<18.12.2 市>景 ミヤイ篇


237A0069.JPG

市が終わってから、ぐっと気温が下がり、
冬らしく、空気の澄んだ毎日。

「冬が又来て天と地とを清楚にする。
 冬が洗ひ出すのは万物の木地。」


私の好きな高村光太郎の詩「冬の言葉」が
ぴったりな季節になり、家の中も凍えるような寒さになりました。
(気密性ゼロの古い我が家)

237A3427.JPG

先日の市。

sou.filさんのハーブティと
Rap!Rap!さんの真鍮のバレッタ。

237A3430.JPG

TEkaraTEさんの「燻製ココナッツ」

237A3422.JPG

ドライカレーにトッピングしたら、
すんごい美味しいから。

恋しくなってリクエストしたら、つくってもらえました。
(パッケージにはmiyai-specialの文字!裏がthank you!)

ささやかな心遣いがうれしくて、
自分もそんなふうにできたらいいな。と
焦がれます。

237A3414.JPG

この日のスタッフさんのお昼ごはんは、
道明寺天満宮の裏手にある「玄米食堂すみれ」さんのお弁当。
(日曜日は本来定休日なんだけど、市の開催の時は、オープン。)


旦那が撮影したバージョン。

237A3386.JPG

こちらは私が撮影したバージョン。


「誰かと美味しいものをいっしょに食べる。」
その根源的な歓びに立ち返らせてくれる
真心いっぱいのごはん。


237A3420.JPG

市の日には、たくさんの方が
おつくりした服を着て来てくださる姿を見られて、
じーーーんとうれしくなる。

このワンピースは去年の展示会で受注製作させていただいたもの。
3人3様の着こなし。


おもしろいなぁ。服って。


生地幅いっぱいつかったギャザーは、
着ると、裾に生地が折り重なり陰影を生み出す。

首回りの開きを後ろと前で少し寸法を変え、
かわいらしくなりすぎないように。


みなさん、素敵に着てくださっているから、
お問い合わせもたくさん頂戴するワンピースですが、
現時点では来年の展示会の予定も未定で、
見てもらえる機会をまだご案内できない状況で申し訳ないです、、
(恐れ入りますが、現在展示会以外での受注はお受けしていません。)

237A0080.JPG

来年は、
季節のよい時に何度かに分けて、
38_Field.で見てもらえる機会(open Field.)
をつくれたらいいな。と
ぼんやりと構想はしていますが、

また詳細が決まり次第、お知らせさせていただきますね。


ただ、大切につくりつづけている服で、
これからも変わらずつくりつづけていくと思うので、
(同じアイテムでも、生地やその時々の気持ちに添うよう、
 少しずつ微調整を加えてはいます。)


今までも決して上澄みだけを掬ってきたつもりはないけれど、
心から感じることを、もっともっと表現したい。

今はまだ真っ新な来年。
「在りたい自分に近づいていく服を」


237A2150.JPG

今年もたくさんの方を撮影させていただき、
ありがとうございました!

年内は12/29(土)までの撮影受付となります。
ただいま、平日も承ることが可能ですので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

---

2019年1月以降の撮影ご予約受付しています

---


予約フォーム.png

撮影のご予約は、
・miyaiworks@gmail.com
・072-921-2663

どちらからでも、お気軽に!
2019年も家族のいとおしい姿を残していけますように。



この記事へのコメント