つむぎ




237A4727.JPG

成人式の撮影で、
うちの次男の名前といっしょだから。と
お客さまがくださったバラ3輪。

「つむぎ」

237A4754.JPG

色の少ない我が家がパーっと華やぐ。

「あっ、今、花びらが開いた!」という
微かな瞬間に何度か出くわして、
ドキドキしてしまう。


237A4770.JPG

ストロボを使って、
いろんな撮り方を楽しんでいるタカさん。

同じものなのに、まるで違う表情。
これは女優さんみたいだな。

237A4790.JPG

おそらくあの出展者さんであろう、
文章の綴られた
宛名のない寒中見舞いが届く。


来週から3/17開催の「道明寺天満宮手づくりの市」
出展申し込みの受付が始まる。


申し込みいただけるかな、、と
毎回、ソワソワ、、


「こんな思いで開催しています」と
暑苦しく10年も語り続けてきたら、
もうそろそろくどいような気もするが、
新しく知ってくださる方もたくさんいらっしゃるのだから、
言葉を尽くしたい。とここ数日考えていた。


だけど、どの言葉も
今は上滑りするような感じで、
うまく、言葉にならないので、今はそのままに。


今までブログに綴った言葉から
掬い取ってもらえたらありがたいな。と願いをかけて。


IMG_2316.JPG

たとえば、市があったから、
バラをいただくことができて、
レモンケーキが届き、
宛名のない寒中見舞いがポストに届けられた。


この市があったから。
この市があったから。


そんなふうに、
日常にふっと清々しい風が吹き抜けていくように、
誰かのささやかな歓びにつながる市だといいな。と思う。

小さなことに泣いたり、怒ったり、
誰かのことがふと羨ましく思えたり、落ち込んだり、

慌ただしい日常の中で、
私も、あなたも、あの人もうれしくなるように。

237A4736.JPG

小屋に植えてから、
ぐんぐん成長してきたネズミモチの枝。

常緑で、水持ちもよいので、
少し剪定しては、ガラスに挿す。

この植物も市が私につないでくれた、
大切な樹木。


237A4730.JPG

阪神淡路大震災から
今日で24年。

全ての方々の平穏を
心から願います。


sign.png


2019.3.17(日)開催の「道明寺天満宮手づくりの市」
出展申し込みは、
2019.1/21(月)〜27(日)の期間で受付いたします。



日常の中に、
小さな歓びを見出し、
集めるひとへ。



道明寺天満宮手づくりの市

出展募集.png

申し込み記載事項については、
こちらのページをご覧くださいませ。

この記事へのコメント