Aster /てこのこkognworks/N.BRANCH


<2017.12.3出展者のみなさまご紹介>




IMG_1723.jpg

ーーー

Aster -アステル-

ーーー


東アフリカ・エチオピアの小学校で、
アート教育のボランティアを2年経験し、
子どもたちとのものづくりの楽しさを分かち合ったという
「Aster(アステル)」さん。


IMG_1729.jpg

エチオピアでは、羊の上質な革が有名で、
そのゆたかな質感に魅了され、
アクセサリーをつくりはじめたんだそう。


伸縮性があって、
まっすぐに切るのが難しいという、
エチオピアンレザー。

IMG_1701.jpg

つける人や、
似合う洋服のイメージを膨らませながら。

革の切り口をひとつずつ磨いていくうちに、
滑らかになり、革特有の深い色がぐっと増すのを見ていると、
作品が一段と愛おしく感じられる。


どんな服にも合う
シンプルなデザイン。

パーツはイヤリングにも、
交換できるそうですよー。


Aster(アステル)さん。
12/3道明寺天満宮手づくりの市で、
デビューです!



image1.JPG

ーーー

てこのこkognworks

ーーー

青森県弘前市出身で、
結婚を機に大阪へ。

江戸時代、寒さを防ぎ、
生きていくための知恵として生まれた
<こぎん刺し>で、ものづくりをはじめて4年目だという
「てこのこkognworks」さん。

image2.JPG


弘前から取り寄せた糸を
草木染めし、自然の色の深さを感じながら、

こぎん刺し独特の幾何学模様のルーツとされる西洋の
花形装飾の本やフランスの装飾文様の本を見ながら、
オリジナルの図案を考え、
あーだこーだと試行錯誤しながら、刺していく。


image3.JPG

愛する地元・青森の
美しい知恵と技術を、
より自分らしい<こぎん刺し>の形で
伝えていけますように。と、

「てこのこkognworks」さんも、
私たちの市に、今回初めてご出展くださいますよー。





てこのこkognworks






20170829_102921.jpg

ーーー

N.BRANCH

ーーー

初めて服をつくったのは、中学生の頃。
出産してからは、お子さんの服を夢中でつくり、
2004年に立ち上げたのが「N.BRANCH」


20170529_141659.jpg

長年の経験に裏付けられた
美しいパターン、縫製、シルエット、
そして着心地。

こんなんつくれて、
す、すごいなぁ、、、と
思わずにはいられない。

IMG_20170620_132253_926.jpg

考えたデザインと布が
ぴったり出会った時はうれしくて。

出来上がった服でコーディネートを考えるのも
楽しくて、好きだというN.BRANCHさんと、
あれこれ冬のおしゃれ話するのも、
きっと楽しいですね。




N.BRANCH





2017.12.3DM.png



道明寺天満宮手づくりの市
2017.12.3(日)
10:00〜2:00

大阪府藤井寺市道明寺1-16-40


12.3出展者のみなさま一覧



この記事へのコメント