CRAFT 203 / うつわユニット・ボーメ / MMM MADE



<19.9.29出展者のみなさまご紹介>




0.jpeg

好奇心の集合体
CRAFT202


「箱根寄木細工」のワークショップに
参加したことをきっかけに、面白さにはまり、
昨年から寄せ木のブローチを本格的につくり始めたという
CRAFT 203さんこと、池崎継仁さん。

これまで写真ポストカードで
各地のイベントや私たちの市にも出展してくださっていましたが、

今回は、CRAFT 203(クラフトつぐさん)として
「道明寺天満宮手づくりの市」で本格デビュー!の運びとなりました。


0-3.jpeg

組み合わせて、接着してから削って整形し、
つくるという寄せ木ブローチ。

いろいろな色は木そのものの色で、
その組み合わせは無限で、一期一会。

0-2.jpeg
(てっきり着色してはるんかと思いましたが、木そのものの色なんですね!すごーい!)

素晴らしく閃く時があれば、
全くどうにもアイデアが湧かない日もあって、
そんな試行錯誤の連続が、
とても楽しく、またしんどいというCRAFT 203さん。

予想もつかない仕上がりに、
喜んだり、がっかりしたり。

そんな試行錯誤を
どうやら楽しんでおられる様子。



制作のヒントは
写真でいつも勉強していたという抽象画や、
好きな音楽から得ているんだとか。


-


「固定観念を(できるだけ)捨てる」ということに
気をつけているという203さん。

撮影の構図や服装のコーディネートなど、
経験を積んでいけばいくほど、
好きなものが固まっていき、
それが、自分の強みや魅力となっていく一方、

その”安心パターン”の中で、満足してしまうことも。


0-4.jpeg
(おにぎり!?)


半歩だけでも前進。または横道を!
同じ色合いのコーディネートに
いつもとちょっと違う差し色を。

いつもの構図を疑ってみよう!
山を見上げてみよう!
谷を覗いてみよう!


って、大きな夢を見ている、ええかげんなジイです(笑)


0-1.jpeg

年齢関係なく、頭を柔らかく、
こんなふうに好奇心旺盛でいつまでもいたいな。と
思わせてくださる存在。





CRAFT 203










0.jpeg

好奇心の集合体②
うつわユニット・ボーメ



京都と大阪・堺。
それぞれに工房を持ち、作品をつくり持ち寄って活動している
「うつわユニット・ボーメ」の出水さんと上阪さん。


白、グレー、クリーム色、
鮮やかなブルーグレー、時折ピンク


ニュアンスのあるカラー、
ボーメさんの彩度。

「らしさ」を大切にしながらも、
その持ち前の好奇心で、
次から次へと浮かんでくる「つくりたい」ものを
1つ1つ形に。


-


同じように見えるかもしれないけれど、実は、
じわじわと釉薬や土を変えて、変化させていたという器たち。

「私たちの持ち味を変えることなく、
 少しだけ隠し味を加えた感じでしょうか?」とボーメさん。



白マット釉のバリエーションができたことで、
組み合わせる土の種類が増え、
表現の深みもぐんと増して来られたよう。


0-1.jpeg

「面白いものをつくりたい」というけれど、
使いやすさや手の収まりが良いのは、大前提で。


なんだけど、あえて食器としてだけでなく、
アクセサリーを置いたりして、
いろんな使い方をするのも素敵だと思います。


決めつけず、さぁ、たのしんで。



うつわユニット・ボーメ






unnamed-2.jpg

好奇心の集合体③
MMM MADE



よいとおもえるもので、
つくることができるものを、
できるだけ。



運営つじおかまさはるさんによる、
布で形をつくるしごと「MMMMADE」

糸、布に関わるしごとにいくつも携わった後、
MMM MADEを立ち上げたのは、2012年のこと。


unnamed-1.jpg

つるつる、さらさらした肌さわり。
とろみのあるソフトな質感のツイル生地と、

ウォッシュ加工したグリーンのスエードレザーの
コンビネーションがさりげない帽子。

裏地やタグのバランスも、
1つ1つぜひ見てみてほしいなぁ。

unnamed.jpg

今までは、「お客さまがよろこぶカタチ」をつくる。ことを
して来られたけれど、

ここにきて、「自分のためのものづくり」をしてみたい。と思い、
最近になって、自分で着る服を製作し、着用するようになったんだとか。


新しい視点が加わったこれからのものづくりの行方、
気になっちゃいますね〜。


-


というのも、数年前から何度も出展して下さっている、つじおかさん。
固まってくる部分もあり、同じことの繰り返しになったらよくないなぁ、、と
随分、今回の出展も迷われたとか。


-

長く継続していくと、必ずそう思いますよね。
「このままでいいのかなぁ」

正解なんてそもそもないような事柄を、
あぁでもない、こうでもない。と好き好んで、日々考える。


面白い風が吹いてきたら、
帆を広げて、乗っかってみる。

落っこちて、びしょ濡れになっても、
きっと笑っていられそうな気がする。


そんな人の集まりでありますように。
「道明寺天満宮手づくりの市」

-


さて、つじおかさん。
今回の出展「あえて、もう、まとめない方向で!」と
決められたそうで、


私たちは、心地よく届けられる風に
また愉快に吹かれてみたいと思います。



MMM MADE







929.png

==

道明寺天満宮手づくりの市

==
2019.9.29(日)
10:00〜2:00
access
大阪府藤井寺市道明寺1-16-40



.【TEDUKURI NO ごはん会】先日、9.29開催#道明寺天満宮手づくりの市の出展者さんをお招きしてひらきました。私たちが大切に思う場所に、携わっていただけることに感謝して。さぁ、次は市をたのしんでもらえるように、頑張ります!はるととおもちゃの取り合いばかりして、泣いたり、拗ねたり、大忙しだったつむぎも、最後はちびっこカメラマンになって、写真をたくさん撮ってくれましたよ。..***.写真、よかったら見てやってくださいね!.ブログ更新しました!〈38_works.HP〉→ blog 〈a day 〉http://miyai-works.seesaa.net.***.. 9/29(日)道明寺天満宮手づくりの市(大阪・藤井寺市).http://tedukurinoichi.com.***..#38_works#38_field#道明寺天満宮手づくりの市
季節と、大切なひとと
coccoya 5th anniversary
38_WORKS.POP UP SPACE
2019.9/3(火)〜29(日)
at パンと暮らしのcoccoya



ツムジ靴店 / 株式会社あがらと


<19.9.29出展者のみなさまご紹介>


いよいよ開催まであと1ヶ月となりました!
これから43組の出展者さんを
順番にご紹介していきたいと思います。


unnamed-4.jpg

小さな彩りを足元に
ツムジ靴店


「靴の街」東京浅草で、
靴職人として経験を積んだ後、
兵庫県に戻り、ツムジ靴店を立ち上げた辻さん。

unnamed-5.jpg

革靴と言えば、
履き始めが硬くて足が痛くなる、、とか、
重たい、、などなど、

つい、スニーカーに足が伸びる。という方も
いらっしゃるかもしれませんが、

そんな方にこそ、
「気軽に心地よく履ける革靴を」と
1つ1つの工程や製法にこだわり、
靴を製作しておられるツムジ靴店さん。


贅沢に一枚革を使用してつくる靴だから、
ストレスなく履けて、経年変化を楽しみながら、
長く履いていただける靴は、

サンプルの中から、
サイズや色を合わせて形を選んでいただけます。


unnamed-3.jpg

先日、神戸市から
芦屋市旧宮塚町住宅の一室に
工房をお引越ししたツムジ靴店さん。


昭和27年に建てられたという、
石を使った雰囲気のある建物には、
紅茶専門店のムジカティーさんや作家さんなどの工房が集まり、
ちょっと楽しそうなスポットのよう。

市で試し履きしてみて、
後日、工房へオーダーしに行く。

というのも良さそうですね。




あなたに添う靴との出会いがありますように。





ツムジ靴店

2-1.jpeg

すべての命とみらいを拓く
株式会社あがらと



和歌山県の南、古座川町にて、
「すべての命と未来を拓く」をビジョンに掲げ、
農薬・化学肥料・動物性肥料を使わない独自の農法で、
野菜やお米、食用バラを栽培し、加工 / 販売までを手がけている
株式会社あがらとさん。


「あがら」とは、
和歌山県紀南地方の方言で
「私たち」を意味する言葉なんだそうで、

私たちといっしょに、
ハッピーな新しい調和の形を
つくっていきませんか?


という思いを込めて付けられたんだとか。



2.jpeg

農薬だらけで育てられる花に疑問を持った、
元お花屋さんだったメンバーが始めたという
「食用薔薇」の栽培加工事業では、

自然栽培で育てた薔薇をつかって、
コーディアルシロップやジャムを製造。

余計なものは一切加えず、
この美しい色は薔薇そのものの色。


2b4de19fe8a64ba9ada67c42ac62ddf9.png

生育の早く、環境負荷の少ない竹を材料とした
農業用の栽培ハウル「竹ハウス」をつくったり、
土に還すことのできる廃瓦を使った水路などを使って、

お米や野菜も栽培。



2.png





1つ1つの選択を積み重ねながら、
すべての命とともに、すこやかに在り続けるための行動を
事業につなげ、活動しているあらがとさんの、


頭で考えるより、まずやってみる。
そんなエネルギーと愛情が感じられる
今を、未来をつくるコミュニティプロジェクト。


こんなたのしいことがあるんだー!って
ワクワクしてきませんか?


私たちの市には、
初めてのご出展してくださいますよー


株式会社あがらと




929.png

==

道明寺天満宮手づくりの市

==
2019.9.29(日)
10:00〜2:00
access
大阪府藤井寺市道明寺1-16-40


.【TEDUKURI NO ごはん会】先日、9.29開催#道明寺天満宮手づくりの市の出展者さんをお招きしてひらきました。私たちが大切に思う場所に、携わっていただけることに感謝して。さぁ、次は市をたのしんでもらえるように、頑張ります!はるととおもちゃの取り合いばかりして、泣いたり、拗ねたり、大忙しだったつむぎも、最後はちびっこカメラマンになって、写真をたくさん撮ってくれましたよ。..***.写真、よかったら見てやってくださいね!.ブログ更新しました!〈38_works.HP〉→ blog 〈a day 〉http://miyai-works.seesaa.net.***.. 9/29(日)道明寺天満宮手づくりの市(大阪・藤井寺市).http://tedukurinoichi.com.***..#38_works#38_field#道明寺天満宮手づくりの市
季節と、大切なひとと
.【38_WORKS.POP UP SPACE】ずっとつくりたかった「all in one」.すでに展開しているアイテムのパターンをドッキングし、微調整して試作。.完成した「all in one」今回の展示で初お目見えします!.THE 作業着、にならないように、衿はなしに。生地を選んで、いくつかおつくりする予定。.前に紹介したパンツと同じアイボリーのコットンヘンプ生地だとシルエットに張り感が出て、リネンとはまた違う雰囲気。.生地によって変わる厶ードを楽しんでほしいです。..===coccoya 5th anniversary[38_WORKS.POP UP SPACE]9/3(火)〜29(日)(@coccoya)大阪・藤井寺市===.- 服の展示・受注会- 9/7(土)お祝い撮影会 (11:00~)..展示最終日は#道明寺天満宮手づくりの市開催!もうすぐフライヤーも出来上がりますよー✨..#38_works#38製作の記録#coccoya#道明寺

coccoya 5th anniversary
38_WORKS.POP UP SPACE
2019.9/3(火)〜29(日)
at パンと暮らしのcoccoya




【TEDUKURI NO ごはん会】



IMG_7006.JPG

先日、9.29開催「道明寺天満宮手づくりの市」の
出展者さんをにお招きして、
【TEDUKURI NO ごはん会】をひらきました。

たかさんの生まれ育った地にある
「38_Field.」

周辺道路が狭く、
とにかく分かりづらいので、
道路沿いには目印の看板を
いつもこうやって。

【ごはん会】を始めた5年前、
当時小学1年生だったはるとが
書いてくれた看板を目印に。

IMG_7015.JPG

ずっと同じだから、変えた方がいいのかなぁ。
と思いながらも、

消してしまったら、
きっと同じ文字には出会えないと思うと、

ずっとこのまま、大切な目印。

237A0041.JPG

空高く、サルスベリの花

IMG_7058.JPG

心配していた暑さも、
この日は少し和らいで、

237A0039.JPG

絶好のごはん会日和。

237A9926.JPG

この日は30人集合!

不便なこの場所まで、
みなさんいらして下さいました。

237A9884.JPG

みなさん、緊張する、、とおっしゃる自己紹介ですが、
初対面の方も多く、しないというわけにはいきませんので、

もちろん、していただきましたよ。

237A9886.JPG

それぞれ持ち寄った質問に答えたり、

237A9896.JPG

答えられたり。

237A9910.JPG

中にはうまく喋れなかったー。と
落ち込む方もいますが、

237A9935.JPG

それもまた1つの体験。

237A9945.JPG

画面の外にある、
表情、眼差し、姿勢、雰囲気、動作。

言葉の外にある、「その人らしさ」を
感じ合うじかん。

237A9990.JPG

天日干しの番茶と、
氷でゆっくりじっくり抽出した緑茶。
水出しの緑茶もご用意くださった

237A9952.JPG

「嘉兵衛本舗」のお2人。

237A9923.JPG

虫は苦手だけど、自然は好き。という
ごはん会初参加の「焼き菓子多福」さんが、

237A9991.JPG

今回、おやつをつくってきて下さいました。

お店でも提供しているという
「嘉兵衛本舗」さんの番茶をつかったミルクゼリー。
(贅沢なコラボレーション、めっちゃ美味しかったです!)

237A9963.JPG

237A9966.JPG

237A9888.JPG

237A9976.JPG

ごはんは、大阪・柏原市にある
「おちゃどころTumugu」さんに
今回お願いしました。

237A9967.JPG

夏野菜をたっぷりつかって、

237A9968.JPG

色とりどりのお惣菜を

237A9969.JPG

こんなにもたくさん!

237A9978.JPG

スタッフさんにも手伝ってもらって、

237A9981.JPG

ワンプレートに乗っけて、完成!

237A9986.JPG

「つくっているうちに楽しくなっちゃって、
 つくり過ぎちゃいました〜」とTumuguさん。

美味しいものをつくる。ということが、
彼女の天職にちがいない。

「混ぜながら食べると美味しいですよ」というひと皿を、

237A9989.JPG

みんなで美味しくいただきました!

笑い声があちらこちらから聞こえてきて、
すごくしあわせなじかん。

237A0032.JPG

はるととおもちゃの取り合いばかりして、
泣いたり、拗ねたり、
大忙しだったつむぎも、

237A0034.JPG

最後はちびっこカメラマンになって、

237A0035.JPG

IMG_6987.JPG

IMG_6989.JPG

IMG_6990.JPG

237A0036.JPG

写真を撮ってくれましたよ。
(1枚目の看板写真〜4枚目もつむぎが撮ってくれた写真です)

IMG_7018.JPG
(これも)

IMG_6998.JPG
(これも ↑ スタッフkotanさんのお尻)

IMG_7024.JPG

お客さまや出展者さんには申し訳ないが、
市を1番楽しんでいるのは、
間違いなく私で、

あらゆるジャンルのものづくりと
日々向き合っている人たちの生き方に触れられるのだから、

こんなにワクワクすることはなくって、
少々大変なことがあったとしても、
まだ止められそうにない。

IMG_6977.JPG

そのうれしさが、
自分たちだけに留まることなく、

これからも
惜しみなく、手渡していけますように。

IMG_7062.JPG

参加してくださったみなさまも、
遠くから見守ってくださった方々にも、
いつも、ほんとうに感謝しています。

あぁ、9/29がたのしみだー!

929.png

==

道明寺天満宮手づくりの市

==
2019.9.29(日)
10:00〜2:00
access
大阪府藤井寺市道明寺1-16-40