ふたば工房 / 東條智子 / motif



<2018.12.2出展者のみなさまご紹介>



IMG_6602.jpg

ーーー

ふたば工房

ーーー

最初から最後まで



岐阜県の自然溢れる環境の中、
デザインから木取り、成形、仕上げに至るまでを
一貫して制作している「ふたば工房」さん。

制作するための道具も自作することが多いそうで、
いくつも道具を使い分けながら、
ノミ目をつけたお皿は、表情ゆたかに。

見た目の素敵さだけでなく、
熱気を吸収するため、焼きたてのパンも
カリカリ、サクサクで載せられる、
実用面でも優れた木の皿は、
子どもにも使い勝手良く、万能の1枚。

237A4154.JPG
(2017.12.3 / 道明寺天満宮手づくりの市)


宮井家にやって来た、
ふたば工房さんの桜の木のお皿。

使い込んできたら、赤みが冴えてきたようで、
より美しくなってきましたよ。





ふたば工房


1-45.jpeg

ーーー

東條智子

ーーー

願い続ける色


お父様が残してくれたという小さな陶芸小屋で、
作陶活動を行う「東條智子」さん。

料理をすることも、食べることも大好きだという東條さん。

器を作りながら、
「こんな料理を載せたらいいな」
料理を作りながら、
「こんな器があれば良さそう!」と


器と料理の間を行ったり来たり。
そうやって、
毎日の器は生まれていく。


1-46.jpeg

焼き上がった器の色味に
一喜一憂しながら、

「もうちょっと何かが足りない」
「もっと深みを」

1-47.jpeg

願い続ける色に出会えるまで、
今日も手を動かして。


237A9983.JPG
(2017.9.18 / 道明寺天満宮手づくりの市)


東條智子







1-52.jpeg

ーーー

motif

ーーー

心温まるもの


3人の男子を育てながら、
年中、”冬支度しています”という「motif」さん。


編み目が気持ち良いくらい整っていて、
緻密で丁寧さが伝わってくるmotifさんの作品


「編み物以外の他のことは大雑把」と
笑うところが、彼女らしい。


1-51.jpeg

「毛糸」という素材自体が好きだというmotifさん。


ともすれば、ほっこりしがちな編み物も、
粗野感のある毛糸を選んだり、色の組み合わせ方で、
甘くなり過ぎないようにバランスを取ったり。


1-53.jpeg

「上質な素材で良いものを編みたい」という思いで、
編み上げられた作品は、


「こんなにいろんな編み方があるんやー」と
まるで毛糸の魔法を見せられているようでワクワク。

237A3999.JPG
(2017.12.3 / 道明寺天満宮手づくりの市)


1年間編み上げた作品がずらりと並ぶ風景は圧巻。
ここまで辿り着く時間の積み重ねにも思いを馳ながら、
温かな冬仕度をどうぞ。


motif




18.12.2フライヤー.jpg

お天気も今のところ、大丈夫そうですね。

わーい!


ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2018.12.2(日)開催
10:00〜2:00

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



12/2の市のこと






.12/2開催の#道明寺天満宮手づくりの市 フライヤーにつかった酵素シロップは、きれいなピンクに染まりました。.またいろんな果実で、つくってみたい。.植物は先日つむぎと出掛けた「灯しびとの集い」の大仙公園で拾ったナンキンハゼ。.自分たちの市らしさは、どこにあるのかな。.そんなことを考えた日のことを思い返す白い実。..ーーーー.道明寺天満宮手づくりの市2018.12.2 (日)10:00 - 2:00.大阪府藤井寺市道明寺1-16-40近鉄南大阪線「道明寺駅」徒歩5分.出展者さんのご紹介は、ブログにて。〈38_works.HP〉→ blog 〈a day 〉http://miyai-works.seesaa.net..#38_works #酵素シロップ#ナンキンハゼ

季節と、大切なひとと

この記事へのコメント