を込めて製作してきたnitoelさん。


「靴が履きたいから、出かけたい」
そんな風に外の世界へ誘ってくれる、
うれしい靴をつくってみませんか?


<nitoel>




ブーケ.jpg

ーーー

初登場
MEROMERO-ME

ーーー


「To meet you , I was born」
あなたに出逢うために生まれてきました
を、コンセプトにかぎ針編みアクセサリーやソーイングで、
洋服や雑貨などを製作している「MEROMERO-ME(メロメロメー)」
吉川さやかさん。


”自分がメロメロになるくらい可愛いアクセサリーで、
お客様を幸せにしたい”という意味と、
羊の鳴き声メ〜で「MEROMERO-ME(メロメロメー)」

この名前とロゴは、
旦那さまが、プレゼントしてくれたものなんだとか。


野花.jpg

散歩している時、
自転車を走らせている時、
ふと目に映った野花の存在に
ハッとさせられた心の動きから、

野に咲く花をイメージして製作した「野花」

チョコレート.jpg

それぞれフレーバーをイメージして製作しているという
「チョコレート」



日常で心が揺さぶられたことやものをカタチに、
つくっている時の”わくわく”を作品に込めて。

手にする人の暮らしや装いに
自然と交わるアクセサリーは、
「To meet you , I was born」

たくさんある中からでも、
きっと自分にぴったり合うものと出逢えるはず。



MEROMERO-ME

ブログ  http://meromerome.seesaa.net/

インスタグラム  https://www.instagram.com/meromero_me/



水差しいろいろ2.jpg

ーーー

東條智子

ーー


「人を呼んで楽しく集う場所にすればいい。」と

お父様が残してくれたという小さな陶芸小屋で、

作陶活動を行う「東條智子」さん。


昔から暮らしの道具が好きで、

特に台所用品が大好きだという東條さん。

料理をつくることも食べることも大好きだったけれど、

巡り巡って、こうやって今料理を盛り付ける器をつくる毎日を送っているのは、

やはりお父様の存在が大きいんだそう。 

四角皿5.jpg

ものづくりは好きで、無心になれるけれど、

それだけだと孤独で。


人と繋がっていたい。歓びを誰かと共有したい。という

人が持つ根源的な思いに辿り着く。


リムかざり3.jpg

どれも同じように見えるものでも、

使ってみて、初めてわかる良さがあって、

見た目は良いのだけど、どこか使いにくい、、

その境目は、小さな小さな要素の積み重ね。


器の重さ、手に持った時の収まり。深さ。


人が「良い」というからといって、「良い」とは限らない。

「良い」は自分が決めること。

それが何よりも楽しいこと。




<東條智子>

https://www.instagram.com/tojo_tomoko/





237A7188.JPG


道明寺天満宮手づくりの市

2018.9.30(日)
10:00〜2:00

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



雪窯 / FURNITURE STUDIO COM




2018.9.30DM.jpg



まだまだ終わりそうにない夏の日が続きますが、
9/30(日)「道明寺天満宮手づくりの市」の開催まで、
あと1ヶ月!


これから当日まで、
41組の出展者のみなさまを
順番にご紹介していきたいと思います。

わくわく。。
市の日がどんどん楽しみになってゆきますように。



<2018.9.30出展者のみなさまご紹介>


0001.jpg

ーーー

初登場
雪窯

ーーー

兵庫県明石市にて、工房を構え、
作陶活動を行う「雪窯」高見祐樹さん。

大学を卒業した後、
北欧やイギリスの家具に興味を持ち、渡英。
帰国後、北欧家具店で働く中で、
スウェーデンの陶芸家ベルント・フリーベリの作品と出会う。

料理好きでもあった高見さんは、フリーベリの器に惹かれるも、


「美術品でもある彼の作品には手が届かない」
ならば「自分でつくることができないか」
そこで陶芸教室に通い出す。



釉薬や成形の奥深さに強烈にのめり込み、
そこから陶芸作家を志すようになったという高見さん。


0002.jpg

鉱物や金属。
無限の組み合わせでつくる釉薬。

1200℃もの高温で溶ける時、
釉薬に含まれている亜鉛やチタンなどが、
結晶としてキラキラと産出するその神秘さに感銘を受け、
「雪のような美しい結晶を生み出す工房」に。という願いで、
「雪窯」という名前を付けたんだそう。

0004.jpg

お日さまの光が当たり、
キラキラと輝く結晶釉をぜひ見て欲しい。という雪窯さん。

柔らかな色合い。
食卓の上で、パレットからゆたかな色を組み合わせるように、
どんなお料理を載せてみようか。

想像をどこまでも膨らませながら。




雪窯



IMG_7108.JPG

ーーー

FURNITURE STUDIO COM

ーーー

奈良市に工房を構え、
無垢のオーダー家具や木の器などを
制作している「FURNITURE STUDIO COM」
近藤雄士さん。


近藤さんも家具づくり(木工)に携わる前から、
北欧家具が好きで、特にウェグナーの椅子は、
勉強のためにも、少しずつ買い集めているんだとか。

シンプルなのに、意匠的で
50年以上前のデザインなのに、全く古さを感じさせない椅子は
ずっと見続けていられる。というほど。

「いつか自分もそんな家具を制作できたら」

25.JPG

見ても美しく。
使っても手触りよく。

私たちの生活に欠かせない「木」という存在から、
知らず知らずのうちにもたらされているものは、
とても大きい。

DSC_0209.jpg

木をそのままくり抜いたような、
ホッとする佇まいの器ながら、
ぼってりとした野暮ったさはなく。

木の器って、その辺のバランスが、
つくり手さんによって、全然違う。
ささやかだけど、これ大事。


当たり前なんだけど、
木って1つ1つ違うんだなぁ。
いろんな表情があるんだなぁ。

そう、当たり前で大切なことに気づかせてくれる
COMさんの作品。



FURNITURE STUDIO COM




930.png

この日は「道明寺地区」のだんじり祭りの
試験曳きの日だそうです。

だんじりも見られるなんて、ラッキー。
これはもう、ぜひ電車でいらしてください。
(道明寺天満宮周辺に交通規制がかかると思われます。)


ーーー


道明寺天満宮手づくりの市
2018.9.30(日)
10:00〜2:00

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



TEDUKURI NO ごはん会


237A7176.JPG

8/26(日)

237A7179.JPG

私たちの小屋38_FIeld.へ
9/30の「道明寺天満宮手づくりの市」出展者さんをお招きして、

237A7137.JPG

「TEDUKURI NO ごはん会」をひらきました。

237A7073.JPG

約半数の出展者さんが、
各地から参加してくださり、
賑やかにスタート。

237A7091.JPG

いつもお1人ずつ、自己紹介をしていただくのですが、

237A7077.JPG

今回はこんなものをご用意。
(前日、はるとが夏休みの工作をちぎり絵でつくっていたので、
 私もつむぎといっしょにつくりました。ちぎり絵ってこんな楽しかったっけな!?)

237A7087.JPG

「出展者さんに聞いてみたいこと」を
出展者さんそれぞれに書いてきてもらい、

237A7076.JPG

くじ引きして答えてもらうという。

237A7105.JPG

これがなかなか面白くって。

237A7108.JPG

237A7110.JPG



237A7129.JPG

ごはんとおやつは前回につづき、
スタッフたまさんとお友達のさよさんの
ケータリングユニット「おうちごはん ななつ」による


237A7130.JPG

とろとろに煮込んだお肉や温玉を乗っけた
台湾でのおふくろの味、と言われる「ルーロー飯」と
ひよこ豆とキヌアのサラダ。きのこの冷製スープ。

237A7143.JPG

添えられた梅酢のしば漬けと、
どのメニューも、
さっぱりしながらも、身体にスーッと
染み込む美味しさで、

237A7135.JPG

237A7134.JPG

237A7127.JPG

出展者の「嘉兵衛本舗」さんの水出し茶と、

237A7131.JPG

237A7140.JPG

「ななつ」お手製のドリンク3種。

237A7145.JPG

暑い暑い小屋の中、
たっぷり水分を取りながら、

237A7150.JPG

わいわい。わいわい。

237A7165.JPG

おやつはひんやり
パイナップルとキウイのゼリー。

沖縄のものだという、
少し辛味のある独特なスパイスがほんのり効いた、
スパイス好きの「ななつ」さんならでは。

どれも大満足!のメニューでした。


美味しいごはんは人や言葉をつないでくれる。
あっという間の4時間は、
「また会いたい」という思いがより一層溢れ出す。

237A7180.JPG

初めてお会いする方も、
画面を通じて、近況を知っている方も、
それでも「会う」という行為が、
もたらす情報や気持ちの大きさを
改めて知る。

歓び、勇気、摩擦、面倒臭さ、
大きなエネルギーを要する、
この「会う」という行為からしか生まれないことを
小さな市でこれからも大切にしたいと思う。

ささやかな「交歓」のエネルギーを。




続きを読む