aei / アオキコーヒー / miya_bake



<2019.3.17出展者のみなさまご紹介>





aei001.JPG

【aei】


日常に隠れている些細な美しさを
ジュエリーやオブジェで表現、制作している【aei】さん。

オブジェを身に付けるように、
ちょっと特別な存在感を感じる【aei】さんの作品。

aei003.JPG

『妖精がくれた小包』

aei002.JPG

「宝物の鍵穴」

作品に込められた名前を聞くと、
よりいっそう、広がっていく物語。



金属は時の流れとともに、
風化し、移ろっていくから。

【aei】さんが愛する自然と同じように、
その移ろいに目を凝らしながら、
長く長く大切にしたい作品。



-

そんな【aei】さんが、
2019年から始めたことは『プチ温活』

腹巻を24時間巻いて、
朝起きた時や制作の前にも白湯を飲み、
帰宅したら足をあったかいお湯で洗う。

これだけですこぶる調子がいいんだとか。


繊細かつ力仕事なものづくりは、
すこやかな身体から。





作品写真_3.jpg

【アオキコーヒー】


日々の中で、
穏やかな「ひとてまを」

そんな思いから生まれた自家焙煎のコーヒー豆屋さん。

作品写真_2.jpg

週1日のお店営業と、
豆の通販をメインに活動しつつ、

作品写真_1.jpg

今年に入ってから、
初めてブレンドコーヒーの販売を始められたとか。

ブレンド_空白.jpg

名前も中身も全く決めない、
「空白」と呼んでいるブレンドコーヒー。

飲む人1人1人に
しっくりくるコーヒーをつくりたい。
という思いで、

買っていただいた方からお題をいただき、
お題に沿ったコーヒーを
1つずつ製作するという試みなんだそう。

-


「あの雰囲気にちょうど良いブレンドを携えて、
 またお邪魔したいと思います。」



道明寺天満宮手づくりの市からイメージされたコーヒー。
どんなコーヒーなんだろう。

想像通り?それとも、、、?






【アオキコーヒー】





miyabake3.jpg


【miya_bake】初登場


大好きなお菓子が
少しでも身体への負担が
少ないものであるように。

そんな思いを込めて、
季節の素材を選び、
小麦粉や砂糖を使わず、

米粉やそば粉、
国産はちみつや有機メープルを使い、
焼き菓子を製造している【miya_bake】さん。


miyabake1.jpg

パウンドケーキ、クッキー、チーズケーキ。
試行錯誤を繰り返して、
少しずつ形になってきた焼き菓子たち。

2019年は、実店舗を持つことを目標に、
たくさんたくさん吸収し、勉強して、
もっともっと焼き菓子を美味しく進化させていきたいと
【miya_bake】さん。


unnamed-20.jpg

小麦粉や砂糖、バターを使った
お菓子の美味しさも楽しみつつ、

新しい素材や組み合わせの美味しさも、
楽しめる!


選ぶことができる。ということは、
きっと笑顔が増えること。

とてもしあわせなことだと思います。



「小麦をを使ったお菓子とは、
 ひと味違った味わいを楽しんでいただけますように。」





【miya_bake】
instagram 



【miya_bake】さんには、もう1つのお顔があるようですよー
 ↓

HP




ichi.jpg

ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.3.17(日)開催
10:00〜2:00

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP



.今日の午前中は、つむぎの参観でした。.劇の発表。肝心の自分のセリフは言わずに、お友達の動きをあれこれ指示しては、ニコニコニコニコ。.我が子だけでなく、どの子もほんと愛らしく、いとおしいな。..もう少しで開催まで、あと1ヶ月。.3/17 出展者のみなさま一覧ページがようやく仕上がりました。「#道明寺天満宮手づくりの市」HPに掲載いたしましたので、ぜひぜひご覧くださいませ。↓http://www.tedukurinoichi.com/pg162.html.来週からは、出展者のみなさまのご紹介もブログにて始めたいと思います。.開催までの時間もお楽しみいただけますように。..ーーーー.道明寺天満宮手づくりの市2019.3.17 (日)10:00 - 2:00.大阪府藤井寺市道明寺1-16-40近鉄南大阪線「道明寺駅」徒歩5分..#38_works

季節と、大切なひとと

SUNn・寸 / MMM MADE / Atorium38


<2019.3.17出展者のみなさまご紹介>




image00000001.jpeg

【SUNn・寸初登場


金属や革、鹿の毛皮などを使用した
アクセサリーを制作している【SUNn・寸】さん

昨年、ご出展予定でしたが、
雨天中止となってしまったため、今回改めまして。です。

image00000003.jpeg

用いる様々な素材の魅力を活かし、
合わせることで、より一層魅力的なものとなるように
制作しているという【SUNn・寸】さんのアクセサリー。

表情をつけた真鍮と
牛革や鹿の毛皮をあわせたブローチやイヤリングは、
適度な硬さのある鹿の毛皮特有の、
美しいグラデーションを生かしたアイテムで、

艶かしく、生命力が発露したような存在感。

image00000010.jpeg

そのほか、金属単体で幾何形体や線で作り上げた
ピアスや指輪など、

経年変化やお手入れをすることで、
より愛着を持ってもらえるものを。
各世代をつなぎ、長く使ってもらえるものを。
心掛けて制作しているというアクセサリーたち。


グレーヘアーの方にも、
とっても似合うだろうなぁ。



【SUNn・寸】




IMG_4529 (1024x768).jpg

【MMM MADE】

よいとおもえるもので、
つくることができるものを、
できるだけ。

運営つじおかによる、
布でかたちをつくるしごと
【MMM MADE】

IMG_4517 (1024x768).jpg

画家の岩瀬ゆかさんとコラボした帽子が登場。
無地の布に岩瀬さんが直接、絵を描き、
それを【MMM MADE】さんが、
ふだん製作している帽子に仕立てたという
MM×iwase yuka "limited"がリリース。

伸びやかなドローイングが、
頭の上で奏でるうつくしい色合い。

もちろん、
どれも一点もの。なんだとか。


最近の【MMM MADE】さんは、
最初から最後まで
自分でコントロールしきれないものづくり、を
心から楽しんでいるようで、

目に浮かぶ、
製作する【MMM MADE】さんの
うれしそうな顔。


IMG_4549 (1024x768).jpg

ミシンで絵を描くように、
ひとつひとつ手振りで描き込んだ刺繍は、
「丸いものに羽が生えたモチーフ」

まるはね

軽やかな季節にぴったりの、
軽やかに舞う、まるはね刺繍のターバンも
色とりどりに並ぶ予定。




「ひとりだけじゃなく、
 バトンを渡すようにつくるのは楽しいな。と実感しました。

 だから、惜しみなく、
 じぶんができることを面白がってくださる人に
 渡していきたいなと思います。

 2019年は『放つ』いちねんにしたいです。」



【MMM MADE】




PC021162.JPG

【Atorium38】


養蜂を営むご両親とともに、
春は和歌山、夏は北海道へ
ミツバチとともに移動し、採蜜。

大阪・豊中市にて蜂蜜のお店も営む
「Atorium38」北原寛子さん。

お店はめでたく10周年!

PA030368.JPG

自然災害の多かった去年の影響で、
養蜂にも影響があったようだけど、

それでも変わらず、
ミツバチたちが小さな身体で飛び回り、
コツコツと集める、自然の恵み。

小さな小さなミツバチだけど、
作物の受粉や実りには欠かせない存在で、
私たちは、ミツバチと同じ生命の一部だと、
改めて気づかされる。


はちみつは、採れる花によって、風味も色も全然違うのが、
面白いところでもあり、奥深いところ。




image1.jpeg

2019年、
コンサートや公演、美術、音楽、
なんでもチャレンジ!の1年にしたいという
Atorium38北原さん。

「テニスも、もっと上手になるぞぅ〜」
「書道もがんばるぞぅ〜」と、
元気な抱負を伝えてくれましたよ。




Atorium38



ichi.jpg

ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.3.17(日)開催
10:00〜2:00

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP



IMG_2669.JPG

先日、大阪城へ行ってきました。

去年、初めて訪れた大阪城。
灯台下暗し、というか、
あえて大阪府民は行くことがないのか!?
この日も海外からの観光客でいっぱい。


スケール感、携わった人の数、技術、造形美。

今、見ると改めて感じる、
圧倒的な凄さ。


IMG_2704.JPG

自然も、人の力も
やっぱりすごいなぁ。

IMG_2685.JPG
(めっちゃ、登っている風ショット)




R.BROWN Labo / skep / ツムジ靴店



<2019.3.17出展者のみなさまご紹介>


R.BROWN Labo1.jpg

【R.BROWN Labo】初登場


ヨーロッパ産の皮革を中心に、
厳選した素材を使って、
バッグや財布などの小物類を製作している
【R.BROWN Labo】太田さん。

以前はカメラ関係のバッグやアクセサリーなどを
革で製作する工房に務めておられたんだそう。

昨年1月に退社し、その後、
ご自身の活動を本格的にスタート。

R.BROWN Labo3.jpg

「シンプルでありながら、工夫を凝らしたもの」
そして、
「出逢った人たちの暮らしの中で、
 少しでも豊かさを感じていただけるようなもの」を
心掛けて製作しているのは、

巾着のようなワンショルダーバッグや、

R.BROWN Labo2.jpg

「風琴マチ」をアレンジしたという長財布。


、、、??

私、お恥ずかしながら、
「風琴マチ」という言葉を
生まれて初めて聞いたので、
調べてみると、

ふむふむ、、

ざっくり割愛すると、
薄くてすっきりとした作りで
機能的にもとても優れた構造ながらも、
型紙がとても複雑であったり、
精妙な力加減を操る技術が必要であったり、と

緻密な技術を要する
非常に複雑な作りなんだそうだ。

-


良質な素材に、
高い技術をさりげなく施して、
ごくごくシンプルに仕立てられたように感じる
R.BROWN Laboさんの製品。


実際に手に取って、確かめてみたいし、
風琴マチの構造も、彼に会って聞いてみたい。



R.BROWN Labo


◎3.jpg

【skep】


服と鞄を主に製作している【skep】さん。

初めてお会いしたのは、市に遊びに来てくださった時。
「出展したいんです」と
気さくに話しかけてくださり、手渡された名刺が
シンプルなんだけど、角っこ一箇所が丸く加工されていて、
すごく心に残っていたことが、つい最近のことのよう。

あれから、出展してくださるようになり、
昨年には大阪・天下茶屋に、
店舗【skep design laboratory】をオープン。

【skep】さんの活動は、
どこまで豊かに広がっていくのだろう。と
いつもワクワクしています。

◎1.jpg

選び抜いた素材や、
考え抜かれたパターンで作られる
【skep】さんの製品は、
シンプルだけど、決して「単調」ではなく、
纏う人の個性をさらりと表現してくれるもの。


ウール混の素材で展開していた
ショルダーとリュックの両方で使える
ファスナー開閉式の2WAYショルダーバックは、

3月の市では、
2019年春夏物の新作
帆布生地バージョンがお目見えする予定なんだとか。


◎2.jpg

お店をつくったことで、
ガラリと変わった環境と新しい日常が生まれた2018年。

2019年は、
モノづくりに関わる全てのレベルを引き上げながら、
新しいことにも挑戦し、世界を着実に広め、
深めていきたいという【skep】さん。


飽くなき向上心と探究心、
チャーミングさとユーモアも忘れず。





skep
● BASE skep-online shop  http://skep.theshop.jp/ 




unnamed-7.jpg


【ツムジ靴店】



靴産業の中心である東京・浅草で、
10年近く、技術を磨いた靴職人/辻さんが
昨年、神戸で立ち上げた【ツムジ靴店】

重い、硬い、痛い、という
革靴のイメージではなく、
「革靴を日常生活の中で楽に履いていただけるように」

試着していただいた上での受注生産形式で、
1つ1つ丁寧に足に合った靴を製作しています。

unnamed-6.jpg

靴職人として長年積み重ねてきた技術や知識を
靴に落とし込み、より履き心地の良い靴を。

「良いものを作れば勝手に売れる」
というご時世じゃないからこそ、
1人1人、実際に履いてもらって、
丁寧に伝えていきたい、と【ツムジ靴店】さん

unnamed-8.jpg

スニーカーもいいけれど、革靴もね。


コーディネートの幅もぐっと広がり、
おしゃれがきっともっと楽しくなる。


初めまして。の方にこそ、ぜひ!



【ツムジ靴店】





ichi.jpg

ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.3.17(日)開催
10:00〜2:00

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP



237A6016.JPG

スタッフさんに手伝ってもらって、
ようやく発送準備が整いました。

「折りますよー」と言ってくれた出展者さんも。


十分、助けてもらっているから、
これ以上、人に頼るのは申し訳ない、、
そんなふうに思う気持ちもひっくるめて、
受け止めてくれる人たちの存在に救われながら、

張り切って、「手伝ってー」と
委ねていきたいと思います。


私もそう言われたら、きっとうれしいから。




.今日の午前中は、つむぎの参観でした。.劇の発表。肝心の自分のセリフは言わずに、お友達の動きをあれこれ指示しては、ニコニコニコニコ。.我が子だけでなく、どの子もほんと愛らしく、いとおしいな。..もう少しで開催まで、あと1ヶ月。.3/17 出展者のみなさま一覧ページがようやく仕上がりました。「#道明寺天満宮手づくりの市」HPに掲載いたしましたので、ぜひぜひご覧くださいませ。↓http://www.tedukurinoichi.com/pg162.html.来週からは、出展者のみなさまのご紹介もブログにて始めたいと思います。.開催までの時間もお楽しみいただけますように。..ーーーー.道明寺天満宮手づくりの市2019.3.17 (日)10:00 - 2:00.大阪府藤井寺市道明寺1-16-40近鉄南大阪線「道明寺駅」徒歩5分..#38_works

季節と、大切なひとと