cocon 色を纏う装身具店 / JOHNNYCOFFEE / rust26 plus one




<2017.5.28出展者のみなさまご紹介>






gl-58b4ce2d30a0b-340x277.jpg

ーーーー

cocon 色を纏う装身具店

ーーーー


日本の美しい色を纏う装身具を製作している
「cocon」さん。

四季折々の草花や景色の色。
桃色、浅葱(あさぎ)色、金糸雀色、紅掛空色、、、。

これらの美しい名前を持つ、美しい色を
日本画の顔料でひとつひとつ調合し、和紙へ色付け。
その色を樹脂で閉じ込めてつくるジュエリー。

纏う人を美しく見せる色。
つくり出した小さな色のカケラが、
誰かを幸せにゆたかな気持ちに出来ることが本当にうれしい。
というcoconさん。

以前に出展してくださった頃から、
その色を取り巻く世界はますます深まり、
ゆたかなグラデーションがどこまでも広がる。

若いのに、おばあちゃん!?みたいな(ごめんなさい!)
美しいのに、おっさん!?みたいな(ごめんなさい!!)
つくり出す色と同じくらい、多彩な引き出しを持つcoconさん。


「会ってみないとわからないね。」
最近、より実感することです。





30歳を境に、「ものづくりで生きていこう」と
会社を辞め、プロになろうと歩き出しました。

「プロ」として、たまにちょこっと大見栄を張ったり、
頑固になったり、まだまだ失敗も反省もしながら活動をしていますが、
自分が得た経験や知識を生かして、夢を見ながら、
行動し、学び続け、そしてそれが少しでも誰かの幸せにつながる。

そんなことを、ちょっとカッコつけながら、
大真面目に表現し続けて、
私らしい「プロ」の道を歩き続けたいと思います。




cocon 色を纏う装身具店

HP:http://cocon-jpn.sakura.ne.jp/  









16908616_233436010395608_1856170640675962880_a.jpg


ーーーー

JOHNNYCOFFEE

ーーーー

関西圏にて移動カフェやイベント出店で、
ハンドドリップコーヒーを提供している「JOHNNYCOFFEE」さん。

自家焙煎を掲げたコーヒー屋さんが多い中で、
「JOHNNYCOFFEE」さんは、焙煎は行なっていないとか。

同じ豆を使っても、同じ味にはならない。
自家焙煎のお店は今、本当にたくさんある。

「だったら、自分でわざわざ焙煎する必要はないなぁ。」と、
使う豆(店舗)は固定せず、その都度変えて、
たくさんある素敵なコーヒーショップの豆とお客さまをつなぐ架け橋に。

「そんな立ち位置もなかなかいいんじゃないか。と思っています。」


と言うから、面白い方だなぁ。と。



「大それた1杯はお届けできないかもしれませんが、
丁寧に、自分なりの最高をお客さまに提供したいと思っています。

何かを伝えたい、という志はないのかもしれません。
まずは自分の人生のための活動で、
自分なりに、その時々の答えを表現しています。
その表現方法が、コーヒーと音楽です。

世間の流行り廃りではなく、
自分の中の流行り廃りに正直に営業しています。





image1.jpeg


ひょっとしたら、コーヒー以外のものも登場!?するのかしら!?
私たちの市には初めてご出展してくださいますよー。



JOHNNYCOFFEE









120_n.jpg

ーーーー

rust26 plus one

ーーーー


鉄の錆びた風合いに惚れ込み、
古鉄などの金属や古木などをつかって
作品をつくっている「rust26 plus one」さん。

5_n.jpg

少し手を添えるだけで、
静かな存在感を放つもの。

素材。そして引き算の美しさ。


包む空気ごと、1つの作品。な気がする。

8_n.jpg

rust26 plus one







237A5177.JPG


私たちの「生きる」ということが詰まっている場所。市。
そして、誰かの。


道明寺天満宮手づくりの市
2017.5.28
10:00〜2:00



※ 9月の開催へのお問い合わせ、たくさんありがとうございます。
 日程が決まりました。9/18(月・祝)です!
 募集は、7/3(月)〜 7/9(日)の期間を予定。
 この次はもう少し答え易い設問を考えます(笑)



<miyai通信>


小屋のすぐそばにある、「源頼義の墓」
国の史跡にも指定されているこの場所は、
夕暮れのとき、美しい光が差し込む。

身体の真ん中を貫くような、透明度の高い光が。

バレエダンサーさんの撮影をここで、
この時間帯にした時も、それはとても美しかった。

237A5552.JPG

いとおしい日々を

237A5554.JPG

ありがとう。

237A5545.JPG

あとどのくらい。
こうやって、
両手に抱えられるだろうか。

はるとに毛が生え出したら、
もう終わりの合図かなぁ。と思ってるんだけど。

はると9歳。
市も9年。


どうか、かけがえのない日々を、後悔のないように。



この記事へのコメント