ラフィユ / お茶と旅する紅茶店 百色水 もいろみ / 丘の上の


<3/21出展者のみなさまご紹介>





2pefh1HCQrOHdPMXFpt7ZA_thumb_fb03.jpg


ーーー

ラフィユ

ーーー


名古屋にある植物にまつわる小さなアトリエ「ラフィユ」
全国各地を旅しながら、
植物にまつわるさまざまな仕事を手掛けている今枝ご夫妻。


フランス語で「一枚の葉」を意味するという「ラフィユ」
一枚の葉が出来上がるまでの、とても長く神秘的な時間を大切に感じられることを
暮らしの中でとても大切に思い、活動しています。


「今枝」さんというお名前、
活動とリンクしていて、とっても素敵だなぁ。っと。



UNADJUSTEDNONRAW_thumb_fa98.jpg

植物のオブジェや、

P8BHSv9KSnOnTmy4KYEYuA_thumb_f029.jpg

プランツジュエリー、
リースやドライフラワーブーケ、スワッグなど、





植物雑貨からアート作品へ。


2018年は、作品としてのクオリティー、独創性を追求し、
研鑽し、広く伝え、アート作品の域まで押し上げたいというラフィユさん。



日用品とは違う。
なくてもよいかもしれない。

ただ、見ていたいもの。
消費されるものとは異なる次元、
心満たすもの。

感性を揺らすもの。




<ラフィユ>

HP 

インスタグラム ラフイユ( @lafeuille8 )

Facebook ラフイユ( @lafeuille8 )







image2.JPG

ーーー

お茶と旅する紅茶店 百色水 もいろみ

ーーー


ラフィユさんが「旅する花屋」さんなら、
百色水さんは「旅する紅茶店」

それにしても、「旅」という言葉の響きは、
なぜこんなにもワクワクするんでしょうね。


image1.JPG

京都木津川市にある「百色水」さんは、
オープンして5周年。

ティータイムコーディネーター / フードコーディネーターの店主による、
オリジナルブレンドの紅茶を提案をはじめ、

中国茶、日本茶、お菓子やお料理まで!
幅広い知識と経験を元に、出張教室やイベントなど多彩な活動を行なっています。



image3.JPG

紅茶が好きな方にも、新たな美味しさを。
「淹れ方が難しそう、、」と躊躇う方には、
簡単だけど美味しい!紅茶を。


3/21の市では、
紅茶、日本茶、コーヒー。と飲みものが充実。
それぞれ持つ奥深さ、楽しさ、美味しさを
五感で味わえる贅沢な市になりそうです。



お茶と旅する紅茶店 百色水 もいろみ>
Instagram 

Facebook 

blog



DSC_1944_スクエア.jpg


ーーー

丘の上の

ーーー

前回出展してくださった「岡田製作所」から、
屋号を「丘の上の」へ変更。

今春、大学院を修了し、
クリエイターとして本格的に踏み出す。

卒業式の3日後。となる3/21の市は
「丘の上の」さんにとって、
大きな第一歩となるようです。


DSC_0150.jpg

真鍮やビーズで紡ぐ、
空間のように広がりゆくアクセサリー。


手先の器用さと、学んだ建築の経験や知識、技術。
たわいもない日々の出来事や、四季の移ろい、
その時にしかない彩りを探しに。


DSC_0132_スクエア.jpg


「草つゆの集まり」と名付けたアクセサリー。
目を凝らして見ると、小さなミツバチが、、


美しい物語と風景を。



<丘の上の>





IMG_6144.JPG

明日もうれしい1日になりますように。


道明寺天満宮手づくりの市
2018.3.21(水・祝)
10:00 ー 2:00

3.21.jpg



この記事へのコメント