nana bagel / tarou / お茶とお菓子 春色



<2017.12.3出展者のみなさまご紹介>




2.JPG


ーーー

nana bagel

ーーー

三重県伊賀市、
自然豊かな場所に住まい、
その隣に工房を構える「nana bagel」さん。

景色がどこまでも広がるような、
この場所の気持ち良さに、
訪れてみてビックリ。

ここは作陶活動を行うご主人の環境を求めて、
辿り着いた場所なんだそう。


-

自家製酵母と国産小麦を使って
長時間低温発酵させてつくるベーグルは、
もっちりむっちり、噛むほどに美味しさが追いかけてくる。

ベーグルに混ぜ込む野菜や果物は、
nanaさん自身が畑で育てたもので、
手をかけて育てたものを収穫し、
ドライにしたり、シロップに漬けたり。と
さらにひと手間加え、ベーグルへ。

「どんなに美味しく仕上がるんだろう、、」と
想像を膨らませながら、ひたすら手を動かす時が、
1番好きだというnanaさん。



1.JPG


売れれば良いと「たくさんつくること」より、
「美味しくつくること」を大切に届けてくださるから、
私たちも大切にいただきたい。


-


もし売り切れてしまったら、、
その時は、ベーグルの生まれる場所を
訪れる旅へぜひ出掛けてみてください。

近くに「もくもくファーム」もあるので、
子どもたちも大喜びです。





nana bagel



image1.JPG

ーーー

tarou

ーーー


帽子や皮財布、かばんや、
お子さんのズボンなど、
日常の道具をつくるtarouさん。

気張らず、ガシガシ使える”働き者”たちを
日々コツコツ製作しています。


tarouさんはミシンでの縫製や、
帽子のパターン修正、サンプルづくりの作業が、
ものが出来上がっていく過程が見えたり、
before→afterがはっきりわかって、
テンションが上がる好きな作業なんだとか。



image3.JPG

使う人を選ばないシンプルなアイテム。


image4.JPG

家族の道具。


-


tarou







れもん.JPG

ーーー

お茶とお菓子 春色

ーーー


奈良県桜井市にある「お茶とお菓子 春色」さん。
”心落ち着く場所を”という、
彼女の優しさと温かさが満ち溢れた空間です。

お菓子はほぼ独学だという春色さん。
お店では、お菓子に果物と緑を添えて。

そのお皿を見て、お客さまが喜んでもらえて、
食べて、もっと喜んでもらえた時が、
本当にうれしく、幸せな瞬間だとか。


自分のできることを
自分らしく精一杯、
真心を込めてつづけていくこと。

それがちゃんと伝わること。


大切なことを
いつも教えてくれる、
彼女のお菓子。


市には10種類ほどのお菓子が並ぶ予定だとか。
保冷バッグや保冷剤があると安心です。
ぜひお持ちになって、ゆっくり市をお楽しみくださいね。


-

お茶とお菓子 春色





237A1052.JPG


鮮やかに色づいた道明寺天満宮。
この場所から生まれる全てに感謝!





道明寺天満宮手づくりの市
2017.12.3(日)
10:00〜2:00



12.3出展者のみなさま一覧


237A2349.JPG







この記事へのコメント