saredo -されど- / nana bagel / Rap!Rap!



台風24号が通り過ぎて行きましたが、
みなさま、被害などありませんでしたでしょうか?

前回の台風の経験も踏まえ、
今回は前もって十分に備えました。

「何事もなくてよかったね。」というのは結果論で、
今回もまた大きな被害があったところもあったことと思います。
どうぞみなさまに平穏な日々が1日も早く訪れますように。

今後、こういうことがまたあるかと思います。
その度、自然には敵わない、悔しい思いもきっとすることと思いますが、
それでも、抗わず、受け入れて、自然と共に生きていくことを、
改めて心の真ん中に置きたいと思います。



開催中止の発表に間に合わなかった出展者さんのご紹介。
下書きして準備していたので、今さらですが、、ぜひご紹介します!


秋はイベントのシーズン。
今回、出展予定だった出展者のみなさまにも、
会える場所がきっとたくさんあるはず。

ぜひ、会いにいらしてくださいね。



<2018.9.30出展者のみなさまご紹介>



IMG_7424.jpeg

ーーー

saredo -されど-

ーーー

hito + ito + saredo


日本国内の紡績工場で出た落ちわただけで紡いだ
リサイクルコットンの魅力と可能性に惹かれ、

その糸やくつした、ぼうしなど、
暮らしに寄り添うsare道具(されどもの)たちを
販売・提案している「saredo」カヤザワアリアツさん、リョウコさんご夫妻。


IMG_7753.jpeg

今回のおすすめ品として用意してくださっていたのは、

「わたの輪」でできた意匠糸、落ちわたが織り成す輪舞(ロンド)
「La boucRe: (ラ・ブークレ)」の新シリーズ「La boucRe: KUSAKI」。


リサイクルシルクとコットンのカラーくつしたの新色
「tatou noir(タトウ・ノワール)」。

リサイクルコットンとヘンプをミックスした barnacle の軽量版
「barnacle light(バーナクル・ライト)」は新採用の 
The triple gore lines により脱げにくく涼やかに。



などなど、お好みやシーンによって、
セレクト自在の充実したラインナップ。

IMG_7741.jpeg

これであなたにも
「落ちわたが紡ぐサスティナブルな暮らし」

意識的に取り入れるのも、
気づいたら、そうなってた!というのも、
どちらもきっと素敵なこと。





saredo -されど-


お好きなところへアクセス!

オフィシャルブログ
http://saredo-watanowa.hatenablog.com

オフィシャル Facebook ページ
https://www.facebook.com/saredo.watanowa

「わたの和」rin-輪-cotton プロジェクト Facebook ページ
https://www.facebook.com/wata.no.war.in.cottonproject

オフィシャル instagram ページ
https://www.instagram.com/saredo_watanowa

カヤザワアリアツ/ saredo -されど- instagram
https://instagram.com/ariatsukayazawa

カヤザワリョウコ/ saredo -されど- instagram
https://instagram.com/kashikokeshi 

オフィシャル shop ページ
http://saredo.theshop.jp



1-3.JPG

ーーー

nana bagel

ーーー

三重県伊賀市、
自宅の隣に工房を構える「nana bagel」さん。

自家製酵母と国産小麦を使って
長時間低温発酵させた生地に、
畑で採れる季節の恵みを練りこんで、
ベーグルを焼いています。

1-1.JPG

始まりは工房のみのイベント販売から。
コツコツと改装を重ね、店舗部分もオープン。
今はカフェスペーストなる2Fの改装を進めているところだとか。

1-2.JPG

どんなに時間がかかっても、
たとえ器用ではなくても、
小さな一歩一歩を積み重ねていくこと。


食べることが大好きなnanaさんから、
「また食べたいなぁ。」と思ってもらえるような
まぁるい笑顔のようなベーグルを。


いも、くり、かぼちゃ、、
秋は美味しいものがたくさんですね。





P1070167.jpeg

ーーー

Rap!Rap!

ーーー

鍛金技法を用いて、
金属を使ったものづくりを行う「Rap!Rap!」山田さん。


P7091134.jpeg

金属の楽しさや自由さを表現したくて、
つくり始めたというブローチ。


P7091135.jpeg

「スッカラとかつくらないんですか?」という
私の気まぐれな一言から生まれてしまったスッカラは、
カトラリーの中では不動の一番人気のアイテムなんだとか。

一見、同じように見える金属のものも、
その槌目の表情や仕上げなど、
その人の個性がしっかりあるという。

別の方の作品の槌目の写真だけ見て、
「これは僕の作品じゃないですね。」とズバリの指摘。

さすがです。





サラリーマンから一転、
33歳で入学した伝統工芸専門学校。

「金工の世界はそんなに甘くないし、
 歳も取り過ぎているから、仕事としては無理だ!」と
先生に言われながらも、技術を学び、作家として活動を始めたのが、
ちょうど10年前の9月30日。Rap!Rap!さんの誕生日。


誰もが買える値段で、
ちゃんと買ってもらえるもの。

そんな「おみやげもの屋」を目指して、10年。
つくる上で、継続していくこと。仕事としてきちんと成り立たせること。
人からの意見や提案も柔軟に受け入れて、形にしてみること、
そこから自分の世界が広がっていくということ。


「大変なことの方が多かった」という10年。
それでも、続けてこられたこと。


本当におめでとうございます。
これからも。


直接伝えたかった言葉を今。



Rap!Rap!






てづくりくん.png



次回の開催は2018.12.2(日)を予定しております。
出展申し込みの受付は、10/15(月)〜21(日)の期間で行いますが、

今回の開催中止に伴い、出展予定だった方の振替を行いますので、
通常より少ない枠での募集となりますこと、あらかじめご了承下さいませ。

なお、申し込み記載事項などの詳細は、
後日HP内「出展募集について」にてお知らせいたします。

この記事へのコメント