cocoro / k-tools / ひふみ / hi fu mi


<2019.5.26出展者のみなさまご紹介>




1-14.jpeg

***

cocoro

***

植物の実や種などをつかって、
作品を製作しているcocoroさん。

お花屋さんにあるような、
色とりどりの華やかな花や植物とはまた違った、
植物の姿。

深い森の中で、静かに重なり合う植物の風景。

1-16.jpeg

藤の実や鳳凰木をつかった壁飾りやオブジェ、

1-15.jpeg

セルフィーノとバンクシアを組み合わせた一輪挿しなど、

-

実や種の固有の形。
手触りや質感の1つ1つ確かめながら、
手を少し添えると、生まれ出す唯一無二のcocoroさんの作品。


237A3712.JPG
(photo by 38)

身につけたり、
眺めているだけで、

237A3679.JPG
(photo by 38)

まるで森林浴しているように、
心が浄化されていくよう。

cocoroさんの作品を思い浮かべると、
蘇るあの日の森の風景。





cocoro





1.jpeg

***

k-tools

***

「暮らしの中に、心地よさを。」


古いものや心地よい素材でつくられた暮らしの日用品を
販売するお店を営む「k-tools」さん。


2年前、地元である三重県に戻った際に、
自分や周りのひとが少しでも楽しくなるように、と
始められたお店で、人やものとの出会いを紡いでいます。

1-2.jpeg

主に扱うのは、日本や韓国の古道具で、
作った人、使ってきた人の”気配”が刻まれているもの。


機械を使って作ったものでも、操作するのは人で。

人の呼吸や間のようなものが、
ものにはちゃんと反映されて、
それが人に柔らかく伝わっていくと思う。というk-toolsさん。


食べ物のように、
生活に絶対必要なものではないけれど、
だからこそ、気持ちを緩めてくれたり、
おうちにあったら楽しいかも。なんて思ってもらえるようなものを。


今回初めて、私たちの市へ
お持ちくださいます。



1-1.jpeg

先日、友達に素敵な市があるよと誘ってもらい
初めて”てづくりの市”に遊びに行きました。

結構こじんまりとした市で、
もっと大きくしたら。。。。なんて思った印象でした。

でも、
どのお店もじっくりじっくりと見てしまうお店ばかりで、
なんどもなんども往復して、じっくり商品を見るには
この規模がなんだかとってもしっくりときました。

一人で仕事をする上で、やりたいこと、できること、したくない事
その都度自分に確認しながら一つ一つ進んでいきたいと思っています。

挑戦することは大切だけど、身の丈にあったことをやっていきたい
思っていました。自分が自分らしいお店をする上で、大切にしていきたいと思っていることです。

そんなヒントが沢山詰まっているような
マーケットなんでは?!と出店してみたくなりました。

これからどんな方々と出会い、
楽しいことに挑戦できるのか、を妄想しながら暮らしています。


k-tools


unnamed.jpg

***

ひふみ / hi fu mi

***


地元である和歌山県でアクセサリー製作、活動を行なっている
ひふみ / hi fu mi」さん。


1本のワイヤーからアクセサリー本体だけでなく、
ピアスフックなど全て手作業で、
天然石以外は既成のパーツはなるべく使わない。という
ひふみ / hi fu miさんのアクセサリー。

だからこそ、ワイヤーの繊細さや、
そこから生まれる力強さが宿る、
確かな存在感を持つものになっているように感じます。



unnamed-1.jpg

「対面でお客さまとやりとりするのが楽しくて好き」という
ひふみ / hi fu miさん。

お子さんの成長に伴い、
少しずつ出展エリアを広げていきたい。と
この度、私たちの市に初めてご出展くださることとなりました。


-


テントの代わりに小さな小屋を立てたブース。
その下に、広がる、ひふみ / hi fu miさんの世界。


「ひとつのブランドとしてではなく、
 ひとつのジャンルにとらわれない作家でありたい。」という思いを込めて、

作品に添えられたhi fu miのサインは、
ご自身で描かれたものなんだそうですよ。


-


それにしても、アクセサリーって、
見ているだけでこんなにもドキドキしたり、
身につけると、力が湧いてきたり。


信じられるものと出会えたら、
ほんとうにしあわせですね。



ひふみ / hi fu mi





526.png

より多く、大きく、ではなく、

1つ1つの密度を
笑い転げながら高めていきたいです。

つくることも、生きることも。


ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.5.26(日)開催
10:00〜2:00

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP



■お知らせ■

5月の次、9月の市の開催は9/29(日)に決定しました!
出展申し込みの受付は、7月中旬を予定しています。

また、詳細が決まりましたら、
HPでご案内させて頂きますね。





.「OPEN field.」無事に終了いたしました!.いっしょに遊んでくださったみなさま、夢のような時間をありがとうございました。.次回の「OPEN field.」もまたいつか!..ーーー.「2019 OPEN field.」ブログに綴りました。.たくさん写真があるので、ぜひ見てみてくださいね🙋.〈38_works.HP〉→ blog 〈a day 〉http://miyai-works.seesaa.net.ーーーー...#38_works#openfield#羽曳野市

季節と、大切なひとと

<38_WORKS.私信>

.5/4(土)5(日)に行うイベント【OPEN Field.】.七五三写真を検討しているご家族も、この機会に雰囲気をご覧に遊びにいらしてくださいね🙋.家族写真📷のいろんな飾り方も提案できればいいなぁ。と準備あれこれ。.ドキドキ、、たのしみだなぁ。.===.【OPEN Field.】5/4(土)・5(日)11:00~17:00撮影スタジオ38_Field.(大阪府羽曳野市通法寺)◎来場ご予約不要.http://38-works.com/↑イベント内容や詳細な地図は、38_WORKS.HPに掲載しています..===.#38_works#openfield#羽曳野市 #撮影スタジオ#家族写真#七五三写真#chikuni


<38/W PHOTO.6月〜撮影ご予約受付中!>

ぶどう畑に囲まれた、自然豊かな場所
大阪府羽曳野市通法寺にある、
私たちの小さな森と小屋【38_Field.】

白い壁と木の床で仕上げた
過剰な装飾のない撮影スタジオと、
たくさんの植物を植えた小さな森のスタジオで、

季節の風景とともに、
「手触りのある、いとおしい写真」を撮っています。