enn / kaon / ++++++



<19.9.29出展者のみなさまご紹介>





2.jpeg

大らかな、自然そのものの色
enn


大阪市内の住まいから、
奥丹波の里山へ通い、栽培している藍や草木を
使って布を染めているennさん。

リネンウールやガーゼなど、
肌さわりの気持ち良い生地を、
こんなにもゆたかなグラデーションで染めたものや、


2-1.jpeg

ふわふわの4重ガーゼの布と、
saredoのリサイクルコットン糸をいっしょに染めて、
首、手首、裾をリブ編みにして縫い付け、
仕上げたプルオーバー、

2-2.jpeg

ターバンなど、
美しくも力強い色を、
いろんな形で纏うためのものを製作。

このターバン、とっても長いので、
サッシュベルトとしても使うのも素敵ですね。


-

河南町にも畑を借りて、藍を育ているというennさん。
そんな彼女にとって、やっぱり大切なのは「食べること」

草刈機の燃料切れのように、
空腹になると、プスン、、と動けなくなるらしく、
たくさん食べても、すぐにお腹が空くという
「燃費の悪い体なんです(笑)」とあの笑顔。


いえいえ、食べる以上に、
動いているからですよ。

でも、きっと多分、
長距離の移動も、手間暇かかる染めも、
彼女にとっては、
「大変なこと」なんかじゃなくって、
ただ「楽しいこと」「やりたいこと」


同じ植物でも、採取する環境や時期によって、
出会える色は全然違うから、
何度染めても、新しい色との出会いがあって、
わくわくするという、一期一会の色。


enn

unnamed-2.jpg

めぐる風、光と粒子
kaon



糸を紡ぎ、草木から大地のいろをいただいて染め、
布を織ったり、

unnamed-1.jpg

まるでお守りのような、
小さなものをつくっているkaonさん。

unnamed-3.jpg

柔らかな色。


ennさんの色。
kaonさんの色。


そのどちらも、つくり手そのものだなぁ。と
見ていていつも思います。


そのどちらも、ぜひじっくり感じてほしい。

unnamed-4.jpg

植物のエネルギーが
最も満ちた時に移した色が、

誰かの心にじんわり届くように。


-

そんなkaonさん。
衣食住の中で、どれも根底になるのは、
「心地よいこと」

その中でも、生きることでもあり、
いろんな命のつながりを感じるのは、
「食べること」を通じて。が、1番大きいんだとか。


237A5327.JPG
【TEDUKURI NO BOOK】製作の際に、訪れたkaonさんのお宅で、ご馳走になったおむすび。

237A5414.JPG
(するするっと魔法みたいに糸を紡いでいくkaonさん。 / TEDUKURI NO BOOKより)


気持ちの良い流れの中にあって、循環していく、
kaonさんのものづくり。日々。


光のような、
風のような、



kaon



unnamed.jpg

軽やかに健やかに
十十十十十十(サササ)




「自然の力をかりて、軽やかに健やかに」をコンセプトに、
活動を行う、十十十十十十(サササ)さんご夫妻。


植物担当は旦那さん。
漢方茶のブレンドや、原石をつかった装身具の製作は奥さんが。

ジャンルで括ることのできない、
十十十十十十ご夫妻のものづくりや活動は、
自分たちが早朝から深夜まで働き詰めの生活の中で、
「健やか」に生きるために、見出したもの。

unnamed-1.jpg
(原石のエネルギーをそのまま身につける装身具)

十十十十十十(サササ)のお2人が考える「衣食住」は、
すべてつながったひとくくりのもの。


”自分らしさ”や”冒険”、”挑戦”とか
そんな刺激的で新しいことに目が向いていた20代から、

特別なことよりも、
日常に重きを置くようになったという30代の今。

その日常の中に、”少し特別なこと”を
あしらう楽しさも最近いいな。と、
良いバランスを見出し、楽しんでおられる様子。


誠実に作られた衣をまとい、
顔のみえる人の作った作物を食べ、
その土地にあった建物に住む。

自然に循環する流れの中で、
健やかに暮らす。


40代に向けて、考え、
体現したい衣食住のため、


11月、大阪市内から兵庫県宍粟(しそう)市に移住し、
活動の拠点を移される十十十十十十(サササ)のお2人。


より自然に近い場所で、
できること、やりたいことを。



この9月の市が、十十十十十十(サササ)移住前の
最後のイベント出展となります。
(とはいえ、今後もイベント出展や活動を形を変えつつ、続けていくというお2人。
 なので、きっと必ずまた会えますね。)


よかったら、お2人に会いにぜひいらしてくださいね!



◎漢方茶は茶葉の販売となります。
 季節の変わり目、身体をととのえてくれるものを。
  
 ご試飲もできますので、お気軽にお試しください。とのことですよー。



十十十十十十







929.png

生き方を、日々を変えていく。


大げさじゃなくて、
気づいたら、、くらいのさりげなさで。


「この市と出会えてよかった」


私たちと同じように、
そう思ってくださる方が、また1人。


そうなると、うれしいなぁ。


==

道明寺天満宮手づくりの市

==
2019.9.29(日)
10:00〜2:00
access
大阪府藤井寺市道明寺1-16-40



.【38_WORKS.POP UP SPACE】ずっとつくりつづけている「tapered pants」.シンプルながら、腰回りにゆとりをもたせ、理想のシルエットに仕上げたパンツは、脇のシームポケットを深めに改良。(携帯が落っこちやすいということで).すっきりさせたいので、バックポケットなしで、いつもはおつくりしてるのだけど、今回はあっこちゃん仕様にバックポケットありで、おつくりしますよー。.ちなみに、あっこちゃんが履いてくれてるパンツは丈を短くしています。(10cmほど).こうやって靴下の色をのぞかせて履くのも、かわいいですね。.パターンに影響のない範囲であれば、着丈調整しておつくりしますので、ご相談くださいね!..===coccoya 5th anniversary[38_WORKS.POP UP SPACE]9/3(火)〜29(日)(@coccoya)大阪・藤井寺市===.- 服の展示・受注会- 9/7(土)お祝い撮影会 (11:00~).展示最終日9/29は#道明寺天満宮手づくりの市開催しますよー...#38_works#38製作の記録#coccoya#道明寺
季節と、大切なひとと
coccoya 5th anniversary
38_WORKS.POP UP SPACE
2019.9/3(火)〜29(日)
at パンと暮らしのcoccoya



明日からいよいよスタートです!
詳細はHPにて