まずSTAFFさん、紹介します!

市を始めてから長い間、夫婦2人(時々+大学時代の後輩)で、

運営をつづけていましたが(今振り返ると一体どうやって・・?)

つむぎの出産、市の再開をきっかけに

市をサポートしてくださる方を募集してみる。という

私たち夫婦にとって大きな決断をしました。

まわりの人にもすごくビックリされたし、

私たち自身、心境の変化に驚きました。

-

大切にしたい。と閉じるのではなく、ひらく。

自分たちを信じて、ひらく。

-

たくさんの方が私たちに大きな力をくださったから、

そう思えるようになった。

237a4206

1番最初に連絡をくれた、

”さぎりさん”

-

お客さまや出展者さんに楽しんでもらうには、

どうしたらよいのかな?と

いつも細やかな心配りをしてくれます。

(私たちに欠けている部分)

-

飲食ブースの行列が通行の妨げにならないように、

また、コミュニケーションのきっかけになるように、と

「最後尾」という案内板を毎回つくってきてくれるのは、

彼女です。

237a4200

珈琲を淹れるのが好きな、

”ユキオさん”と

237a4209_2

”ユウコさん”

うちのはるとと同じ小学3年生の男の子の

お父さんとお母さん。

-

うちのたかさんが撮影活動をはじめて間もない時に、

家族撮影を依頼してくださったのが、

最初の出会いでした。

-

生駒にある素敵すぎるおうちから、

いつも手伝いに来てくれています。

-

写真教室に通っておられるユウコさんには、

市風景の撮影もしてもらっています。

前回の市では、「絵本の読み聞かせ」もしてもらいました。

これがすごく好評!で、またいつかしてもらいたいな。

と思ってます。

237a4198

ヨシタカさんと

237a4215

ムツミさんご夫妻。

「革もの工房Tickle」として活動。出展もしてくださっています。

-

出展している側だから。とスタッフ応募を少しためらった。と言うけれど、

それとこれとは別。だから大丈夫。

-

第2回目の開催に初めて出展してもらってから、

長い間、この市のことを見てくれているご夫妻に、

市に携わってもらえることはとてもうれしい。

-

出展している側だからこそ、わかる。で、

いつも、たくさんの視点やアイデアをくれます。

Img_02971

そして、市を立ち上げよう!って頃に、

知り合った"ぶいさん"

(あっ、本名じゃないです。昔からのニックネームなんだそう。)

-

「2人での開催は大変だろうな」と

ずっと気にしてくれていた彼女がスタッフに仲間入りしてくれました。

お客さま目線で市を見つめてくれるので、私たちの気づかないことにも

率直に意見をくれて、とても助かっています。

-

この6名のスタッフで、1年間運営してきましたが、

そのぶいさんが、今回息子さんの運動会と5月の市が重なるということで、

5/29限定の臨時スタッフを募集したところ、

4名の方!がご連絡くださいました。

-

最初は、1〜2人にお願いする予定が、

お会いするとみなさん、素敵な方ばかり。

えーーっい!と4名みなさんにサブスタッフとして、

参加していただくことに決めました。

237a4177

"かよさん"

1歳の女の子(めっちゃかわいい!)のお母さん。

以前、お菓子づくりの講師をされていた彼女は、

いつか出展してみたい。何か自分にも出来ることがしたい。と。

237a4194

”たまさん”

京都府八幡から、高速をすっ飛ばしてやって来てくださいました。

-

3歳と6歳の男の子のお母さん。

住む地域に素敵なイベントやお店がないから、

いつか自分で何かやりたい!と思っているんだそう。

また、お子さんが通っていたシュタイナーの幼稚園で、

いろんな手仕事や製作に携わっておられるとのことで、

今後、ワークショップや展示など、

何かたのしいことを企画してもらおう!と思ってます。

237a4189

素敵な眼鏡"kotan"さん

帽子を編み、活動を行っていて、

市にも2回出展してくださったことがあります。

「何かを”みんなでつくりあげる”ことがしたい」と

初回のミーティングからバンバン意見をくれるので、頼もしい限り。

-

ニット帽の季節は、スタッフお休み。

暖かい季節限定スタッフです。

237a4184_3

"田中ちゃん"

長年勤めていた職場を離れ、

「いつかお店をしたい」という夢へ向かって、

1歩1歩進み始めた彼女。

決して器用なタイプじゃなさそうだけど(ごめんなさいね。)

真っ直ぐ一生懸命さがとても眩しい。

-

スタッフ最年少。さんです。

これからの彼女が夢へ進んでいくのに、

少しでもこの市がお役に立てるといいなぁ。

-

-

の、総勢10名のスタッフで、

開催ごとにチームを組み、運営、企画実行してゆきます。

小さな市でどんなことができるのか、私たち、

そして、【team TEDUKURI NO ICHI 】のチャレンジです。

-

なーんて、堅苦しいことも時々考えたりしながらも、

目の前のことをめいっぱい楽しむ。

-

世界や日本で起こっていることに目を向けながら、

全てのことに心を注ぐことの難しさ、矛盾を知る。

何かが起こるたびに大きなうねりがおこって、

引いていった後のことがわからなくなる。

自分の日常との接点を探す。

変な罪悪感は抱かない。

それぞれが信じることを、大切にしてほしい。

今もこれからも。

-

-

------------------------------------------------------------------------------

237a4079

【team TEDUKURI NO ICHI 】で、

あるプロジェクトにチャレンジします!

-

伝えたい。という思いは、どうしたらよりまっすぐに伝わるのでしょうか。

近日中に公開予定。今はページづくりに四苦八苦。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック