TSUTE / Chifoll / enn



<2019.3.17出展者のみなさまご紹介>

image2.jpeg

【TSUTE】初登場

イタリアで古来から伝わるバケッタレザーをつかい、
制作活動を行う【TSUTE 】さん。

京都市左京区にあるアトリエ兼店舗にて、
サイフやカバン、ベルトやカードケース、

image3.jpeg

キーリングなど、手縫いで制作しています。

-

自然のグラデーションに美しさを見出すように、
1つのアイテムの中にも、
革の美しいグラデーションの組み合わせだったり、
経年変化していく刻印を押したり、


もう何年も使い込んだような、風格が備わった、
どっしりとした存在感。


-


今回は新たな試みとして、
革作品と共に、収集している石も展示。

image4.jpeg

木が石化したという「珪化木」


「昨年は津軽で4回も石拾いができて、
 過去最高の収穫がありました。

 ぜひ津軽の石を見てください!」



あれ?何の作家さんだったっけ!?
というほど、
革作品よりも、石についてひたすら熱く語る
不思議な【TSUTE 】さんのブース。


その風景がほんとうに楽しみだー。






【TSUTE 】


ホール.jpg

【Chifoll】


奈良・東生駒にある
シフォンケーキのお店 【Chifoll】さん。

口に入れた途端、
とろけるような口どけを目指した
定番や季節のフレーバーのシフォンや、

さくっ、ふわっとした
軽やかな食感のシフォンラスクやスコーンが
ラインナップ。

IMG-8118.jpg

「よもぎと粒あん」は、春の香りいっぱいに。

珈琲チョコマーブル.jpg

「珈琲チョコマーブル」は、
香ばしく深みのある味わい。

きれいなマーブル模様も、
さすが【Chifoll】さん。

-

去年の11月、
いつものようにシフォンの仕込みをしていたら、
最後の混ぜの工程で、ふといつもと少し違う混ぜ方をしたところ、
今までと違う感覚で、いい感じの生地が出来たことがあったとか。

翌日、型出ししたら、
「もう触った感じがいつもと違って」

実際、口に入れて見たら、
まさに理想の「とろける食感!」だったんだそう。


IMG-8071.jpg


「もう何台つくってるか分からないのに、
 悔しいほど、本当に難しいシフォンケーキ。

 お客様に、“あの食感”をいつでも味わっていただけるように、
   毎日、コツコツと混ぜ続けて、自分だけのコツを掴みたいです。」





【Chifoll】
インスタグラム https://instagram.com/chifoll/





unnamed-9.jpg

【enn】


大阪市内の住まいから、奥丹波の里山へ通い、
栽培している藍や草木から色をいただき、
布に移している「enn」さん。

何度炊き出しても、染めても、
いつも新しい色との出会いがあって、
わくわくするという一期一会の色。

unnamed-10.jpg

コナラに枇杷をかさねて、
こっくりと深い色。


色に納得のいく深みが出るまで、
同じ植物で染め重ねたり、違う植物を染め重ねたり。


unnamed-11.jpg

昨年の災害で倒れてしまった、
サクラやヒノキ、サザンカなどの植物もつかって、
いただいた色もあるんだとか。


大きな大きな存在の自然に
心からの敬意を。

大きな大きな太陽みたいに笑う
【enn】さんの色。




【enn】





317.jpg


ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

明日から3月。まだまだ、手足先の冷える季節、
あたたかく、すこやかに過ごしたいですね。


ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.3.17(日)開催
10:00〜2:00

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP





.たとえば、言葉を伝えているとしたら、彼女は何て言っているんだろう。.愛らしい眼差しの記憶。...blog更新「家族の風景」〈38_works.HP〉→ blog 〈a day 〉http://miyai-works.seesaa.net..#38_works#38_worksphoto#家族写真#ハーフバースデー

季節と、大切なひとと

BRASSYARD / dubluvyobs / 餅武



<2019.3.17出展者のみなさまご紹介>


BRASSYARD1.jpg

【BRASSYARD】初登場


「昔からつくることは好き」だという、
【BRASSYARD】さん。

主に真鍮をつかった彫金アクセサリを
製作しておられます。

BRASSYARD2.jpg

“心地よい存在感”をテーマに
いろいろな真鍮の魅力を引き出し製作する、
毎日のアクセサリー。

違う素材をそっと組み合わせると、
こんなに真鍮の表情がゆたかになるんですね。

無垢の真鍮が、
つかっていくうちに、味わい深く変化していくのも、
真鍮という素材のすごく魅力的なところ。

身につける人によって、
同じアイテムでも育ち方が違うから面白い。
(こまめに手入れする人、そのまま楽しむ人、、)

BRASSYARD3.jpg

「つくるひと」「つくるもの」と
いっしょに出会える、貴重な対面販売の機会。

どんな方だろう?
どんな声?どんな装いかな?

想像を膨らませながら、答え合わせをするような当日、
想像通りなことも、意外なことだって、
あたらしい出会いはいつでもドキドキで。


私たちの市には、初めてご出展してくださいますよー。





【BRASSYARD】


IMG_8548.JPG

【dubluvyobs ダブラヴヨブス】


「Simple but Something Funny!」
(シンプルだけど、なんかオモシロイ!)を モットーに、
神戸で生まれたバッグブランド【dubluvyobs】

IMG_0142.jpg

使えば使うほど味わいの出る、
帆布を使って、

さまざまなアイテムを
ご夫婦2人で製作しています。


カラーオーダーなども充実。
使い手とともにつくり、育てていく、
いとおしいカバンたち。

IMG_5153.JPG

ブランドを立ち上げて間もない頃に、
出展してくださった【dubluvyobs】さん。

あふれ出るチャレンジ精神と冒険心を携えた旅から、
たくさんのお土産を持って、
今回、久しぶりに戻って来て下さいますよー。


「ダブラヴヨブスの原点はやっぱり
 道明寺天満宮手づくりの市

 帆布だけを追求してきた我々の成長を
 みなさまに見て感じて頂けたら幸いです。」




【dubluvyobs ダブラヴヨブス】


餠武商品写真3_餠武ぜんざい.jpg

【餅武】


焼きたてをお届けする、
京都のあられ屋さん【餅武】

長年、培われた米菓製造の技術と
厳選した素材でつくるおやつを
もっとカジュアルに食べてもらえるように、と昨年、誕生。

餠武商品写真1_搗きたて小餅.jpg

京都産のもち米を使って
市の前日に搗いた「搗き立て」のお餅を
その場で香ばしく焼き上げ、

ほろっとしたやさしい甘さに仕上げた
自家製のおぜんざいと合わせた
【餅武】ぜんざいと、

餠武商品写真2_餠武≪だし醤油≫あられ.JPG

京丹後≪琴引の塩≫あられ 
澤井醤油本店≪だし醤油≫あられ 

など、顔の見える生産者さんから受け取った
季節の食材を贅沢に練りこんだ
【餅武】あられも登場。


-

「今まで鮮度を求められなかった」という米菓も、
鮮度が美味しさにつながると考えるようになったという
【餅武】武中さん。


だから、【餅武】の米菓は、
工場のある京都の産地から、
鮮度の良い状態で食材を仕入れ、
手間を惜しまず、毎日少量ずつ焼き、すぐ梱包。
「焼いてから4日以上のものは販売しない」という徹底ぶり。


なつかしいのに、あたらしい
米菓の美味しさをどうぞお楽しみください。





【餅武】







317.jpg


今、道明寺天満宮の梅は、見頃を迎えてますよー。

ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.3.17(日)開催
10:00〜2:00

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP




saredo -されど- / 奥村陶房 / 菓子工房ナボット



<2019.3.17出展者のみなさまご紹介>


saredo1.jpg

【saredo -されど-】


奈良県で家業の糸屋として、
糸と人を繋ぐカヤザワアリアツさんと、
写真と編物をするカヤザワリョウコさんご夫妻が
立ち上げた【saredo -されど-】

落ちわただけで紡いだ Made in Japan のリサイクルコットン。
そのitoや天然素材でつくった靴下、帽子など、
産地の工場さんと連携しながら、持続可能な暮しの道具を
製作、提案しています。

【saredo -されど-】は売上の3%をドイツ国際平和村に寄付する
「わたの和」rin-輪-cotton プロジェクトとリンクして活動しています。

saredo2.jpg

今回、春の市には、
あたらしいサレドモノとして、

リサイクルコットンの足温套(そくおんとう)
「psyché -プシケ-」が登場。

従来のレッグウォーマーとしての着こなしに加え、
クロップ丈のパンツとのレイヤードや、
細身のパンツにオンしてあたらしく。

先日のごはん会でもレイヤードの着こなしが素敵でしたよ


腕温套(わんおんとう)としても
one on two、two in one のウォーマーとして
まだまだ足先の冷える、春待ち暮しをたすけてくれるアイテム。

saredo3.jpg

【saredo -されど-】リサイクルコットンを
天野紺屋 天野尚 さんに手染めで染めていただいたという、
落綿紺屋染糸(おちわたこうやぞめいと)

イマジネーションが掻き立てられる
目の覚めるような、深い青。


-

本来捨てるはずだったものを
無駄なく循環させるという、
【サレドモノ】に込められたその物語はもちろん、

itoそのもののあたたかみ、
味わい深い経年変化を愛でる楽しさを
たくさんの方と共有できますように。






人糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸糸されど


【saredo -されど-】
saredo -されど- instagram
カヤザワリョウコさんinstagram
カヤザワアリアツさんinstagram
https://instagram.com/ariatsukayazawa
saredo -されど- blog
saredo -されど- facebook




okumura3.jpg

【奥村陶房】初出展


京都・宇治の山の中、
炭山いうところで作陶している【奥村陶房】さん。

okumura2.JPG

旦那さまが轆轤をひき、
それ以外のことは奥さまが担当で、

食器や抹茶茶碗、花器やオーナメントなど、
製作されています。

okumura1.jpg

大地を映す深い色。
うみの色やつちの色のうつわだったり、
あたたかなセーターのようなカップだったり。

どっしりとお料理や飲みもの、
そして使う人の手を包み込んでくれそうな、
おおらかなうつわたち。


-


2019年の抱負は、ずばり
「たくさん作品を世に出し、たくさん使い手に会う」

そのほか、
「心身すこやかに」
「早急に屋根を直す」etc...



【奥村陶房】さんのうつわ、
私たちの市に、初めてお目見えしますよー。




【奥村陶房】

nabot2.JPG

【菓子工房ナボット】


大阪・河内長野市にある【菓子工房ナボット】
店主 / みつ絵さんのご主人が営む農園で採れた
季節のフルーツを使ったお菓子やコンフィチュール、
妹のよし絵さんがつくる型抜きクッキーなど、

さまざまな種類のお菓子をぎゅっと詰め込んだお店です。

-

製菓学校を卒業し、
お菓子づくりの道をずっと歩んできた【菓子工房ナボット】さん

体調不良が続いた昨年、
自身が小麦アレルギーを発症したことが判明したとのこと。

大きなショックを受けながらも、
それでも、食べてくれる方を思い、
小麦粉を使ったお菓子をつくり続けてきたものの、
「自分が食べられないものをお客さまに提供することに違和感」を持ち、
レシピを米粉に変えることを決断!

nabot3.JPG

初めてお菓子に取り入れる米粉に、
失敗を重ねながらも、試行錯誤を重ねて、
ようやく納得のできる米粉のお菓子をつくれるようになったとか。

今は、「小麦粉の代わりの米粉」ではなく、
「米粉だから美味しい!」と自信を持って言えるから、
アレルギーの有無に関わらず、たくさんの方に食べてもらいたい。と
【菓子工房ナボット】さん


-

より一層、お菓子づくりに情熱を注ぎつづける
【菓子工房ナボット】さんの米粉スイーツ。


新たに生まれた、
身体にスッと馴染むお菓子の美味しさを
ぜひ味わってみてくださいね。



【菓子工房ナボット】





317.jpg

ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.3.17(日)開催
10:00〜2:00

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP



237A6016.JPG

◎フライヤーをご希望の方には郵送いたします


domyoji.tedukurinoichi@gmail.comまで
お知らせくださいませ。


・設置してくださるお店さんも募集!です。
 ショップカードと交換しましょう。市会場で設置しますよー。