何故、ヘアドネーションをしようと思ったのですか?


237A8752.JPG

5年間伸ばしていた髪を

237A8753.JPG

とうとう切りました。
バッサリ35cm。

237A8755.JPG

そして、こちらもいつか参加してみたい!と思っていた
「ヘアドネーション」

ヘアドネーションを扱う団体はいくつかありましたが、
事務局が大阪にあるJHD&C(ジャーダック)へ、
カットした髪を送付しました。




JHD&C(Japan Hair Donation & Charity)

脱毛症や小児ガンなどの治療等によって、
「頭髪に悩みを抱える」18歳以下の子どもたちに
メディカル・ウィッグを製作し、無償提供しているNPO法人





237A5940.JPG

「ヘアドネーション」という存在を知ったのは、
根本きこさんがばっさり髪を切ったのを見て、

「へぇ〜、そんなんあるんやー」と思ったのが最初。



237A8766.JPG

つむぎを出産するタイミングで、
髪の毛をばっさり切っていたので、

これからは伸ばしたかったし、
どうせ伸ばすんだったら、ドネーションできる31cm以上まで伸ばして、
またばっさり切ろうと思っていただけで、


ただ、それだけ。


237A9333.JPG

やっとやっと、髪が伸びて(めっちゃ伸びるのが遅いタイプ)
いつ切ろうかな、、!?とずっとタイミングを見つつも、
人生史上一番のロングヘアーもすごく好きだったし、
なかなか思い切れないままで、


初めて出会い、訪れた、
ならまちの美容室で、とうとうバッサリ。


「物事には出会いとタイミングが、
 やっぱりあるんだなぁ。」と改めて感じつつ、



毎日毎日、慈しんできた自分の髪が、
本来捨てられるところ、
誰かのお役に立てるなんて、ありがたくてうれしい。


237A8774.JPG


誰が髪を切ろうが関心がなかったり、
実は大した意味がなかったり、
きっと自分が思うほど、周りが気にしていないことを
重々理解しつつも、

237A8784.JPG


途端に軽やかになった頭は、
想像以上に爽快で、
大袈裟じゃなく、生まれ変わったような気持ちになれて。


237A8785.JPG
(お世辞でも”似合ってる”と言われるとうれしいもんです。)


「髪で人生が変わる」という内容の本を読んだ私は、
その内容を身を以て実感したのでした。


BOOK
「なりたい自分は髪でつくる」著・UMiTOS 砂原由弥



237A7754.JPG

着ていた服も、つくる服も
また、新たなバランスを模索しながら、
あたらしい気持ちで向き合えるよろこび。

237A8407.JPG

見慣れた風景を、こうやって時々かき混ぜながら、
あたらしい風を吹き込み、
変わらないものへの思いも改めて確かめ合う。


237A8416.JPG

ありふれた日常の中に、
うつくしいひかりを見出すように、

237A8449.JPG

季節の色に出会うように。



---


929.jpg

いよいよ来週より、、
たくさんのご応募お待ちしておりまーす!


==

道明寺天満宮手づくりの市

==

次回は2019.9.29(日)開催となります。


大阪府藤井寺市道明寺1-16-40
主催 / 38_WORKS.

==

出展申し込み受付

==

19.7.15(月)〜21(日)の期間で受付いたします。
詳細は、HP内「出展募集について」をご覧ください。





てづくりくん.png


この記事へのコメント