TEDUKURI NO STAFF presents.



明後日に迫った3/20(月・祝)の市。
雨も火曜日まで待ってくれる見たい。
お天気も良く、温かいようで、心の底からホッとした。

出展者のみなさまが製作、準備してくださっているのだから、
そりゃあ、何が何でも開催したい。

行き当たりばったり。直感で生きてきた私の人生も、
「何事も準備で9割決まる。」という旦那の言うことを
ようやく少し素直に聞けるようになってきたのか。

「事前にできることはしよう。」と思うようになってきた。
今日はディスプレイのシュミレーション。

今回はスタッフさん9人。(1人欠席)心強い。
束ねるような力量はさっぱりないけれど、
夫婦だけでなく、その外の環を広げていく訓練中。
自分でやる方がある意味、楽で早い。ということも、
託すための訓練中。

これからの私たちに必要不可欠なこと。
ずっとずっと先を見据えている。つもり。


最強のチームをつくりたい。と思うほどに、
自分たちの力量が試される。あぁ、まだまだ。


自分たちの中にある思いをちゃんと伝わるように伝えること。
空気を1ミリたりとも薄めることなく、
さらに濃縮した密度でつくり上げること。



10人もいれば、1人くらい変な人がいても良さそうなのに、
みなさん、心配りが素晴らしく、とても素敵な人たち。
忘れ物がとにかく多い私に
ドラえもんポケットのごとく、道具を次々出してくれる人あり。


ありがたや。ありがたや。


そんなスタッフさんの「やりたいこと」が、
どんな小さなことでも、
この場所で1つでも多く実現できますように。と願っている。


いろんなひとの、私たちの、
好きや得意なことが、
これからもこの場所で1つでも形になっていきますように。









237A3551.JPG


TEDUKURI NO STAFF
YU-KO san & TANAKA chan presents
”えほんのじかん

昨年の春の市でも行った、 TEDUKURI NO STAFFユウコさんによる絵本の読み聞かせ。
息子さんが通う小学校で読み聞かせのボランティアを行なっている
ユウコさんが繰り広げる絵本の世界に、
たくさんの子どもたちが、楽しんでくれた去年の春の市。
とっても好評だったので、今年もやります!

今年は、NEWスタッフの田中ちゃんも参加。
昨年の読み聞かせ風景を見て、「私もやってみたいなぁ。」と、
スタッフとして加わってくれた田中ちゃんは、
こども支援センターで勤務していた経験もあり。

今回、ユウコさんと共に、絵本の読み聞かせをやってくれますよー。


237A3534-1.jpg


NEWスタッフの「たまさん」も、
このユウコさんの読み聞かせの風景を見て、
(きっとこの眩しい笑顔にもやられたのでしょう。)
「ぜひ!」とスタッフに応募してくださいました。

私もとっても好きな風景。



TEDUKURI NO STAFF
YU-KO san & TANAKA chan presents
”えほんのじかん

11:00〜 
12:00〜
13:00〜

の3回。各15〜20分くらいを予定。
自由参加。シートを敷いてみんな勢揃い。

ゆたかな物語のじかんのはじまり。はじまり。
さぁ、みんな、木の下に集まれー。



237A6832.JPG



必要なロープの長さまであと少し!
TEDUKURI NO STAFF
kotan presents
”市でつかうロープを
編もう!”


開催スタートまで市の空間を区切るロープをみんなでつくりませんか?

指だけを使って編む指編みで。編み方は簡単!
最初はニット帽子作家kotanさんがついて一緒に編みます。

つかうのは20本の細い糸を束ねたちょっと変わった毛糸。
交代でリリアン編みをして1本のロープにしていきます。

30cmでも1mでも好きなだけ編んで下さいね。思わず夢中で、どこまでも。
ロープを編んでくれた方でご希望の方には、同じ糸で作った腕輪をプレゼントします。

237A6843.JPG

たくさんの方に市をつくってもらえたらうれしいです。
どしどし、みなさまの参加お待ちしています!




<参加無料>
237A6840.JPG
受付:場所
インフォメーション後ろ
WSブースにて随時受付
※人数多数の場合は、少しお待ちいただく場合もあります。
内容:
毛糸を指編みして、手づくりの市のロープをつくろう!
(毛糸の腕輪のおみやげ付き)

対象年齢:
小さなお子さまから大人の方まで。









3.20-5.png



2017.3.20(mon)
10:00~2:00
荒天中止 / 小雨決行
開催につきましてはHPをご覧ください。


3/20の市のこと 

http://www.tedukurinoichi.com/pg162.html




<ご協力のお願い その1>

3/20は道明寺一帯が楽しい場所となります。

じっくり、ゆっくり滞在してくださる方が増え、

うれしい限りです。


ということで、駐車場に駐車された車はなかなか出てきません。

かなりお待ちいただくこととなります。


かといって、あまりに早く来ていただいても、

近隣の方々にご迷惑が掛かってしまいますので、

お控えいただけますよう、願います。


電車でぜひぜひ。




とはいえ、小さなお子さまがいっしょだと、

電車は大変ですね、、

(うちのつむぎも以前、「降りたくない〜」と号泣し、

ホームでひっくり返って動かなくなったことあり。あれは本当に困った。)



お車で来られる際、

道明寺天満宮境内、臨時駐車場が満車の場合は、

待っていただく時間を考えると、、

近隣のコインパーキングのご利用をお勧めいたします。







<ご協力のお願い その2>

10時の開催スタートまでは、

ブースのある市の空間を、ロープ(先程ご案内したWSで編んだ)で区切り、

入場をロープ手前でお待ちいただいています。

(スタート前に来場いただいても、ブースを見ていただくことはできません。

開催スタートまではロープ内、ブース内への立ち入りはお控えください。)


道明寺天満宮本殿への参道は自由に行き来出来ますので、

10時開催スタートまでは境内内、または道明寺界隈を

ゆっくり散策してお待ち下さい。


みなさまのご協力、どうぞよろしくお願いいたします!!




<ご協力のお願い その3>




あつめます.png




市では<古絵本>を集めています。


成長に合わせて読ませてやりたい絵本たち。

その成長の早さを表すように、たくさん増える絵本たち。


卒業してしまった絵本はどこへ行くのでしょう??

読まなくなった絵本を次へとつなげられたら、きっとうれしい


お子さんが小さかったころ、

お気に入りだった絵本、今はもう読まなくなった絵本


行き場のない絵本がありましたら、

ぜひ私たちに託してください。

インフォメーションブースにてお預かりいたします。






つながる▷▷ことば

http://www.tedukurinoichi.com/kotoba.html

この記事へのコメント