<19.5.26 市>景・つくる編


237A7250.JPG

大人だけでなく、
こどもも「つくる」を楽しんで。

237A7372.JPG

Oggoroggoさんの工作ワークショップは、
ちょっと不思議。

237A7412.JPG

仕組みの説明を受けたのですが、、

DSC_5392.jpg

よくわかりませ〜ん!でした。

237A7410.JPG

難しいことがわからなくっても、
夢中になってつくるこどもたち。

直感的に「おもしろい!」ってわかるんでしょうね。

237A7415.JPG

絵を描き、セロハンテープを貼って、

237A7361.JPG

モニター画面にくっつけて、
スコープを覗くと、、

いろんな色に変わるんですよ。
(写真では全く伝わりませんね、、)



237A7393.JPG

そんなハイテク!?なワークショップもあれば、

237A7246.JPG

自由に工作を楽しんでもらえるように、と
原始的な(!?)「こどもこうさくしつ」も。

開催3日前に思いついた「こうさくしつ」
(こういうことがよくあります。)
慌ててスタッフさんに「やりますよー」と連絡し、準備しましたが、

237A7387.JPG

みんなが家にある資材を、
いろいろ持ち寄ってくれたおかげで、

DSC_5389.jpg

たくさんのちびっこたちに、遊んでもらうことができました。

暑かったし、小さなお子さんやお母さんお父さんが
休憩できる場所にもなって、よかったなーっと。


237A7346.JPG

237A7371.JPG

こどもたちのいろんな発想がおもしろくて、
すごいなぁ。かわいいなぁ。と
エネルギーをたくさんもらいましたよ。

237A7419.JPG

237A7359.JPG

237A7385.JPG

ブースの利用はドネーション制(寄付)にさせてもらいました。

私としては「お金」の有無に関わらず、
市を楽しんでほしい。という気持ちで、

あるものを持ち寄って、
たのしいことをする。

それで「たのしかったー」と感じてもらった気持ちを、
この市以外の場所でも、どこかへ誰かへつなげていくのもよし。

たいそれたことはできないけれど、
できることをできる形でする。


そんなささやかな実験的試みでした。



-



いつもより多くのお気持ち(¥8.476)を寄せていただき、
「たのしかったー」がたくさん生まれたのかな。と
素直によろこんでいます。


お寄せいただいたお気持ちは、支援を続けている、
福島の子どもの保養施設「 沖縄・球美の里」
贈り物に変えて届けたいと思います。

また手配できましたら、ご報告させていただきますね。




-


小さな市をめいっぱい楽しんでくださったみなさま、
ほんとうにありがとうございました!

周りの方にしっかり頼りながら、
無理なく、背伸びせず。
私たちらしく。

感謝の気持ちをお返ししていけるよう、
これからも精一杯、
頑張りたいな。と思います。



次回は9月。
元気よく、またお会いしましょうね。



「道明寺天満宮手づくりの市」主催 / 宮井貴弘 宮井美咲





この記事へのコメント