order-made flower label momo / 東條智子/ まろか工房



<19.9.29出展者のみなさまご紹介>


2-2.jpeg

ときめくような花を
order-made flower label momo



フラワーデザイナー / 高木由香里さんが主宰する
order-made flower label momo

大阪・帝塚山にアトリエを構え、
オーダーブーケやギフトを受注製作したり、
イベントでワークショップを開くなど、
活動を行なっています。


-


まるで無造作に、
野に咲く花を束ねたようなさりげない花束には、

「どうだ!」という圧の強めな主張はなくとも、
確かな技術によって、表現されたmomoの世界観が、
深く心地よい余韻として、いつまでも記憶に残るよう。



2.jpeg

今回の市では、
北海道・富良野から届くラベンダーのドライブーケや、
momoらしさが詰まった、小さくキュンとしたドライの作品のほか、

フレッシュからドライになる様子を楽しめる
スワッグなども製作、お持ちしてくださるとか。


あっても、なくても、困らないかもしれないけれど、
あることで、心はこんなにも安らいでいく。



2-1.jpeg

忙しい日々の中でも、momoに触れている時間が
あなたにとって心安らぐものになりますように。




order-made flower label momo




2.jpeg

あたりまえの毎日に
東條智子




お父さまの影響で陶芸の道へ進み、
毎日の暮らしの道具としての「うつわ」を製作している
東條智子さん。

一見、何の変哲もないうつわが、
お料理を盛りつけた途端、表情をがらりと変える。


ただのシンプルと深みのあるシンプルの差は、
ごくごく些細なことの積み重ねの上に
表れるのかもしれない。


そんなことを、東條さんの器を見て、
いつも感じます。

2-2.jpeg

お料理することも、食べることも大好きだという、
東條さんがつくる器。

2-3.jpeg

食卓に色を挿してくれるものや、
縁に釉薬が滲んで、
優しい表情に仕上がったもの。

2-1.jpeg

年齢を重ね、
いろんなものの見方や考え方、捉え方が
変化してきたという東條さん。

どんなことでも「あたりまえではない」のだと、
心から気づいた時、多くの感謝が生まれてくるのかもしれません。


「いのちをいただくということ」
「自然の恵みをいただくということ」


そんな「食べる」ということの「あたりまえの営み」に
毎日に寄り添うような、
器を1つ1つ。






東條智子



2-9.jpeg

よく食べ、よく生きるお手伝い
まろか工房



高知・土佐のおばあちゃんから受け継がれる
家庭のポン酢を商品化した、
かけるぽんず「柚子まろか」を製造している
「まろか工房」山下さん。

「土佐あき農協産のゆず果汁」のみを使い、
羅臼昆布と4種の削り節でとったダシに、
ほんのりと甘みを加えた、酸味のやさしい味わいが、


「ポン酢って酸っぱいから苦手、、」という方からも
とっても好評のひと品。


2-11.jpeg

まろやかで、香りが良いから
”まろか”なんです。

2-10.jpeg

”素材”を”料理”に変えちゃう。という柚子まろか。
お鍋の時だけ使う、というのでは、もったいない!


力持ちな1本をぜひ、
あなたの食卓へ。




#ポン酢はお好みのもので良いですが
#柚子まろかだと30倍美味しくなります




まろか工房
ホームページ http://hama-yu.com
クックパッド http://cookpad.com/kitchen/4376924
ブログ  http://ameblo.jp/hama-yu/
インスタグラム https://www.instagram.com/marokakobo


929.png

台風15号により、大きな被害を受けておられる方々に
1日も早く、食べること、笑うこと、穏やかな日々が
戻りますよう、心より願っています。

==

道明寺天満宮手づくりの市

==
2019.9.29(日)
10:00〜2:00
access
大阪府藤井寺市道明寺1-16-40


次々回開催 決定!

12/8(日)

出展申し込みの受付は、
10/7(月)〜14(月・祝)の期間で受付いたします。



詳細はまた決まり次第、
HPにてご案内させていただきますね。