東日本大震災義援金箱、ご報告

<東日本大震災義援金箱、ご報告>

震災発生以降、インフォメーションブースに

設置をつづけている「東日本大震災義援金箱」に

寄せられたみなさまのお気持ちと、

出展者「saredo-されど」さんからの

売り上げの一部の提供と、

手のひらクッキーの売り上げの一部を合わせた

¥5.519に

R-marketの売り上げの一部を合わせた¥10.000-を

福島の子どもたちの保養施設

「沖縄・球美(くみ)の里」へ

12/16付で送金しましたこと、ご報告いたします。

-

-

東日本大震災発生からもうすぐ5年。

日本にとどまらず、

世界各地で痛ましい出来事がつづき、

支援を必要としている場所は増えつづけ、

自分たちの力の小ささを思い知ります。

-

微々たる額だとしても、自己満足であったとしても、

お金といっしょに気持ちや祈りも込めて送りたい。

遠い場所での出来事も、

自分たちの日々の暮らしとつながっていることを意識し、

家族や友人たちと笑って過ごせている今に感謝し、

心を寄せ続けたいと思います。

-

温かいお心遣いをこの市に託してくださった方々、

本当にありがとうございました。

-

-

「沖縄・球美の里」は、

チェルノブイリ事故の被災者支援に

長年携わって来られた広河隆一氏が、

福島の子どもたちのために設立した保養施設です。

-

震災発生以後、2000人を超える

こどもたちと保護者の保養を受け入れを行い、

甲状腺検診や健康回復のための活動も行っています。

ジブリの宮崎駿さんがデザインしたロゴマークが

とってもステキなんですよ。

http://www.kuminosato.com/

-

いつか訪れてみたいなぁ。

-

この市を通じていただく、

たくさんの方々の温かいお気持ちを

私たちが少しでもみなさまに、そして社会に

還して行けますように。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック