SUNn ・ 寸 / N.BRUNCH / 森井ファーム



<19.9.29出展者のみなさまご紹介>


2-2.jpeg


有機的な気配
SUNn・寸


耳飾りやブローチなどのアクセサリーを製作している。
SUNn・寸さん。


革や真鍮などの金属、鹿の毛皮など、
素材単体でつかうこともあれば、
組み合わせたり。

2-1.jpeg

黒から少しずつ彩度を足したグレーのグラデーション。
微妙な明るさや革の表情の違いで、
模様を描いたものなど。

まるでアートを身につけるような。
静かな高揚感をもたらしてくれそうな。

2.jpeg
(細い線と円で構成したアクセサリーは、パーツの組み合わせ方で付け方を変えられるものも。)


乾物屋さんだったという3階建ての集合住宅に住み、
寝て、食べて、仕事をして暮らしているという
SUNn・寸さん。

大きくて古い建物だという住まいには、
たくさんの住人がいて、
ひとととつくる時間があり、
食べる時間を分かち合ったり、

そんな時間が、とても好きなんだとか。



-

心地よい空間や時間の中で、生まれる
凛としたアクセサリー。





SUNn・寸





2-3.jpeg

こだわりはさりげなく
N.BRUNCH


長年の縫製経験を生かし、
2004年に立ち上げたN.BRUNCH

上質な素材を使いつつも、
気軽に着ていただけるように。

大人の女性が、よりきれいに見えるシルエットと、
「手作り」に見えないクオリティを心がけて、
服を製作しています。


2-2.jpeg

「自分が着たい服」というのはもちろんながら、

長く着られるように、と
上質な素材選びから、
細部まで行き届いたパターンづくり、
丁寧な縫製まで、

2.jpeg

一見、シンプルで何気なく見えるアイテムですが、
着てみて、初めてわかる良さが、

N.BRUNCHさんの服にはあるようです。

2-1.jpeg
(もちろん、パーツ選びにも手を抜きません!)

2.jpeg

服だけでなく、
家の壁紙や床を張り替えたり、

2-2.jpeg

セーターを編んだり、

2-1.jpeg

帽子やカバンなどの服飾小物など、

欲しい!と思ったものは、
とにかく自分の手を動かして、つくってみる。という
N.BRUNCHさん。


「こうしたい!」ということ、すべて詰め込んで、
材料も妥協せず選び、自分の好きなようにつくる。


そうやって、つくったものが、
誰かと共有できたら、
ほんとうにうれしいですね。


237A2952.JPG
(昨年の市10周年の時には、こんなアイシングクッキーをつくってくださいました!)



N.BRUNCH




2-1.jpeg

こどもを育てるように
森井ファーム


京都の南をゆったりと流れる木津川のほど近く、
自然豊かな里山にある「森井ファーム」のお茶畑。

小さなお茶畑をひいおじいさんから受け継ぎ、
ご夫婦ふたりでお茶づくりに取り組んでおられます。


2-3.jpeg

慣行農法から、
農薬や化学肥料、除草剤をつかわない有機栽培に切り替え、
大切に育てているお茶の木。



2.jpeg

生活費を稼ぐための手段。ではなく、
大切なひとや仲間たちのためにつくっている、と考えると、

自然と無農薬に辿り着いたという。


お米や野菜など、食べるものは、
身近なひとが作ってくれたものがほとんど。という環境で育ったことが、
今の森井さんのお茶づくりにも、つながっているんだと思います。


「今になって、その有り難さを身に染みて感じています。」とおっしゃる通り、
今では、なかなか実現が難しいこと。


だから、私たちも、
感謝の気持ちを伝えながら、
受け取りたいと思います。

2-2.jpeg
(60度くらいの、少しぬるめのお湯で淹れるのがオススメだという緑茶「葉月」)



深煎り、浅煎りで異なる風味に仕上げた焙じ茶や
渋みが少なく、柔らかな口当たりの京紅茶など、

育て、つくったひとだからこそ、まっすぐに伝えられる、
お茶の奥深さ、美味しさを
どうぞお楽しみください。




森井ファーム

facebook



929.png

さて、お天気はどうかしら!?

ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.9.29(日)開催
10:00〜2:00

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP

0047_original

(photo by TSUMIKI Design&Photography)


ブログは、市の開催を始めた11年前。にはまだ開設してなくって、

少ししてから、始めました。

遡ると、2010年4月から、このseesaaブログに引越ししてきたようです。


ご紹介を書くのもずっと続けていますが、

過去の記事も参考にするため、「ブログ内検索」をよく使います。


ちっとも上達しない文章ながらも、

その時々の暮らしの濃度が色濃く反映されていて、

自分のことだけど、自分のことじゃないみたいな。


オンライン空間に、人生の記録を残して行く。というのも、

よくよく考えてみると不思議ですね。


いつも温かく見守ってくださる方々に

改めて感謝!



2年前のつむぎ3歳の七五三写真、発見しましたよー。